TASHA gee なのか…

2012-02-13 (月)

NEWS WEB 宮崎県 音楽

この数日、話題になっているGille

 

AKBの「フライングゲット」や、ヒルクライムの「春夏秋冬」、そして原田真二の「タイムトラベル」などを「英語でカバー」している。アーティストの素顔を明かさないティーザー的なアプローチなのだが、公開後わずか数日で一気にはじけている様子。これだけでも実力の突出具合が窺い知れるなあ。
で。すでに謎解きはいろいろ行われているようで、たぶんこれが答えなんだろうな。たぶん、我が故郷西都出身の「TASHA gee」 。声といい横顔といいそのものだ。ちなみに「ターシャ、ジー」と読む。「ターシャ」はアメリカ留学中のニックネーム、「ジー」は宮崎弁の接尾語「◯◯やじぃ〜」から来ているとのこと。

 

西都出身の歌手と言えば、米良美一、0930が有名どころ。なにか「飛び道具」的な出現をすることがルール化されているのだろうか www  ライブやローカルテレビで見たTASHA geeは、その圧倒的な歌唱力やお洒落なイデタチとは裏腹に、とても「西都な女子」だった。名前に「じぃ」を入れるセンスからして、いかにも西都人。らぶだなあ。

 

TASHA gee。もし彼女がGilleであれば、この後ブレイクするのは必死。今のうちに「みやざき大使」でもお願いしようかしらん。

 

 

[12.02.10]

・予算記者レク。庁内放送について議論。
・「アジョシ」★★★★★。素晴らしい。ウォンビンの美しさ。展開の面白さ。アクションのスピード感。そして編集の的確さ。もう手放しで「面白い!」 映画。いいじゃん、ラストがちょっぴりあんなでも。こういう骨太な日本映画が見たいっす。

[12.02.11]
・掃除。息子と床屋へ。空港でもらい忘れの領収を。イオンで家族と合流するも混んでるので「ぎょれん丸」へ。大将とバッタリ。

[12.02.12]

・息子と二人で日南デート。総合運動公園で横浜FCの練習を見学。同級生O野のアドバイス通り出口付近で1時間半待って、キングカズのサインをゲット。息子大喜び。ぼくは冷えまくり。膝痛い。「かおる屋」の鍋焼きうどん+魚寿司。間瀬田本家の厚焼きタマゴ。田野の「こっこハウス」で「たまゴンボール」。
・「カンフーパンダ2」★★★★。よくできたシリーズ。キャラクター造形が素晴らしい。パンダとトラ。ある意味、凡庸なストーリーを絵とキャラで引っ張る技に感心。
・「ゴーストライター」★★★★。話の運び方が実に巧み。後半、思いがけない方向へ畳み掛けていく。好み。

[12.02.13]
・東急イベントの知事レク。チーム内の年度内のスケジュールを整理。

↑ページの先頭へ

誕生日の夜に

2011-10-18 (火)

WEB 主夫生活 友人知人 家族家事家

今日で45歳になりますた。おめでとう、自分。

 

区切りの日だけあって充実した1日だった。

・朝イチの「めざましテレビ」占いランキングで、てんびん座が堂々の最下位。あとはあがるだけだし。

・午前中、ローソンにチケットを取りに行ったら、「予約番号だけじゃなくて会員番号も入力しろよテメエ」ってロッピー(端末)に言われちゃった。あわてんぼうさん。

・娘2号のうんちがベストなバーグ状態だった。超〜臭くて健康的。

・晩ご飯はもちろん自分でつくった。冷蔵庫の残りものだけで仕上げるあたりが主夫っぽい。

・今日は手話教室の日。帰宅してみたら家人も子供らもすっかり爆睡していた。自分でつくった晩御飯を一人でモソモソと食べた。

・ケーキがない代わりに自分で取り寄せた生クリーム大福(富貴堂)を追加してみた。なんだかショッパい味がしたけど気のせいな。

 

今日の終わりにもう一度言う。おめでとう、自分(涙)

 

