はとなお会議

2009-09-30 (æ°´)

余談

「はとなお会議」は、2009年9月29日に東京都渋谷区の居酒屋「さいき」で行われた鳩山由紀夫首相(当時)と、クリエイティブディレクター佐藤尚之氏による会議。
概要
首相就任後2週間というタイミングで行われたこの会議がきっかけとなり、日本のコミュニケーションの在り方が大きく変貌をとげたと言われている。当時、広告代理店の社員であった佐藤氏は、たまたま参加したこの会議の席において「コミュニケーションの速度、あるいは質の変化」について、iPhoneやtwitterを示しながら首相に進言したと言われている。会議後、鳩山首相は、同席していた松井孝治内閣官房副長官(当時)に指示し、わずか5ヶ月という短期間で「国民相互の即時的情報共有及び情報交換の推進に関する法律」(いわゆるついったー法)を制定するに至った。ついったー法では、産業活性化を図るための基礎的素養として、ウェブリテラシーの向上を明確に位置づけており、その代表的コミュニケーションソフトである「twitter」の普及に寄与した。
2009年当時すでに「twitter」の利用者は増加傾向にはあったが、法の制定以降、鳩山首相が自らの世界観をつぶやき始めたのに加え、鳩山夫人が独特の宇宙観をつぶやいたことなども話題となり、爆発的な普及をみせる。2010年8月には登録者数が5000万人を突破しており普及率・普及速度でダントツの世界1位。twitter利用者の増加で、性別、年齢、あるいは組織や国籍等を越えたコミュニケーションが急速に活性化した。その後の日本経済の復興に大きく寄与したと言われている。(詳細は「はとなお景気」の項参照)。
「明日の広告」のベストセラー
鳩山首相が「民主党員必読の書」とコメントしたことから、佐藤氏の著書「明日の広告」がさまざまなメディアで取り上げられるようになり、発売から3年目の2010年2月に500万部を突破する大ベストセラーとなった。また「明日の広告」の巻頭で「映画篇/金城一紀著」を引用していることも話題となり、文庫本化された「映画篇」も100万部に迫るヒットとなった。
「Horohho」の失敗
当時、iPhoneの普及等により携帯電話のシェアを落としていた「au」が、新たなビジネスモデルとして、twitterにセカイカメラ的な機能を併せ持たせた新型コミュニケーションソフト「Horohho」を開発した。「Horohho」では、鳩山首相に似せたキャラクターを使用していたが、張り付いたような目と表情がまったく受け入れらず、早々に撤退を余儀なくされた。
「火星方形の夜」
佐藤氏は、2010年3月勤務していた広告代理店を退職し、作家活動に専念する。数年間は紀行エッセイ等を発行したのみであったが、2013年、満を持して発行した金城一紀氏との共著によるSF長編小説「火星方形の夜」が、300万部を越えるベストセラーとなった。2014年には、自称弟子かいしん、小泉今日子の主演により映画化され、同年の「キネマ旬報」読者賞を受賞している。
「火星儀」
はとなお会議の際、鳩山首相に火星儀を贈ったのが佐藤氏というのは誤り。正しくは、惑星科学者の松井孝典氏。歴史参考書等で「明日の広告」と火星儀を持った写真が使われることが多く、また「火星方形の夜」のイメージもあって誤認を与えている。
脚注
 1.「はとなお会議の夜はふけて」(小山薫堂著 2012年)
 2.「twitterから次世代zuritterへ」(Evan Williams著 2012年)
 3.「人生くるくる」(佐藤尚之著 2020年)
外部リンク
 ・さとなおcom(2009年9月30日記事)
 ・火星儀と「明日の広告」を持つ鳩山首相(時事通信)
<memo>
・終日バタバタ。プロジェクトWの企画書修正。答弁書修正。美少女案件。
・危機管理現役+OB会。さすがに5年も経つと知っている人が少ない。それでも「同じ匂い」がする不思議。「どんどんじゅ」「天文館」。帰りのバスで山口君にバッタリ。

↑ページの先頭へ

ポスターのデザイン

2009-09-29 (火)

