書きたいことと書けること

2009-04-20 (月)

友人知人 読書

某友人が、”内々”に書いた出張レポートがとてもとても面白かった。
内輪受けな面白さもさることながら、某社で行われているそんなことやあんなことが、まあ(驚)(呆)(笑)なネタ満載なのである。すごい。
残念ながら、仕事上の出来事であるから「守秘義務」の壁を越えられない。これはもう”内々”に書かれ、”内々”でしか読めない文章なのだ。でも、こんなに面白い文章が、表に出ていけないというのは実に勿体ない。きっと、「世の中」というものを一皮むいてみると、そういった「書けないけどすげえ面白いこと」で満ちているのだろう。
だからといって、「書けないこと」を、自爆テロ的にブログに書き連ねてもしょうがないわけで、無理して書こうとするなら、現実を大胆にアレンジし、リアルとリンクしないような形でフィクション化するしかない。
…嗚呼、そんな風にして面白い物語を紡ぎだせるなら、とっくに小説家になっているっちゅう話だ(泣)。誰にも気づかれず、誰も傷つけず、この面白いネタを面白いまま文章に昇華できるような技術が欲しい〜。

<memo>

・ケータツは参観日の代休。西都のジジババ宅へ単独バスで。
・明日の社内御前会議用の資料を提出。パンフレットについての読み上げ原稿のつもりだったが、内容がB長のお気に召したようで提出資料に。急遽、それ用に大修正。おかげで昼飯を食い損ねる。同時並行で来週用メルマガ原稿。
・午後は、ひたすら企画書(可士和用)。
・ケータツは、ジジババにリクエストしてステーキを食って来たらしい。バスに1人で乗った不安と、ジジババと遊んだことを長々とした日記に書いていた。

↑ページの先頭へ

野郎でドライブ

2009-04-19 (日)

仕事

今日は後輩M君と、遠方へのドライブ(往復約5時間)。
道中、いろんな話をした。アルコールがはいってないから、バカ話やエロトークのテンションはあがらない(昼間だし)。自然と、仕事のブレストに近い感じに。しかもポジティブ志向で。意外なところで、課題解決へのヒントが浮かんだりもした。よしよし。
もっとも、初夏を思わせる好天の日曜日に、野郎二人でドライブっつー現実の前には、せめてそのぐらいの収穫でもないとやってらんないわけだが。

<memo>

・朝7時出発。牧水公園つつじ祭。全然つつじが咲いてない(笑)。とても気持ちのいい場所で、いい意味でとてもローカルな祭。これはこれで価値がある。公園の高台で野点を頂く。とても幸せな気分に。女王Hに挨拶。
・おだいっさんを見たかったが、駐車場所がなく断念。ロッテリアで絶品バーガー。
・上司の御母堂の告別式。受付。

↑ページの先頭へ

霧島とTシャツと私

2009-04-18 (土)

デザイン

ユニクロのweb展開。どこまで行くのだ。「introduction」「UTZOOM」に続いて、「POLONOW」というサイトまで。ひとつひとつの完成度が高い上に、この連続攻撃。ノっている企業は違うな。
そして、今週は「霧島」もコラボ(喜)

<memo>

・朝食後、髪を切りに。「B理容」。夏用の頭。ケータツとハナは「ドラエもん」を読む為についてくる。
・昼は麻婆丼を食って、のんびり。夏の旅行計画などを悶々と。
・夕方からBチームの宴会 in S邸。諸般の事情で家族と離ればなれで暮らすことになったS。その寂しさを紛らす会。赤一家、黒一家、鮭一家、緑一家、三、蛍、あとから紫。黒風お好み焼きと、桜特製の広島風お好み焼き。どちらも旨い。ケータツは野球盤に夢中。ハナは赤ちゃん(二匹)に夢中。

↑ページの先頭へ

エクレア(らぶ)

2009-04-17 (金)