それにしても、フェイスブックってすごい。付き合いの長い親友たち、日々苦楽をともにする同僚、あるいはキラキラと輝くような思い出を共有する元カノたち、そして愛する家族…。その誰もが「おめでとう」を言ってくれないのに、ぼくのウォールにはたくさんのお祝いメッセージが並ぶんだもの。FBのおかげで孤独じゃない。深夜に一人でPCに向かっていても全然孤独じゃない。

 

みんなのメッセージを読むことができて、ぼくは今幸せだよ。すご〜く幸せ。でも、パトラッシュ、疲れたろう。ぼくも疲れだんだ。なんだかすごく眠い…。パトラッシュ…。

 

↑ページの先頭へ

タニタ社員食堂 in 我が家

2011-10-04 (火)

WEB 主夫生活 家族家事家 身体 食・食材

話題の「タニタの社員食堂」レシピが、iPad、iPhoneのアプリになっている。これがすご〜く便利なのだ。しかも値段は書籍の半額(¥600)。

 

書籍と同じように定食のレシピが載っているのだけれど、アプリならではの検索機能が素晴らしい。単品メニューから、主菜+(副菜☓2)+汁物のセットを自在に組み合わせてオリジナル定食がつくれる。そしてこのオリジナル定食でも、カロリー計算をやり直してくれる上(実はカロリーはあまり気にしてないのだけれど)、材料の分量を1〜4人前ごとに表示してくれる。定食全体の「食材リスト」が表示できるので、買い物の際には「一覧」を見ながら家にないものだけを買い足していけば良い。

 

アプリとしての難点があるとすれば、食材からの検索機能がないこと。冷蔵庫でしなびつつある食材を拾い上げる機能があると申し分ない。早く「続・社員食堂」のアプリも発売されないかしらん。

 

 

もちろん味もキチンと美味しい。低カロリー云々より、味がいいことが重要。息子「美味しいし、食べたことがない料理ばかりで楽しい」家人「食材の種類が多いのがいい」など、家族からも高評価である。まあ、食材の種類が多いということは下ごしらえが大変ということでもあるけれど、それはそれですごく勉強になるしね。

 

ただ、これはぼく自身の問題なのだが、下ごしらえが多い分、どうしても調理に時間がかかる。4人前☓4品を仕上げるのにだいたい1時間半ぐらいかかってしまう。メニューによっては2時間近くになることも。夕方は、娘2号の機嫌が悪い時間帯なので、ずーっと台所に立っているとますます機嫌が悪くなる。どうしようもなくておんぶ紐を買ったけれど、おんぶ自体を嫌がるので結局あまり役に立たず。せめて料理に集中できれば、少しずつ段取りもよくなって時間も短縮できると思うのだが。

 

まあそんなこんなで、このアプリをヘビィに活用中。食材を多少変えたり、副菜を別メニューしたりというアレンジもしつつ、毎日我が家はタニタ社員食堂状態(夕食限定)。育児休暇が終わる頃には多少痩せているか(今のところ体重及び体型に全く変化なし)。

 

[09.28 wed]

・朝食:トースト、人参サラダ、ブロッコリー、ウインナー卵焼き、ヨーグルト、リンゴ。娘1号を学校へ。エコクリーンプラザへ粗大ごみ(三輪車)の廃棄。ついでに2号と「ほがらか湯」へ。勝手に温泉とかスーパー銭湯的なものを期待していたのでガッカリ。隣接する公園で開店を1時間待っただけに余計に。帰宅し、洗濯、掃除。昼飯:野菜たっぷりうどん。よく食う2号。市保健所にてポリオ予防接種(2回目)。12:25に会場に着いて、13:00には出れた(受付開始時間が13:00)。ふふん♪ 思いの外早く終わったのでイオンへ。お値段以上のタオルを購入。晩御飯の食材を買い足し。娘1号を迎えに。1号はとらねこ文庫へ。息子は本日解禁のサッカークラブへ。2号と遊びつつ誤魔化しつつ晩ご飯の準備。夕食:タニタレシピ+α。豆腐ハンバーグ、ウインナー&トマト&セロリの炒め煮、大根とツナのサラダ、椎茸の吸い物。

