ギック隊長

2013-04-03 (水)

身体

新年度初日、朝9時頃、打ち合わせのために席を立とうとした瞬間、腰に微妙な違和感。「痛い」というような激しいものではなく、本当に微かな、でも確実な違和感。そして、とてもやばい予感。これが人生初の「ぎっくり腰」との出会いであった(涙)。

 

じわじわと痛みがきつつ、午前中は上司との打ち合わせなど。午後になって辞令交付が始まった時には立っているのも辛い状態になった。連続歩行も20mぐらいが限界。部下からは「歩き方がおじいちゃん」と笑われる始末。とほほ。それでも、予定があったので夕方から夜にかけて、ぼくがスピーカーとなる打ち合わせを2本こなした。

 

4月2日はもちろん年休。朝イチで整形外科に行って痛み止めを処方してもらい、さらに整骨院へ。午後はゆっくり静養。3日は午前中だけ勤務して、午後から静養。はあ。

 

それにしても、静養ってどうすればよいのだろう。整骨院では「長く横になっていると身体が固まってよくないから、少しは動くように」と言われた。少しだけ動く静養…。うーん。わからない。しょうがないので、TSUTAYAでDVD借りてきて、ソファーでゆったりしつつ、ときどき「もぞもぞ」動いてみたりしつつ…という静養をしてみた。

 

とりあえず改善の傾向ではある。

 

 

[13.04.01]

・室長とざっくりした方針などを打ち合わせ。辞令交付(センター長)。

・個別相談会。宮崎市。インクロ。

[13.04.02]

・年休。整形外科>いとう整骨院。マルちゃん正麺ランチ。

・「桐島、部活やめるってよ」★★★★★。今更、だけども、傑作は傑作。なにこれすごい。

・「アルゴ」★★★。とても面白かったんだけど、勝手に期待値あげすぎてた。

[13.04.03]

・午前中出勤。決裁処理と、非常勤職員への事務分掌伝達と。カプリチョーザランチ。

・「崖っぷちの男」★★★★。映画は予備知識なしの方が絶対面白い、という見本のようなもの。良かった。

・いとう整骨院。

↑ページの先頭へ

メガネ男子

2013-01-06 (日)

お買い上げ 身体

4年前にレーシックをした。随分快適だったのだけど、半年経過したあたりから、すこ~しずつ視力が低下し始め、最近は映画館で字幕が読みづらいレベルに…。車の運転も昼はまだよいけど、夜はかなり見えづらい。困ったー。

 

再度レーシックを受けようと思いつつ、前回受けた病院が東京なので、再手術するにも中期的に計画しなくちゃいけない。当面はメガネでしのぐかな〜ということで、「とりあえず」的なメガネを買いに「JIN’s」へ。なんだかんだで店で一番高価格帯のものを買ってしまったけど、それでもレンズ台込で1万円也。全体がすごくシステマチックなので、待ち時間も短くストレスも小さい。あーこれは流行るわ。買った直後に着替え用にもう1個買おうと思ったもの。

 

ところで。買ったときは気が付かなかったのだが、メガネをかけた状態で遠くから手元に視点を移すと、ん? なんか見えづらい? 見えやすいようにするには…ものを手元から少し遠くに… … … って、ええっっっ! こ、これは、老眼?

 

現在、裸眼では遠くが見えにくい(今日の測定で0.4〜0.6程度)だけで、手元が見えにくいということはない。でも、メガネで近眼を矯正すると手元が途端に見えにくくなる。これは老眼の予兆…なんだろうなあ。思い返せば、レーシック受ける時点で「年齢的にいつ老眼が始まってもおかしくない。レーシックでは近視を矯正することしかできない。」と言われたんだった。

 

うーん。めんどくさい。まあ、人が「老い衰える」ということは、何らかの機能が脆弱化し、それを補う必要がでてくるということであるから、年齢を重ねる=こういう「めんどくささ」と上手にお付き合いしていくこと、なんだろうなあ。

 

 

[13.01.04]

・仕事始め。関係機関への挨拶まわり。来年度の雇用方針への意見作成。当初予算について財政協議。

[13.01.05]

・息子の耳鼻科。順調とのこと。防災士宿題。午後からもろもろ買い物。メガネ。職場用スリッパ。漫画。家人と娘1号の靴。図書館(カード更新)。パン屋。フーデリィ。夕食後、フローランテ・イルミネーションへ。激寒。「めちゃイケ」の中居くん特集を見る。尾崎牛登場。やるなあ尾崎さん。

↑ページの先頭へ

なんちゃってランナーからの脱却?