デザイン 仕事

廊下を歩いていたら、別のチームの後輩から「ちょっとだけ相談に乗ってください」と呼び止められた。何かと思えば、「ポスターのデザインで悩んでいる」とのこと。
聞くところによると、コンペにかける予算も時間もないなかでポスターを作らなくてはならなくなり、某社に「たたき台」となるデザインを出してもらったところ、全然話にならないものがあがってきたのだという。
見せてもらったら、あーらホントだ。これは使えん。ポスターっつーか、新聞の折り込みチラシ?…みたいなデザイン。これから〆切に間に合わせるには、せめて今日中に、持っている素材(写真やロゴ)を駆使して自分でラフ案つくらないとどうにもならない。
ぼくも別の打合せに向かう途中だったので、大まかな考え方だけを示して、あとから、手元にあったデザイン関係の資料を届けてあげたのだけれど、はて、彼はどんなアイデアを練り上げるのか…。つか、行き詰まるのか(目に見えるようだ)。
まあしかし、デザインの勉強したこともない一介の事務屋さんが、ラフ案から考えなきゃいけないというのが我が社の現実だったりする。とにかく自己研鑽に励むしかないのだな。しょーがない。ぼくもこれからラフ案作ってみるか。
↑などと、なぜか偉そうな一介の事務屋。
<memo>
・答弁書と関係書類。W企画の打合せ(磯)。A社へのアポ。祭原稿。
・昼休みに補聴器の改修申請(シェル部分)。
・家人が手話教室の日。ハナの迎え。夕食づくり(豚肉のケチャップ煮、キャベツとベーコンのスープ)。給食費納付。絵日記(4日分)。持ち帰り仕事。

↑ページの先頭へ

職場の理解と協力

2009-09-28 (月)

仕事 家族家事家 聴覚・難聴

我が娘・ハナ社長の入学まであと半年となった。
難聴で耳からインプットされる情報が圧倒的に少ないため、いまだに3〜4歳児レベルの会話能力しかない。これから小学校に入学して、授業についていくためには、日々の地道なトレーニングを重ねて、ひたすらボキャブラリーを増やしていくしかない。
現在は、4つの機関で言語指導等を受けている。小学校の「ことばの教室」、聾学校の療育相談、発達支援センターの言語指導、大学の音楽療法である。音楽療法以外は、親自身が「日頃の訓練方法」について指導を受けるので、必ず付き添いをしなくてはならない。
そこで、家人と協力して、平均して週に1回程度、2時間程度の時間休を取ることになる。どちらの職場も、とても協力的で、仕事に差し支えない範囲で、無条件に休みを取らせてくれる。ありがたい。
…とはいえ、家人が行けない場合や、機関側の都合で日程が変更になったりすると、立て続けに指導日が重なることがある。ここのところ3日連続でぼくが行くことになり、実質半分くらいしか職場に行けてない。さすがに、そういう日が続くと、思いっきり仕事に支障がでてくる。同僚にも負担がまわってしまう。自分でフォローできないというのは実にもどかしい。申し訳ない。
だけども、あと半年間は、娘のためにわがままを通させていただきたいのだ。仕事で迷惑をかけた分は、数日のうちに、取り返すから(たぶん)。ホント、すまんこってす。ごめんねごめんね〜。

<memo>

・「生きるコント2/大宮エリー(文芸春秋)」★★★。ちょっとなー。
・朝、ジジババ来訪。ハナ社長を音楽療法教室へ。
・後輩と企画書について打合せ。祭の部長案件。決算書。
・午後2時間の時間給で発達支援センターへ。聴力検査など。
・ハナを自宅に連れ帰って、ケータツの宿題を見て、ハナのドリルをみて、それから仕事へ戻る。2200。

↑ページの先頭へ

金城一紀

2009-09-27 (日)