↑ページの先頭へ

奥山清行な日

2011-09-09 (金)

WEB アートなど デザイン 主夫生活 映画TVラジオ

今朝、多くの人が「奥山清行氏の講演」についてツイートしていたのに気づいた。それがGigazineの記事「いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ、デザイナー奥山清行による『ムーンショット』デザイン幸福論」。育休突入後、Twitterはほとんどやれてないのだが、こういうエントリーを見逃さないためにも、ときどきはチェックしないといけないなあと反省したほど良記事。

 

80分の講演をほぼ書き起こしているとても長いエントリーなので、娘2号の相手をしながら何度かに分けて読んだけれど、圧倒的な説得力に打ちのめされた。たまたま今週の「ビートたけしのアートビート」のゲストも奥山氏で、ちょうど録画していたので、その番組も見た。そんなこんなで思いがけず奥山清行デーとなってしまった1日だった。

 

奥山氏は、イタリア人以外で初めてフェラーリを手がけたカーデザイナーとして有名だが、ぼくは仕事柄「山形カロッツェリアプロジェクト」をプロデュースしている工業デザイナーという点で注目していた。まあでもその程度だ。しかし、こんなにも情熱とセンスと理論とで、さまざまな「熱い仕事」をしている人だとは知らなかった。鉄瓶の話がまた良かったなあ。山形ですごい車をつくっていることにも感動。財力があれば欲しい。でも財力がないので(というか今無収入)とりあえず氏の著書を数冊まとめてネットで発注 w

 

自分メモ的に、この講演のポイントのいくつかを書き留めておく。

●「個人力」の日本、「団体力」のイタリア

イタリアは個性の強い人は多いが、団体で行動すること得意。一方、日本人は5人以上集まると、まるで幼稚園で話がまとまらない。飲み屋では自分の考えていることをあけすけに話すが、会議では何も言わない。→そこがダメだよ日本人。ぼくも一番嫌いなところ。

●相手に与えたものが大きいときに次のステップへ移れる

これからは、会社という組織が逆に膨れていくか、どんどん崩壊していくか、その両方が起こる時代。若い人が自分が会社とか仕事から得るものだけ得て、一番得た時点で次のステップに移っていくのがキャリアアップである、と勘違いしている。得たものよりも与えたものの方が多いときに、この人間は優秀であるという名声が広がって、次の仕事へ繋がるのがプロ。→普段ぼくが唱えている「ギブ&ギブ&ギブ&ギブ……&テイク」と同じ考え方。

●「ブランド商品」と「コモディティー商品」

「ブランド商品」はメーカーがもっとも利益をあげられる商品のこと。安くて生活の必需品は「コモディティー商品」。基本は「ブランド商品」はディスカウントをせず、高い収益をあげる。「コモディティー商品」は薄利多売しかない。そんな中、iPhoneのように多少プレミアム価値を払ってでも買いたい商品なのに、それだけではなくて、iTunesなどのインフラを無料で提供することで全体の仕組みを売るという方法も出てきた。デバイスを売ることで、トータルエクスペリエンスを提供している仕組み。→この違いをよく考えながら商品づくりをしないといけない時代なのだな。

●「NEEDS」と「WANTS」

WANTS(ウォンツ)は和製英語。しかし、いまはニーズ以上にこのウォンツが重要。例えば、トヨタビッツはBMW MINIよりも高性能なのにもかかわらず、遙かに安い価格で販売されている。人が求めるものには価値がある。100年間で2秒と狂わないクオーツ時計と、3日間放置すると止まってしまうスイス製機械式時計も同様の例。→宮崎県産「太陽のたまご」はまさにウォンツから生まれた商品。いかんせん、青果は市場価格に大いに左右されてしまうが。

●「若い者は質を売るよりも量で勝負しろ。量をこなせば結果は後からついてくる」俳優・津川雅彦の言葉

「アートビート」でもこの件は触れていた。何万枚とデザイン画を書くなかから、これしかないというラインが見えてくると。→そういえば広告学校時代に「コピー100本ノック」とかやったな。改めて肝に銘じよう。

