PC用の椅子

2009-07-31 (金)

お買い上げ

自宅で使っているPC用の椅子は、お値段以上なニト○で購入した。値段は確か6,000円ぐらい。メッシュ地で、肘あても付いて、コストパフォーマンスは素晴らしい。
…とはいえ、実際問題、この椅子に長時間座るのは、なかなか厄介。腰にあたるクッションがいい加減なので、深く腰掛けることができない。座っている間にずるずると浅い座りになり、猫背になり、結局はこの椅子が肩凝りや腰痛を誘発している(ように感じる)。
5年ー10年という単位で考えると、身体を壊すぐらいなら、ちゃんとしたオフィスチェアを買った方が安くつく…という話もある。値段は20倍以上になるけれど、定番Harmanmiller「アーロンチェア」、貴婦人が座るオカムラ「コンテッサ」、デザイン的に美しいWilkhahnの「ソリス」、コストパフォーマンスの「エルゴヒューマン」…。
アーロンチェアの保証期間は12年間もあり、ヘタれたパーツは交換してくれるということもあるし。いい買い物だと思わないか>家人(説得できないっぽい)

<memo>

・6時半起床。「ななかまど」がバイキングになってる…。
・J社東京事務所(太田市場)にてプロジェクトW協議。引き続きM社(大崎)。N社(蒲田)。羽田空港は久々のJ棟。こっちはつまらんなあ。
・課の送別会へ30遅れで参加。「一粒」。2次会はカラオケ1時間。

↑ページの先頭へ

開襟ビズ

2009-07-30 (木)

余談

東京暑いし。
久々の東京は、ひどく暑かった。そしてそれ以上にぼくの格好が暑苦しかった。夏用スーツというものを持っていないので、合服のスーツにネクタイという姿だったのだ。交渉事が多い出張で、相手方にお願いすることもあったから、クールビスはためらわれた。おかげで、シャツのなかはムレムレのビシャビシャで、不快なことこの上なかった。これから秋口まで、そんな業務が続くから、今年は夏用スーツを買わないといけないなあ。
とはいえ、通常業務にスーツは不要である。この2年、配属チームの業務の関係で、ハワイアンシャツで過ごしている。これはとても快適。開襟だから首元が涼しいし、シャツをズボンの外に出すので、体温がシャツ内にこもらない。さらにズボンもチノパンで、靴下もショートなもので済む。これ以上なく涼しい。
開襟シャツは、5時にクーラーが止まる我が社では必須のウェアだと思う。他の部局なんて、ただのクールビスだから、残業時はスラックスの裾をめくり上げたり、ワイシャツのボタンを上3つぐらい開けたりして、よほどみっともない。これだけ環境への関心が高まっているのだから、オフィシャルな場面以外は、「クールビズ」なんてな生半可なことはやめて、全面的に「開襟ビズ」にすればいいのにと思う。
そもそも、ワイシャツだって元をたどれば、”中着”なのだ。スーツの内側に着る為の服なのであって、それを単独で”外”に着ている時点で、全然オフィシャツじゃなくなっている。服は文化であって、時代とともに移り変わる。沖縄県では「かりゆしウェア」というキャッチフレーズがヒットして、わずか10年ぽっちでオフィシャルウェアとして扱うようになった。要は「そうしましょう」という合意だけの問題。
東京で、オフィシャルな格好で「死ぬ〜」とか思いつつ、”開襟”の効果を再確認したのだった。

<memo>

・8:00発JAL便。JALは久々。新しい機体で心地よし。マイレージ使えないし、JALもいいかも。
・S社(浜松町)。会長自らのプレゼン。かなり面白い。その後こちらから説明。ランチ「東京会館」。TJにてプロジェクトWの打合せ。F社(池袋)。
・友人T、Yと。お互い話したいネタがたまっていて、怒濤の5時間トーク。たまには彼らとも時間を過ごさないとなあ。幸せのひととき。

↑ページの先頭へ

ハナ社長の進学相談

2009-07-29 (æ°´)