食・食材

宮崎にも、それなりに美味しいツイーツ屋さんがある。そして、美味しい店にはそれぞれ看板商品があって、たとえば「西洋菓子倶楽部」のアップルパイ、「アンクルベアー」のロールケーキ、「トレスパーデ」のパンナコッタ、「桐木神楽堂」の大福、「田園」のドラ焼き、などは、「他の店のじゃイヤだ」っつーぐらい定番中の定番となっていく。
しかし、中には、あまりにその看板商品ばかりが売れる(その看板商品しか売れない)ので、専門店化しちゃうところもある。普通の和菓子店だった「わらべ」は、その独特の食感と、他をよせつけないバランスのよさで「チーズ饅頭菓子処わらべ」になった。ちなみに、ぼくの披露宴では、キャンドルサービスならぬチーズ饅頭サービスをしたのだけれど、それがこの「わらべ」のものだった。
さて、次に、専門店化しそうなのは、「ドイツ菓子のカラカス」である。「ドイツ菓子なのに?」というツッコミは無視して、「エクレア」は当店の目玉商品だ。一般的な、カスタードやチョコレートに加えて、カラメル、アールグレイ、黒ゴマ、チーズ岩塩など、その種類は10種類(各158円)を超える。もはや、完全な「エクレアシフト」とも言える。看板から「ドイツ菓子の」が消えて「エクレアの」となる日は近い。
ところで、そのエクレアだが、語源を辿ると、中のクリームが飛び出したり、表面のチョコレートが溶け出さないうちに、稲妻(エクレール:仏語)のようにすばやく食べるべし、ということらしい。そう言われてみると、「カラカス」のエクレアも、一口サイズである。そして稲妻のように食べた方が確かに美味しいかも。なるほど。
…でも、「ファミマのエクレア(150円)」は無理。でかい。エクレアに限っては「でかけりゃいいってもんじゃない」ということかもしれない。

<memo>

・上司の実母が亡くなる。
・イベントの企画見積、台湾企画書など。
・家族でのんびりした夜。デザートにファミマのエクレア。普通にうまい。

↑ページの先頭へ

どうしたんだTBSラジオ?

2009-04-16 (木)

映画TVラジオ

podcastにため込んでいたTBSラジオ「ストリーム」の放送を聞き終えた。本放送は、3月27日に終わっていたのだけれど、ぼくにとっては今日が最終回。声は届かなくとも、心の中で、番組関係者のみなさんに感謝。
ま、新参者なので、ずーっと聞いていたヒトほど深い悲しみや寂しさがあるわけではないけれど、とにかく面白い番組であったことは間違いない。下ネタバリバリで、下世話な芸能ネタなど多く扱っていても、「オトナな時間」がとても心地よい番組であった。惜しいなあ。
それにしても不可解なのは、podcastに熱心な(と思っていた)TBSラジオが、いつの間にか
ストリームのサイトを閉鎖しているのだ。
えーっとインターネット上の情報って、データベース的にしばらく置いておくもんじゃないのか。テレビならいざしらず、番組終了直後に閉鎖って、podcastの存在を真っ向否定しているようなもんじゃないのか。後番組「きらきら」への気遣いなのか。ホントにサーバーへの負担が重いのか(まさか)。
それとも、好調番組終了の裏には「表立って言えない理由」でもあったのか(北野誠事件のように)。

<memo>

・朝、修正資料をB長へ。即・あらたな宿題(笑)。担当ではないものの、抗弁するよりやった方が早いのでさっそく資料づくり。…と思ったら、思いのほか、時間がかかって面倒だった(泣)。
・合間に、A社キャンペーンの打合せ(至急)、F社への相談(断念)、U社と秋イベントの打合せ(初回)など。
・夕方からようやく台湾のステージ企画書づくり。SS課から丸投げ(苦笑)。大変そうだからしょうがない。22:00。
・帰り道、R女史から「すっげーおいしいイチゴが手に入ったんですが、食べます?」とのメール。もちろん。

↑ページの先頭へ

年長さんのハナ社長

2009-04-15 (æ°´)