 

 

[09.09 fri]

・朝食:パンいろいろ、トマトとソーセージのスクランブルエッグ、タンカン、梨。娘1号を学校へ。帰宅すると娘2号が朝の昼寝タイム。たまったメール等に返事。Twitterで奥山記事を発見するも途中で2号が起きてしまう。ハンズマンで日用雑貨買い物。萩の台で散歩(機嫌悪し)。キャラ一次審査の打合せをH氏と何度もやりとり。昼食:昨日のミルクスープの残り汁に野菜をいっぱい入れて味噌で味を足したスープ。旨し。2号爆食。午後もまた昼寝を始めたので録画していた「アートビート/奥山清行の回」を見る。素晴らしい。1号のお迎え(きこえの教室通級のため6時限まで)。帰宅したところで学校に財布を落としていたことが判明。取りに戻る。夕食:鶏もも肉のマヨソース、オクラとトマトの和え物、もやしとハムの炒め物、長芋とエノキの味噌汁。

↑ページの先頭へ

繋がることを休んでみる

2011-08-29 (月)

WEB 余談

今日の夕方からジャーナリスト・佐々木俊尚さんのTwitterが面白い。普段はスルーするようなネガティブリプライにあえて反論を書かれていて、佐々木さんのちょっとした決意というか覚悟を垣間見た気がする。結局のところ、佐々木さんが一番言いたいのはこれなんだろうな。

 

ここに来て、以前私が言っていた「マスコミvsネット」論は撤回し、今後は「当事者性vsないものねだり論者」の新しい対立軸の論考へと移行することを宣言したいと思っています。

 

「当事者性」の対語が、「ないものねだり論者」なのは意見がわかれる点かもしれないけれど、要は「当事者性がひどく欠如していて、揚げ足取りだったり、極端な原理原則論や理想論を掲げたりする人」のことだ。この「ないものねだり論者」は、一部(大多数?)のバラエティ化が進むマスコミだったり、ネットで他人に対して平気で「クソ」とか「死ね」とか書けるメンタリティを持った人たちが中核をなしている(んだと思う)。

 

この「ないものねだり論者」が困るのは、ちっとも議論にならないことだ。相手の話を聞かない。理解しようとしない。自分の考えだけが正しいと思っているので、建設的な意見交換に至らない。「モンスターペアレンツ」や「クレーマー」と根は同質だ。佐々木さんは「モンスターマスコミ」「モンスターピープル」とも名付けている。この当事者意識のない「ないものねだり論者」は何かと「声が大きい」という印象があるけれど、そんな人々にかまけていては何の問題解決にもならない。だから、今後の政策決定のプロセスは、この「ないものねだり論者」をスルーする方向で、という指摘はとても重要だなあ。衆愚やファッショに陥らないというのが前提だけれども。いや、実はそれが最も困難な道だけれども。

 

…なんてなことをぼんやりとした頭で考えつつ、いよいよ育休に入るのを契機に、「あちらこちらと繋がる」ことを休んでみようかとも思ったりした。当事者性って、「あちらこちらと繋が」りつつ、いろんな意見を広く深く咀嚼できる能力やら努力やらが必要だけれども、なにせこちとら育休メンであるからして、そもそも自分の中の、仕事とか社会とかの優先順位を大きくダウンさせようと思っているのだ。たった4ヶ月ぐらい社会と断絶したっていいじゃないか。ねえ?(…って誰に言っているのだろう)。

 

[08.29 mon]

・朝一便で大阪へ。OJとの打合せ。weeeek案件、交流会案件、下期スケジュール、来年度予算など。大阪はやらなくちゃいけないこと多いなあ。経済連大阪事務所へ挨拶。

・ランチ「インディアンカレー」。夕食「和楽路屋」でたこ焼き。「神戸屋」のパン各種。

↑ページの先頭へ

リニューアルしてみた

2011-07-31 (日)