映画TVラジオ

非常に寡作ながら、ぼくのハートにずっきんどっきん((C)小泉今日子)と突き刺さる作品を書き続けてくれる作家、金城一紀。なかなか次の小説を発表してくれないのが、愛読者の悩ましさ。まあ、出されるものにはハズレがないので、じっと待つのみ。
さて、そんな金城氏がオリジナル脚本を書き下ろしたのが、2007年放映の「SP」。先日、その映画版がクランクインしたとのこと。公開は来年秋。楽しみ。
といっても、実は、宮崎では放映タイミングがズレたので、見逃していたのだった。昨日、DVDを借りてきて改めて見始めたところ。まだ「Episode-Ⅱ」までしか見てないけれど、いやはや、これは傑作だわ。脚本がホントに素晴らしい。テンポのよさ、伏線のはり方、そして台詞のひとつひとつ。とにかく、ムダがない…というのはこういう脚本を言う。
岡田准一がまた素晴らしい。アクションの動きがとてもなめらかでキレイ。「秘めたる強さ」が画面から伝わってくる。男惚れする。
…まあ、残念な部分がないではない。意図的なのかもしれないけれど、画面が平板で、妙な「深夜ドラマ感」がある。警護課の部屋のリアリティのなさ、群衆シーンの人の少なさ、テロリストの部屋の安っぽさ…など。真木よう子のエロさを活かしきっていないのも頂けない(ここ重要)。本広め。
でも、そういった不満を払拭してあまりある金城脚本。岡田主演。残りのエピソードも楽しみに見よう。あと、脚本集も買わなきゃ。
余談1。金城一紀のブログが面白い。年1000本は映画を見る、というだけあって、視点が普通じゃない。あと、同じ映画を何度も見るというのが特徴。好きな映画は、20回でも30回でも見るらしい。ぼくなんか、一番繰り返しみた「カリオストロの城」でも、せいぜい10回ぐらいだ。そのぐらいの執拗さが小説や脚本には必要なんだろう。
余談2。さとなお師匠のベストセラー「明日の広告」の扉に、金城一紀の小説の一節が書かれている。これを読んだとき、なぜだか「やられたー」と思った。何をどうやられたんだか。
41sd1dtrY6L._SL500_AA240_.jpg

<memo>

・午前中、メールの整理とか。
・午後は、庭の芝刈り。先週に引き続いて過酷な肉体労働。「小島慶子のキラキラ」を聴きながら。Podcastではあるけれど、AMラジオを聴きながらの芝刈り(刈り込み鋏と、電動草刈機の併用)で、気分はすっかり農業青年。
・SP Episode-Ⅱ。岡田君かっこいい。

↑ページの先頭へ

タテノリの小学2年生 ♪そうぼくらはずっと待ってる…

2009-09-26 (土)

音楽

「TSUTAYA」にビデオを借りに行ったら、木村カエラの新譜がレンタルに出ているのに気づいた。「お」と、そのまま引きずられるようにCDのコーナーへ。そういえば、「三文ゴシップ/椎名林檎」以降、新しい音楽を全然聴いてない。
つか、普段から、FMから流れてくるのをなんとなく聴いたりしているだけで、音楽とちゃんと向き合ってないなあ。そういう余裕がないなあ。
…などと考えつつ、結局借りたのは、木村カエラ、Superfly、KREVAの新譜、そして嵐のベスト盤(笑)。なんだよ、結局テレビ/ラジオから聴いてた曲ばかりじゃないかオレ。まあ、音楽情報に疎くなってるから新譜見てもピンとこないもんなあ(特に洋楽は)。
…んで、自宅に帰ってMacに読み込みしながら、Superflyを流していたら、横で絵を描いていたケータツが「めざましテレビ」のテーマソングに即反応。「♪ふんふん」と鼻歌を歌いだした。面白かったので、今度は嵐のベスト盤から、TVドラマ「流星の絆」や実写版「ヤッターマン」のテーマなどを次々にかけたら、絵を描きながらタテノリになってきた(笑)人は教えなくても、のってくると縦に揺れるらしい。耳慣れた曲の威力ってすごいな。
…ということで、当分我が家では「嵐」がヘビーローテーションとなる見込み。

<memo>

・朝起きれず。
・休日出勤。9:30〜17:00。企画書づくりに集中。
・仕事の帰りに「TSUTAYA」。珍しくCD借りてきた。。
・夜は録りためたビデオなど。SP第1話、コントキング、音楽寅さん、世田谷ベース、鉄旅…

↑ページの先頭へ

セカイカメラ&TiltShiftGen

2009-09-25 (金)