仕事 家族家事家 聴覚・難聴

ハナ社長の小学校進学は、とても悩ましい問題だ。
1)近所の公立小(ケータツが通っている)
2)市内の「きこえの教室」がある小学校(きこえの相談中)
3)車で1時間以上離れた聾学校小学部(きこえの相談中)
学校自体の選択肢は、この3校だけなのだが、これに「学校側からどんなサポートが貰えるか」「ケータツを転校させるかどうか」「そもそも学校区の近くに引っ越すべきではないか」…といった別の検討要素が組合わさって来る。かように、ハナ社長の進学は、彼女一人のことだけでは済まされない我が家にとっての大きな課題となっている。
しかし、その原因は、情報のひとつ(音)を受信する機能が不十分なだけなのになあ。たった一つの機能が足りないだけで、「彼女に見合った教育環境」を準備するのはとても難しくなってしまう。たぶん、絶対的な正解はないし、実際その選択が正解だったかどうかはある程度時間がたってみないとわからないのだろう。
とても悩ましい問題ではあるけれど、どんな学校を選択したとしても、彼女にとっての「大正解」に導くためには、結局は、親であるぼくらが頑張るしかないのだ、とも思う。頑張らなくっちゃね。
…なーんてな人生を賭すような大事な話をした2時間後。ビヤホールの舞台で、赤白帽をかぶって体操服にデカパンをはき、「やあみんな。体操のお兄さんだよ。全然恥ずかしくなんかないんだよ。もうすぐ43歳だけどね(はあと)」といった汚れ芸をやってますた。社会人って大変だよね。

<memo>

・年休。
・家族で、聾学校へ。幼稚部に通う子供と親の交流会。難聴の程度は様々だけれど、健常ではない子を持つ親の悩みは共通である…ということを心から理解する場。世の中にもわかって欲しいけれど、まずは自分たちが理解し合うことが大事。子供らは、ヨーヨー釣りに、ボーリングゲームに、紙コップロケットをつくって楽しいひと時。流しそうめんで腹一杯。
・午後は「きこえの教室」にて相談会。家庭でのトレーニング方法、補聴器の調整、進学の相談など、1時間程度の予定が、たっぷり3時間もの相談。担当のT先生にはどれだけ助けられたことか。頭があがらない。
・職場に顔を出し、メール等のチェック。
・職場の交流イベント。玉入れ。我がチームは3位。2部は「アサヒルミネ」にて。トリをつとめた体操の先生は、一応ウケたっぽい。社長から「勉強になります」とお褒めの言葉を。勉強してください。ただ、もうちょっと「ひょっとこ」をいじればよかった…と深く反省。

↑ページの先頭へ

体操のお兄さん

2009-07-28 (火)

仕事

出張の長い移動時間を利用して、後輩とバカトーク。ネタは、明日の宴会芸について。
我が社は、部>課>チームという単位で組織が構成されている。したがって「部」という単位になると、規模の小さい我が部であっても、150人を超える大所帯だったりする。だから年に1回の「部交流会」では、各課紹介なんていう時間が設けられたりする。
なにせおかたい我が社であるから、各課紹介といっても、代表者が原稿を読み上げて終わり…というのが定番なのだけれど、なぜかうちの部だけは伝統的に「宴会芸」が求められていたりする。まあ営業系な体質というところか。
後輩に「とりあえず海パン1枚になって”出オチ”ぐらいは狙おう」と提言すると、「うーん」と唸ったまま沈黙してしまう後輩。さすがに裸はツライのかと思っていると、「下半身はモモヒキがいいっすかね」とポツリ。「脱ぐことへの抵抗感」より「ウケないことへの恐怖感」が勝っているところが、さすが営業で鍛えられたタフさだ。素晴らしい。
そんなノリノリな後輩と話すうちに、ただの司会者のハズだったぼくの役回りも、だんだん「体操のお兄さん」というキャラに化けてしまった。…というわけで、明日の夜は「ドリフの体操コント」みたいなことをやってます(アサヒルミネにて)。

<memo>

・えびの。牛越祭。吉田温泉。真幸駅。京町温泉。グリーンパークえびの。
・家人の帰宅が遅いので子供の迎えと夕食の準備。マグロ・アボガド丼、豆腐ステーキ。
・明日の宴会芸(?)のために、家族でコスプレの衣装を検討するバカファミリー。

↑ページの先頭へ

目がああああ

2009-07-27 (月)