2012-11-20 (火)

身体

昨日の「つわぶきハーフマラソン」は、自己新の1時間51分31秒でゴールした。

 

恵まれた天候、比較的フラットなコースという好条件に加え、これまでのトレーニングで2回「30km走」をしていたことが一番大きかったように思う。呼吸が苦しくなっても「足(脚力)はまだいける」という自信があったから、ペースを落とすことなく最後までがんばれたのだ。

 

逆に考えると、普段、呼吸がきつくなるようなスピード練習を全然していないということでもある。いつも、キロ6~7分のゆっくりしたペースで走っている。なにせ、通年の練習などせず、シーズンが迫ってから「しぶしぶ」10km走などを始める自分だ。「徐々に慣らしていこう」と思っているうちに、シーズン終了〜というのが例年のパターンなのだ。

 

今回、たまたま自分の想定外のハイペースで走り始めてしまったことは大きな「きっかけ」になった。ここのところ週末の長距離走だけは続けていたので、オーバーペースであっても、意外とそのスピードをキープしたまま21kmを走りきれた。これはひょっとしたら、万年「なんちゃってランナー」から「サブフォーランナー(フルマラソンを4時間未満で走るランナー)」へのブレイクスルーになるのかもしれない。

 

まあ、とはいえ、練習量が全然足りないぼくなので、今年中のサブフォーはないのだけれど、仮に3週間後の青島太平洋マラソンで4時半切りができたとしたら、来年はいけるかもしれない。そんな可能性の尾っぽが掴めた気がする。うふ。

 

 

改めてカウントしてみたら、これまでハーフマラソンを9回、フルマラソンを7回走っている。そろそろ「なんちゃって」を卒業しても言い頃なのかもしれないです。

 

[12.11.19]

・委員会資料修正。各種照会回答。労働局協議(連携事業案件、ビッグ事業案件)。合間にパレード調整。

・「サンセット大通り」★★★★。ビリー・ワイルダー。映画そのものの面白さもさることながら、配役などの「妙」が効いている(ということを鑑賞後にwikiで知る)。そういう文脈で見ても尚一層深みのある作品だな。凄い。

↑ページの先頭へ

走るべし走るべし走るべし

2012-09-11 (火)

身体

この土日、かなり久々に走った(7km、10km)。

 

初日はまだよかった。7kmを50′。キロ7分程度。ゆっくりと気持ちよく走れた。ところが、日曜日の10km走は、折り返し地点ですでにフルマラソンの35km地点かと思うほどのバテ具合。土曜の疲れを引きずったのか、キロ8分近くかかって、はうようにしてゴール。ジョギングというより、ウォーキングなペースだ。いかんなあ。やばいなあ。

 

しかも、ここのところ大好きなビールを控えたりして、徐々に体重落としていたのに、日曜の夜に尾崎牛ナイトに出かけて食べまくって(だって美味しいんだもの)、都農ワインhyakuziを飲みまくって(だって美味しいんだもの)、1日でリセット。いかんなあ。やばいなあ。

 

…ということで、3ヶ月後の青島太平洋マラソンに向けて、気合入れなおすです。

(以下友人らに業務連絡)当面、飲み会とか誘わんといて。

 

 

[12.09.09]

・朝食後、Run 10km。78’。どんだけダメなんだ。

・午後、ヤマダ電機へ。家人用のPC購入。安さでNECのもの。

・尾崎牛ナイト第5弾。PILAW。都農ワイン。

[12.09.10]

・議会対応。答弁は2度めの修正でOK。委員会用の資料つくらないと。

・PCのセッティング。旧PCからデータの移行も。

↑ページの先頭へ

ビフォー・アフター

2012-08-01 (水)

身体 食・食材

夏太り、というんですかね。人生マックス体重をゆるやかに更新中。

 

まあね、そういう時期もあると思うですよ。ついつい「食欲に走る時期」というのがね。それに、そのうち「身体を絞る時期」がきたときに、身体がグンと大きい方がより「落とした感」が大きい。ビフォー・アフターでは「落差」が大事なのだな。

 

そう考えると、 必死で「身体を絞る」と無理をするよりも、いずれやってくるであろうそのときに備えて、今はむしろビフォーを際立たせた方がいいんじゃないかな。あえてエッジを立てる的な。目の前に美味しい焼肉もあることだし。…なんてなことを考えながら、五ヶ瀬町特産・宮部の特ホルをたっぷり頂いた。んまかった。