WEB

「海森堂」をリニューアル。

 

アドレスもようやく「http://kaishindou.com」へ。twitterとの連動だとか、facebookとの連動だとかをしてみたです。あと「facebook pages」も。いずれ、2001年3月にスタートした頃からのデータも移行して「海森堂完全版」にしたいなあという野望は有〼。

 

どうせfacebookとも連動しているので、自己紹介を詳しく書いてみた。そうか、自分はこんな人だったか。

 

========================

[07.29 fri]

・楽天・黒坂女史、K社社長とランチ。「杉の子」。そのまま「県産牛・豚肉の今後を考える意見交換会」出席。その後、SS課やBセンター、農政などを交えて黒坂女史と意見交換。

・夜の部。N局長+牛・豚主幹、K課長+Y君。「ぐんけい」>「時間割」。

 

[07.30 sat]

・午前中のんびり、11:00頃イオンのフードコートでランチ。寝てしまったリンコを見守っていたら、KFCでいろいろ買ってきた家人が、テーブルにコーラをぶちまけてしまい、ぼくの下半身びしょぬれ。何すんねん。

・延岡へケータツのお迎えへ。リバーパル五ヶ瀬川。1週間ぶりのケイタツは、黒く灼けて、足や腕にたくましい擦り傷をこしらえ、なぜか関西弁になっていた(中のいいスタッフさんから伝染った模様)。ああ、このハンパな関西弁、苦痛。

・疲れているハズなのに帰りの車内でもまったく寝ることなく、永延と喋る男。しかも関西弁。うーむ。まあ、楽しかったってことだし、多少タフにはなった感じ。よかったよかった。

 

[07.31 sun]

・家人とリンコの誕生日プレゼントを買いに。玩具の予定が歩行器に。すぐに飽きるんじゃないかな。

・昼飯後、子供らと家人の誕生日プレゼントを買いに。ああめんどくさい。ぼくはビールグラスとワイングラスを。子供らはネックレスを。リンコには100均で、適当な玩具を1人1個ずつ。

・久々にパスタをつくってみた。カプレーゼとグリーンサラダ。ワインも旨し。ケーキは「コンクワート」で購入。

↑ページの先頭へ

やけのやんぱち

2011-07-08 (金)

WEB 仕事

フェイスブックの顔写真をアフロマンゴーにしてから、なんだか妙なことになっている。

もともとこの写真は、友人・うめちゃんの結婚披露宴用に撮ったものだ。同僚が企画した「遠方の方、せめて写真でお祝いを!」という提案に乗ったのだった。
最初、満面の笑顔で撮ったら、カメラマンの家人が「それじゃあ全然面白くない」とか言いやがるので、この表情に。よく見ると、残業帰りの疲労感と、「どんな顔だったら面白いんだよ」という不服感、そして「どうでもいいから早く撮ってくれよ」的なやけのやんぱち気分が読み取れる。
そんな ” ぱち顔 ” がfacebookの文字通り「顔」になってしまったから、普段の行動もなんとなく「えいやー!」な感じなかもしれない。
今日も、県政番組の打合せをしていたら、なぜかぼくは「マンゴリ君」という役で説明することに。エネゴリ君じゃなくてマンゴリ君。エネルギーを素敵に。まあいいけども。もー、やんぱちだから、いっそロリポップキャンディー役でもいいよ。

↑ページの先頭へ

一番最初の「海森堂」

2011-07-04 (月)

WEB 余談

一番最初に書いた「海森堂」は、「クールオンライン」という無料サーバー上にデータを載せていた。Microsoft Offieceにおまけ?でついていた「FrontPage」を使ってHTMLのページをつくり、「FFFTP」というソフトを使って、「クールオンライン」のサーバーにデータをアップしていたのだ。懐かしいな。