Mac、iPhone

iPhoneのアプリが楽しい。こんなの学生時代にあったら、学校なんて行かずにiPhoneばっかりいじってたろうな(…ま、映画とテレビと本ばっかり見てた訳で、あんまり変わらんのだが)。
昨夜も寝ようと思った矢先、ついったーで「セカイカメラ」の存在を知り、早速ダウンロード。今朝、宮崎市内を運転しながらセカイカメラを覗いたら、こんな田舎でも結構なタグが添付されている。思わず「うおっ」と声がもれた。まだ公開されて1日しか経ってないのにな。なんて時代だ。
「TiltShiftGen」も凄い。誰でも簡単に本城直季っぽくなれる(笑)。近所の建物ではいまひとつだった。やはり上空からの俯瞰図がいいようだ。今度、高いビルにのぼってみよう。…って、いいかげん学生じゃなくて大人なんだから自重するように>自分。
photo.png

<memo>

・W企画についてチーム内打合せ。R社の出欠。某番組の確認。
・午後年休。「ひよこ組」。補聴器の調整。
・家人が急な飲み会。カレー。

↑ページの先頭へ

名刺の管理

2009-09-24 (木)

仕事

久しぶりに名刺を整理した。

もともと名刺の管理は得意ではない。入社して最初の配属が「大きい仕事を発注する立場」のセクションだった。受注を希望する企業の営業マンが、毎日毎日やってきて、”ペーペー”のぼくにも名刺を置いていった。たった2年間の在籍だったが、もらった名刺を積み上げると、ぼくの身長を軽く越えたものだった。おかげさまで、名刺は、とりあえず「所定の箱にぶちこんでおく」ものとなり「名刺を管理する」という概念を学ばなかった(…というのが言い訳である)。
さて、今のセクションも、名刺を頂戴する機会が多い。しかも、単なる営業名刺ではなく、ほとんどが「何らかの交渉を進める・進めた相手」だったりする。年に数回、名刺の「棚卸し」をしているものの、それでも必要な名刺の所在がわからず、あたふたすることもある。仕事の効率がよろしくない。
そこで。今回は、整理の仕方を変えてみた。これまでは、相手の業態ごと(たとえば、「自治体」だとか「メディア関係者」だとか)に分けて整理していたのだけれど、大まかな分類はそのままに、「アーカイブ」と「アクティブ」とに、2分割したのだ。
イメージは、Gmailの「スター」機能だ。すべての名刺は大分類で「アーカイブ」化するのを原則とする。そのなかで、「今必要とする可能性が高いもの」だけを「アクティブ」なものとして手元に置くのだ。これだと検索スピードが格段にあがる……んじゃないかな。
ちなみに、使っているフォルダーは「コクヨカードケースミニ」。ファイル型のものと違って、差し替えが簡単なのがよい。また、マックスでも400人分という分量も多すぎなくてよい。当面は、これ1箱を「アクティブ」用とする。みっちり入れると隙間がなくて探しづらいので、まずは200名分くらいを「アクティブ」としてキープしてみた。さてどうなることやら。
CAKEA099.jpg
<memo>
・朝2時間年休。ハナの「きこえの教室」。随分語彙が増えてきたが、まだまだ。
・日和24回。テレビ収録段取。W企画、イソ協議。書類整理。名刺整理。2200。

↑ページの先頭へ

伊勢えび祭

2009-09-23 (æ°´)

食・食材

県の東側全面が太平洋に面している宮崎では、夏の終わりとともに、「伊勢えび祭」の季節到来である。特に賑わっているのが、県北の伊勢えび海道と、県南の日南海岸であり、伊勢えびのフルコースを、5,000円程度で堪能することができる。
んが。もっとリーズナブルにいこうと思ったら、自分で買って来るのが一番。伊勢えびは、シンプルに調理できるのが特徴で、刺身、ボイル、炭火焼、味噌汁…といったあたりで十分楽しい。今日は弟がさばいたけれど、ぼくも伊勢えびだけはさばけたりする(宮崎県民の証)。
そんなこんなで、今日は親父が都農漁港から12,000円で買って来た伊勢えび20匹(1匹600円也!)を一族で堪能。大人6人子供5人だから、1人約2匹換算。小ぶりな伊勢えびとはいえ、納得の量である。うぷぷ。
やっぱり刺身が旨いな。ねっとり甘くてプリプリしていて、他の甲殻類にはない旨さ。残った殻で焚いた味噌汁がまたすごいダシが出てて、もう、ホントに、うぷぷ。宮崎の秋は伊勢えびが運んでくるのだね。
090923iseebi.jpg    090923sashimi.jpg