 

ところで、いつ「そのとき」がやってくるのかな。かれこれ半年ぐらい待っているのだけれど。

 

 

[12.07.23]

・課長会議関係資料整理。厚労省新事業について部長と意見交換。

[12.07.24]

・宮崎市児玉女史が来訪。もろもろ雑談。新規改善課内会議。

・ランチ「杉の子」。やまけんと。

[12.07.25]

・リフレッシュ休。

・「おおかみこどもの雨と雪」★★★★★。細田守監督。

・豚の肩ロースでワイン煮をつくってみる。

[12.07.26]

・担当内勉強会。人材バンクシステムについて。頭がリセットされる。労働連絡会議。政策評価委員会。

・19:10発ANA便にて福岡。S女史と「hus」。

[12.07.27]

・労政主管課長会議。吉塚合同庁舎。メシにありつけずウロウロしたのち、福岡事務所で打合せ。空港で牛タンカレー。17:00宮崎着。の予定が、IBEX機が1時間の遅れ。

・九州SAMURAIの会。宮崎観光ホテル。参加者の1/3ぐらいが知人。いいんだかわるいんだか。

・ルミーを激励する会。なぜか弟の命名式。ファンタグレープ。

[12.07.28]

・家人は仕事。娘2号は保育園。娘1号のピアノ練習ができてない。こら。不出来のピアノ教室。

・療育キャンプ。青島少年自然の家。フォトラリー。しおりづくり。親の会で今後の課題が浮かびあがる。そろそろ重いコシをあげるときか。

[12.07.29]

・朝食まで食べて療育キャンプ終了。帰宅して子供らの相手。

・娘2号の2歳の誕生日。おめでとう。

[12.07.30]

・上の子らはサマースクールで自然動物園へ。午前中コンプライアンス研修。毎度考えさせられることが多いな。情報政策課とシステムについて協議。

・「ダークナイトライジング」★★★★★。クリストファー・ノーラン監督。レイトショーにて。

[12.07.31]

・娘1号面談。きこえの教室。課題があるなー。予算案を部次長に協議。夕方、国の次年度予算について協議。時間がおしてBCPの打合せ参加できず。

・「トロピック・サンダー」★★★。ベン・スティラー監督。

 

↑ページの先頭へ

100kmリレーマラソン

2012-06-17 (日)

友人知人 身体

マラソンの仲間で「100kmリレーマラソン」を走ってきた。時々どしゃ降ったりもする雨の中で(涙)。

 

これは、1周2kmのコースをチームでタスキで繋ぎ、50周して100km走るというもの。ぼくらは、15人でエントリー(1人は急用で来れず走ったのは14人)。ほぼ全員がフルマラソン体験者なので、まあ、なんとかなるべ〜ぐらいの軽い気持ちで、ほとんど練習らしい練習もせず本番に望んだ。でも、大会が近づいてきてから、よくよく考えたら、結構大変な大会なのである。

 

制限時間は9時間(7:00START → 16:00GOAL)。

単純計算すると、

9時間☓60分=540分。

540分÷100km=5.4分!

…つまり、1kmあたり5分24秒で走らないと制限時間内にゴールできないってこと?

 

これは、どのぐらいのスピードかというと、フルマラソンで4時間を切るペースなのである。ちなみに、ぼくはまだ1度も4時間を切ったことがない。つか、4時間半も切れてない(がーん)。それよりも早いペースが必要なのだ。しかも、メンバーの中にですら、サブフォー(フルマラソンで4時間を切ったことがあるランナー)は2人しかいない。んー。ロクに練習もしてないのになんとかなる、のか。

 

で。

 

結論から言えば、なんとかなったのである(喜)。レースは、スタート直後から全体がものすごいハイペースとなった。そのムードに思いっきり煽られて、みんなオーバーペース走(笑)。たとえばぼくの場合、普段は1kmあたり6〜7分なのにも関わらず、今日は4分40秒〜5分ぐらいのペースで走る羽目になった。たった2km…と思うのは素人で、自分のペースを越えて走るというのは、短い距離であってもすごく負担がかかるものなのだ。大勢でリレーするから1回走ると1時間以上のインターバルはあるのだが、オーバーペース過ぎて、休んでも休んでもなかなか回復できない。みんなゴールしてしばらくはグッタリとダウンしていた。

 