んで、その「クールオンライン」が突然?6月30日でサービスを停止してしまい、昔の「海森堂」がすっかり消えてしまっていたのである(ということにさっき気がついた!)。NO〜!
まあ、無料のサーバーだし、何年も更新もしてなかったわけだから文句を言う筋合いではない。ただ、UPしたデータはいつまでもWEBの大海原を漂っているものと思い込んでいただけに、データが消えてしまったショックは大きかった。一瞬、血の気が引いた。
慌てて、久しぶりにWindowsPCを起動し、古いデータを探してみたら、最初につくった2001年からブログに移行する2006年までのデータがちゃんと残っていた。自分のPCにデータをつくって、サーバーに投げる…という方法だから助かったのだ。ほっ。
当時は今以上に「ただの日記」で、他人が読んで面白い記事なんてないんだけれど、ちょうど「海森堂」をスタートして2ヶ月後に愚息が生まれたりもして、日々「あたふた」と生きていた感じは残しておきたかった。よかったよかった。
それにしても。このチャンスにあらためて「海森堂」の在り方を考えてみなくちゃ、とも思った。データって簡単に消えるんだってことだよな。クラウドの怖いところは、こちら側でコントロールがまったくできないこと。できれば、手元とクラウドの両方にデータが保管できるとよいのだけれど…。
[07.04 mon]
・課内勉強会、イオンフェア打合せ、知事レク(定例記者会見)、AMET会議、宮日取材、定例会見各課フォローなど。

↑ページの先頭へ

顔出し

2011-06-02 (木)

WEB 仕事

とうとうtwitterのアイコンでも顔出しをしてしまった w
もともと仕事の延長上にあるブログ「ふぞろいのマンゴーたち」をPRするために取得したアカウントが@miyazakifuzomanだった。PRのためなので、あまり考えずに大勢をフォローしていたら、大勢の方からフォローを返して貰うようになり、ずるずるとメインのアカウントになったという…。*ちなみにブログはぼくを含めた複数のスタッフがプライベートで書いている。
困ったのは、関係者の会合などで「あなたが、ふぞまんさんですか!」と気付かれる場面が多くなってしまったこと。別に隠していたわけじゃないけど面と向って「ふぞまんさん!」と呼ばれると相当恥ずかしい。しまいには友人の娘にまで「ねえねえ、ふぞまん!」と呼ばれる始末。だー。ふぞまんって呼ぶなー!
そんなわけで、あとから「ああ、あなたが!」と気づかれないように、最初から顔出ししちゃおう作戦。とかいいつつ、マンゴーなテイストを残すあたりがサービス精神過多な性分。つか、よく考えたら、余計に「あ、ふぞまん!」と呼ばれる気もしてきた。←バカ?

[memo]

・ゆるキャラ一覧。予算一覧。ミシュランマン。
・ミシュラン社との懇談会。宮観。最近、よく来るなあ。久々にヤギ女史と。

↑ページの先頭へ

腑に落ちる

2011-04-18 (月)

NEWS WEB デザイン

助けあいジャパン」のサイトがリニューアルした。
今回は、「実体に即した支援」を体現するものへと大幅にバージョンアップという印象。地元からの声が聞こえ、それに応えようという人の声が聞えてくる(気がする)。まさに「人と人の助けあい」がWEB上で展開できるシステム。
本当に優れたコミュニケーションはこのようにシンプルで「腑に落ちる」ものだ。これぞ本物。さっそく小さな「助けあい」をぽちっとな。
さらにいろいろ見ていたら、友人の梅ちゃん発見。忙しいのに頑張ってるなあ。
あとこれもいい。酒は得意でないので「食」で。みんなで。
ハナサケニッポン

[memo]

・朝イチでチーム員と一緒に頭の交通整理。資料の作成。合間に別案件も打合せ。延々と資料づくり。作っては壊し、くっ付けたり話したりしつつ、徐々に形ができてきた。これでぼくの頭はスッキリ整理できたけど、上司らはどうなんだろ。
・「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方/福島文二郎(中経出版)」★★★。ディズニー分析書のなかでは珍しく内部スタッフによるもので、非常にわかりやすいし、説得力もある。ただ、ディズニー研究者的には新鮮味はあまりない。
・GANTZ18-20

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像