<memo>

・「今日何する〜」というのが日課なシルバーウィーク。混雑は嫌、という時点でろくな選択肢はない。今日は家人の買物へイオン。グリーンファミリーとばったり。
・旭屋書店にて「本人」「プール」「クラウドコンピューティング仕事術」。
・ランチのアイデアもなくパスタ屋。まず。
・「ゲームがしたい」というケータツの要望を聞き入れてゲームコーナーへ。ド混み。特にポケモン。小銭を抱えたガキンチョが列。とほー。
・実家にて、伊勢えび祭。今日は実弟が伊勢えびをさばいた。

↑ページの先頭へ

「スラムダンク」再読

2009-09-22 (火)

読書

10年ぶりぐらいに「スラムダンク」を全巻再読。先日のプロフェッショナルを見て、突き動かされるものがあったし、ひょっとしたら、そのうち作者の井上雄彦さんに会える機会があるかもしれないからね(ジンセイはいつ何時何が起こるかわからない)。
たった1度通読しただけの「スラムダンク」だったが、記憶力の悪いぼくにしては、思いのほか、登場人物もストーリーもしっかり覚えていた。読み始めてすぐに「湘北」の世界観に没頭した。県大会の決勝リーグ以降は、まるで体育館のなかに一緒にいるような気分になり、気がつけば子供2人を5時間くらい放置していた(笑)
唯一、記憶と違っていたのは、「スラムダンク」が「爆笑ギャグ漫画」でもあったという点だった。「熱血青春バスケ漫画」の印象が強いけれど、ものすごーくセンスのいいギャグのオンパレードでもあったのだ。繰り返される桜木花道の「暴言」「暴動」がたまらなく可笑しい。腹を抱えて笑ったこともしばしば。「バガボンド」ではその部分がほとんどなくなってしまっているだけに、この可笑しさは貴重だ。
ゲラゲラと笑いつつ、熱くなりつつ、じーんと感動できる。初めて読んだときと同じ感想を今日も思った。「あー、バスケやってりゃよかった」。ホントに傑作だなあ。
516AYKPDDDL._SL500_AA240_.jpg

<memo>

・5時半起床。延々と「スラムダンク」読み。
・家人は仕事。午後から子供らと公園へ。

↑ページの先頭へ

ヒットを生み出す最強チーム術

2009-09-21 (月)

読書

キリンビール・マーケティング部長によるヒット連発の秘術書?
作者の佐藤章さんとは、2年ほど前、ぼくが章さんの講演会に参加したことから縁ができ、食事をご一緒させて頂いたり、仕事でも、あるイベントを共同企画でやらせて頂いた。そんなこんなで、NHKから太鼓判を押された”プロフェッショナル“とは思えない気さくさに甘えて、僭越ながら「章さん」と呼ばせていただいている。
さて、その章さんであるが、この2年の間にさらに「スパークリングホップ」「一番搾りリニューアル」「キリンフリー」といったヒット商品を出し続けている。その秘密は「最強チーム」にこそあるのだった。言葉にすると平凡だけれど、読めば読むほど、本書にある「最強チーム」は普通の企業ではつくれない。
章さんが「目利き」として突出して優れていて、「火知り(火を起こせる人=クリエーター・職人)」を活用する技術に長けているからこそ「最強チーム」になるのだ。そう。「最強チーム」は、あらかじめそこにあるのではなく、「最強チーム」になっていくのである。そして「最強チーム」に育てるには、単なるノウハウだけはない「現場の呼吸感」だとか「絶妙のサジ加減」が必要なのだろう
ここまで堂々と「ヒットの秘密」を晒すことが出来るのは、章さんの強い自負もあるのだとみた。まさに章さんこそ「確信犯的リーダー」である。社会人ジンセイの後半戦を迎えるにあたって、非常に学ぶべきことの多い書である。
51MZiZB7SqL._SL500_AA240_.jpg
・家人の実家でだらだらと。
・「ヒットを生み出す最強チーム術/佐藤章(平凡社新書)」★★★★★。
・ランチ「縁ラーメン」。相変わらず愛想のいい奥さんだわね。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像