WEB お買い上げ

仕事ではPC、空き時間にはiPhoneの小さい画面を睨んでいたら、すげー目が疲れた。
あまり考え事をしたくない気分ということもあって、家族が寝た途端、いろんなアプリを入れてみたり、設定したり、ゲームをしてみたりと、どっぷりハマっている自分。たった1日で、20個以上のアプリをダウンロード。早くも「iPhoneの整理」が必要だわ。
しばし更新が滞るやも(みんなリンゴの会社が悪いのだ)。

<memo>

・コンペ用資料の準備。出張用のプレゼン資料づくり。日和原稿。
・休み時間、ずっとiPhoneをいじるの図。
・毎日ことばの勉強をすることに。今日は「アンパンマンかるた」。

↑ページの先頭へ

アップルの白い犬だワン

2009-07-26 (日)

お買い上げ

iPhone 3G[s]。買ってしまいますた。さらばau。

ハードの容量を16Gにするか32Gかで悩んだけれど、最終的には2年間使い倒してみてから必要があればグレードアップすればよかろう…との判断で16Gに。音楽も写真もその他のデータも「すべて持ち歩く」と考えると、もちろん32Gが正解なんだけど、すでにMac内の音楽や写真は、膨大に膨れ上がっていているわけで、32Gでも厳しい状況だ。それに、「持ち歩く」ものと「データベース」は別物と意識した方が、常にiPhoneのハードを「整理する」という癖がつくんじゃないかと思ったりもする。もちろん、月額500円でも安くしておかないと大変…という経済事情もあるのだけれど。
まあしかし。夢想していた以上に、楽しげなマシーンだわ。気をつけないと駅を乗り過ごしそう(宮崎では電車には乗らないけど)。とりあえず、今日のところは、電話帳を移し、主なアプリ(乗換案内、食べログ、産経新聞、テレビ番組表、Twitterfonなど)をダウンロードし、着信音をヤマタツに替えたところで4時間経過。ああ。時間を消耗する〜。
そうそう。友人・知人にアドレスの変更をお知らせしないと(順番が逆だ)。あと、ファン倶楽部会員や恋人・愛人にもね。
<memo>
・6時半起床。体操。掃除。朝食。レクレーション。相談。
(確認事項)聴覚以外の能力は◎。ボキャブラリーは3歳児。まずは単語を伸ばすこと。発音は二の次。口を見せること。
・SoftBank経由で帰宅。
・夕方、「アンクルベアー」でケーキ。1日遅れでHappy Birthday。

↑ページの先頭へ

寮育キャンプ

2009-07-25 (土)

家族家事家 聴覚・難聴

言語に障害をもつ子供たちのための「寮育キャンプ」に初めて参加してきた。障害児とその家族が1泊2日で、ワイワイと楽しい時間を過ごす…というだけでなく、悩み多き親たちの相互の情報交換の場として設定されたイベントなのである。言語専門の大学教授も相談員として参加頂いて、日頃の言語指導の在り方を丁寧に指導頂いた。

だが、何より嬉しかったのは、ある少年と出会えたことだった。それは、小学生のタカオ君(仮名)。障害の程度はハナ社長よりもやや重い。なのに、かなり流暢にお話ができるのだ。ボキャブラリーが豊富なこと、相手の口の動きをしっかり読み取れることで、会話の理解度が高いようだ。ぼくらと話す言葉も、サラリと聞く分には、違和感がほとんどない。
なんだかこの子に出会えただけで、我が子の未来に大きな光が差したような希望を感じることができた。これがまた性格もとてもいい子で、素直に「ハナ社長も、こんな風に育ってくれたら」と思わずにはいれなかった。ありがとうタカオ君。
また、ケータツにもいい影響があった。手話も上手に使えるタカオ君を見て「すげー。かっこいい」と言い出したのだ。そうそう。手話を使えることはかっこいい。言語以外のコミュニケーション技術を持っているということなのだから。お父さんも頑張って覚えまふ。
<memo>
・体調悪し。朝食後、しばし横に。実家の親父がお祝いと野菜を持参。
・モスでランチを食いつつ、青島へ。
・あいにくの雨。オリエン、部屋割、カレーづくり(火起こし)、風呂、会合(副会長)。