家族家事家

我らがハナ社長も、とうとう年長さんである。
「年長さん」といえば、毎年4月に、新・年長さんによるさまざまな小トラブルが発生して、オトナたちをおおいに笑わせてくれる。これまで自分たちをリードしてきた旧・年長さんがいなくなり、「これからは、私(ぼく)がこの保育園をしょって立つ」という妙な「気負い」が生まれるのだ。そしてその実力が伴わない「気合い」が、とんちんかんな行動へと繋がっていく。まあ、保育園内では「春の風物詩」みたいなものだ。
ちなみに、この数日で、ハナ社長がやらかしてくれたのは、
・親のいないところでコッソリ「初・爪切り」を試みて、いきなり深爪
・机の上に置きっぱにされたコップを食洗機に入れたはいいけれど、キレイに洗い上がっていた中の食器がコップから垂れた牛乳でデロデロ
…の2本です。ふんがふっふ。

<memo>

・午前中、B長との打合せ。方向性了。
・イベントの方向性を協議。こまごまイベントものなど。

↑ページの先頭へ

タツノコパワー

2009-04-14 (火)

デザイン

「UT」の新ウェブ。相変わらず音楽も(幸宏?)、映像も、かっちょいい。
そのなかでも異彩を放っているのがタツノコプロの作品群だ。元デザインが洗練されているので、どういうアウトプットになろうがかっちょいい。マッハGOGO、タイムボカン、ヤッターマン、ガッチャマンなどなど。無国籍な世界観は、そのまま世界に通用するソフトだ。映画化が続くのもむべなるかな。
昨年、ケータツに買ってあげたUTのデザインは、ヤッターマンのドロンボー一味が3人乗り自転車で逃げる場面のシルエットだった。ホントはぼくが欲しくなるほど完成されたデザインだった。今年は、爆発してドクロの煙になるシルエットのTシャツがかっこよさげ。ユニクロ行かなくちゃ。
<memo>
・祭関係の課内打合せ。結構大変。M君と作業分担。
・家人は今日から「手話」の勉強会へ。定時ダッシュでハナを迎えに。
・歯医者。下の奥歯が更に要治療。痛い。

↑ページの先頭へ

交渉人・ケータツ

2009-04-13 (月)

家族家事家

ケータツが突然、「ねえねえお父さん。リビングとさ、図書室の掃除をしたらどうなるの?」と聞いて来た。
我が家には、共働きということもあって「家事は家族で分担」という原則がある。ケータツの担当家事は「御飯を炊く」となっていて、毎日、①2合のお米を研ぎ、②炊飯器にセットして、③炊きあがったら御飯は湯気をとばしながら交ぜる、という作業をこなしている。
だから「御飯を炊く」という「家事」は「家族として当然の義務」なのだが、それとは別に、今後の「こずかい制度」への移管を見据えつつ、「床にモップがけをしたら、1回10円」という報酬制度を導入している。冒頭のケータツの発言はその報酬の「運用」について問うたものなのだ。
ぼく「リビングの広さで10円なんだから、狭い図書室じゃカウントできないね。じゃあ、図書室とアトリエの2部屋をしたら更に10円だな。」
ケータツ「それはおかしい。1部屋で10円だったハズだよ。」
ぼく「1部屋なんて言ってない。リビングのモップがけで10円ってことだけだ。」
ケータツ「図書室の横の収納庫も掃除したよ。収納庫は広いよ。」
ぼく「ほう。じゃあ、図書室+収納庫で10円だ」
ケータツ「アトリエは?」
ぼく「アトリエは狭いからなあ」
ケータツ「じゃあ、アトリエの整理整頓とモップがけでどう?」
ぼく「ほう。それならOK。じゃあ明日から毎日頼むよ」
ケータツ「わかった」
結局、毎日30円を払う可能性が出て来たのだが、ホントに家がキレイにキープできるのなら安いものだ。…って、すっかりケータツの思うツボ? よくよく考えたら、収納庫もアトリエも、それほど散らからない部屋だ。うーむ。交渉上手だなあ。

<memo>

・午前中、福岡支店にて打合せ。
・午後イチの便で宮崎へ。昼飯食うヒマなし。
・ブランディングの方向性について局内協議。課題多々。
・久々家族団らん。

↑ページの先頭へ

台北3日目

2009-04-12 (日)

仕事 食・食材

日曜日ということもあって、予定されていた打合せがキャンセルとなり、午前中フリーに。せっかくなので早起きしてコーディネーターのT氏と、郊外の観光地「九分(”分”は正確には”にんべん”が付く)」に足を伸ばしてみた。
日本に占領されていた当時、金鉱の街として栄えた九分。廃鉱後衰退の一途を辿っていたが、1989年に公開された「非情城市」で再び脚光を浴びる。その後、「千と千尋の神隠し」でも、その世界観にインスピレーションを与えたとかで、「異界」な世界観を観光のウリとしているのだ。
実際、”観光”地としてはかなり優れた要素を備えている。丘の中腹から見下ろす絶景に加え、映画の舞台にふさわしいノスタルジックな雰囲気、バタ臭い露天が多数軒を並べるのもまた風情のひとつ。まあ、それなりに面白かったのだけれど、期待以上のものはなし。それより、昼飯を食べる為に、立ち寄った隣街「瑞芳」の散策がことのほか面白かった。
アパートの窓から1mぐらい突き出して干されている洗濯物、寺院の前でお経(らしきもの)を唱えている幼き子供、こんな田舎町にも進出している「日立冷気(クーラー)」の営業所。そして、すでに初夏の気温なのに、道ばたに並んで売られる鮮魚や肉、野菜。食事なんて、衛生上、問題ありまくりだ。
半煮えの鶏肉からは骨の髄がのぞいているわ、あきらかに鮮度に問題有りそうだなあと思った牛肉は、やたら濃いカレーで味付けされて出て来るわ(そんなの頼むなよ)。まあ、まったくお腹を壊したりはしなかったので、「うまいこと処理する」よな調理がなされているのだろう(ホントか)。
とりあえず、今回の一番の収穫は、「臭豆腐」を美味しく食べれたことだ。臭いけど美味い。つか、この臭いが食欲をそそる。うははは。
R0010750.JPG

<memo>

・早朝からタクシー借り上げで「九分」へ。ランチは瑞芳の「美食街」にて。
・午後、総括ミーティング。空路福岡へ。21:00着。
・ホテル前の居酒屋でプチ打ち上げ後就寝。

↑ページの先頭へ

台北2日目

2009-04-11 (土)

仕事

2日目で、ようやく「海外」っぽさを実感。それは、早朝、近所を走ってみたときに感じた街の匂いである。

屋台から漂ってくる香辛料や香草(チャンツァイ?)の香りだったり、店先に出された線香の煙だったりが、異国感を強く訴えてくる。気のせいか太陽の匂いもちょっと違う気がするなあ。視覚でも聴覚でもなく嗅覚が最も「ここは日本ぢゃねえ」と感じるって面白い。

あ。あと、車幅感覚も日本じゃない。並走する車の間が1m未満なんてザラだし、青信号の歩道を渡っている目の前を左から右折車(台湾は右車線)が突っ込んできたり、しかもそれがパトカーだったり…。怖いっつーの。

それにしても、台湾のモスバーガーで南洋雛腿堡(チキン南蛮バーガー)が売っていて吃驚。食べてみてこれが唐揚げ+マヨネーズバーガーであることに2度吃驚。
http://www.mos.com.tw/

<memo>

・早起きしてホテルから総統府往復の70分JOG。日差しが暑い。夏だ。気持ちいい。
・C社にて打ち合わせ。通訳交えてなのでモドカしい。時間もかかる。ストレス。
・昼食をとる間もなくC社店舗にて現地調査。そのままS社と打ち合わせ。
・ランチは午後4時。「欣葉」。
・空き時間を利用してマッサージへ。死ぬ。
・101にてK県のフェア調査。M社のフェアを実地調査。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像