↑ページの先頭へ

朝型の暮らし

2009-07-24 (金)

余談

この夏休みの間に、朝型生活にキッチリとシフトしたい。そして、あれやこれやと「やるべきこと」を日日着実に積み上げる生活を送りたい。…ああ、そう思っているのにのに。なぜだか飲み会が続くこの夏。
もともと「暑気払い」が大好きな宮崎県民だから、ワンシーズンで1〜2回ぐらいはビアガーデンに出かけることはある。んでも、ここのこところ、週2〜3回ペースだ。さらに、1回1回がやたらと長い。1軒で5時間ぐらい喋りまくることもあれば、3次会4次会へと流れることもある。とにかく毎度午前様。
朝型への道のりは長いなあ、という日日。

<memo>

・朝1時間年休でケータツを耳鼻科へ。
・J社と打合せ、B長へ企画の方向性報告、社長のスケジュール調整、契約書、Y社企画、S社との宮宮企画など。
・ワイン会。「hana」。8人で9本のワイン。飲み過ぎだ。

↑ページの先頭へ

カレーは…やし?

2009-07-23 (木)

余談 食・食材

Q:夕食の準備(カレー)をしていて、私は大きな間違いを犯してしまいました。
さて、それは次のうちどれでしょう。
① ルーのかわりにラーを入れた
② こんなに暑いのに冬野菜のカレーをつくった
③ 甘くて美味しいカレーを作ろうと、タマネギをたっぷりと刻んで丹念に炒め、ジャガイモや鶏肉、夏野菜(ナスとオクラ)を投入して、コトコトと20分ほど煮込んだのち、ハウスバーモントの「りんごとハチミツ」なルーを溶かして、さらに弱火で20分、期待度120%な気持ちでふたを開けてみたら、なんだか妙な匂いがするので、あらー野菜の組み合わせが悪かったのかしらーとおののきつつ、でも、なんだかカレーっぽい匂いじゃないし、どうしたことだこりゃあ、ひょっとしたら「甘口」じゃないのを選んじゃったのかな、と再度、ルーの入っていたパッケージを見てみたら、どこにも「甘口」とか「辛口」とか「中辛」とか書いてないので、おかしいな、なんなんだこれは、バッタもんなのかこのバーモントは、とか思いつつ、3回ぐらいパッケージをひっくりかえして眺めてみて、あーーーーー!…と声をあげてようやく気がついただよ。これだもの → X422850H_L.jpg ã€‚そりゃカレーの味はしないわな。

<memo>

・家人が1泊の出張(珍しい)。でも佐賀(笑)
・局内での総合P、weeeek総括、新企画の協議。朝夕にわけて2時間超。M社ポスターの表現の件。由比ケ浜の件。出張行程確認。南蛮の歌、宮崎の夜、青島あきなはけしからんの件など。
・子供の迎え。夕食の買い出し。

↑ページの先頭へ

皆既日食

2009-07-22 (æ°´)

NEWS

宮崎は雨。皆既日食は全然無理よのぅ〜というのが朝の挨拶だった。んで、すっかり日食のことを忘れつつ、打合せが終わった10時半頃にふと窓の外をみてみると、気持ち暗くなっている気がした。歩いて2mのところにあるベランダに出て、空を見上げてみた。
すると、ちょうど雲の合間から太陽が見えたところだった。しかも、高度が低い位置にある層の薄い雲が、いい具合に光を遮ってくれたので、まさに太陽が徐々に欠けて、細〜い三日月のようになっていく様がキレイに見えたのである。
宮崎では、95%を超える欠け具合ということで、街の風景も明らかにいつもとは違う光量だ。暗い。「神秘的〜」としみじみするほど、のんびり見られたわけじゃないのは残念。まあ、見ることができただけでもヨシとするか。宇宙って面白いのな。
そういや、うちの子らは、ちゃんと見ることができたのかな。ちらとでも、この「妙〜な」感じを味わえたのならいいけれど。

<memo>

・予算処理漏れの整理、日和原稿、N社との調整、由比ケ浜の件を調整(サンプル配布の方向で)、宮宮、Y社の件で優良県産品の会と。
・久々にDと飲み会。「すぎ」。そこにY課長とNがやってきて4人で。2次会。25時まで。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像