とはいえ、そこは長距離経験者たちであるから、粘る力だけはあったようだ。1周、2周、3周…と回数が増えても、あまりペースが落ちない。ほとんど全員が1周10分未満(つまり1km 5分未満)のタイム。最後の最後までほとんど同じペースで刻み続けたのだった。そして…

 

トータルタイム、7時間52分でゴール。

順位は、51位(100kmにエントリーした130組中

見事に、なんとかなった、じゃないか。

 

期待以上の成果が出たということもあるけれど、こういうチームで戦うレースというのもいいね。みんなで作戦を練りつつ、わいわい楽しみつつ、目標(時間内完走)に向けて頑張るっつーのは。辛かった分、楽しめたよ。合間にBBQもやったし。

 

そうそう。愚息も2周頑張ったんだった。ともに10分台(1kmを5分30秒前後)で走りきった。タイムが父とあんまり変わらないということで、えらく自信をつけたっぽい。ま、お父さんは4周走ったけどね(対抗心)。

 

最後は、全員で手を繋いでゴールした(というルールなのだ)。雨に振られたのは面倒だったけれど、それ以外はとても心地よく、楽しいイベントであったよ。来年も出ようかな(もう少しトレーニングして)。

 

 

[12.06.15]

・こども政策課から提案の件。手持ち資料作成など。

・夕方、議会の問いがふられるかと(どきどき)。えびので車が大横転。

[12.06.16]

・耳鼻科。帰宅して片付けなど。家人は仕事へ。

・昼飯にチーズトマト風味とんこつラーメンなるものを作ってみたら、微妙な味だった。

・夕方、会場の場所取り、受付、説明会参加。

[12.06.17]

・朝4時起床。赤弟の車に荷物を積み替え会場へ。テント設営等。

・スタート時は、金・笛・白・黒・赤・緑・菜・赤弟。11時から赤子・蛍・紅・紫夫。最後に紫。青は欠席。応援に橙。

・帰宅後、道具の掃除。ひー。

・父の日。Tシャツ・モモヒキ(ワンピース柄)、下着、靴下、ハンカチ、箸。よくわからないラインナップだけど、ありがとう。

↑ページの先頭へ

Runと銭湯とてげうまと

2011-11-14 (月)

主夫生活 身体 食・食材

今日は家人に家事、育児の一切を任せて、リフレッシュした。

 

朝は友人女子らと一緒にマラソンのトレーニングへ。ホントは某女子部の練習会なのだけれど、” 主夫 ”ということでお誘いいただいた。とはいえマラソンシーズン真っ只中だというのに、全員が練習不足な状態 w。もう、ホントにゆっくり、のんびり、休み休みで20kmのラン。宮崎市役所から河川敷を走り、平和台大橋経由で生目台運動公園。公園内の周遊コースを2周して、また宮崎市役所へ戻るコース。某姐さんと、家庭のことやら仕事のことやらを喋りっぱなしでの20kmになった。トレーニングというより飲み会な気分。終わってみても、全然足も痛くないし、疲労感もないほどだった。←やっぱりトレーニングになってない。

 

そのあと「極楽湯」へ移動し汗を流す。まだこの時点でお昼だった。昼間っからサウナに入って、露天風呂入って、さらにぬるめの湯船でウトウトしたりもして。風呂上りにソフトクリームを舐めるのも鉄板。

 

さらに、高千穂通へ移動して「てげうま国際夜市」の最終日を堪能。合計4回通って、海外から出店した屋台は全制覇。家族の分も含めると、トータルで15,000てげ(1てげ=1円)ぐらい使った。いいお客さんじゃないか w

 

それにしてもこの「てげうま」。近年稀にみるいい企画だ。これまで宮崎市街地でのイベントといえば、会場は橘通と決まっていた。しかしながら、一番重要な幹線なので封鎖すると県民の足への影響力も大きく、なかなか県警がうんと言わないし、規制も多い。そこで高千穂通なら幹線ではあるけれど「迂回路がいっぱいある」という点に気がついたところが担当者の勝利。開催10日間のうち、土日の4日間も終日「歩行者天国」にするという大きな企画に育てることができた。裏でいろんな苦労があったとも聞くけれど(一番利益のある某企業が非協力的だったとか…)、何より参加した人たちがニコニコと楽しんでいるのが感動的だったな。ああ、こんなに開放的で心地よい空間だったんだなあ>高千穂通。

 

今回は、定期航路のある台湾、韓国の屋台に加え、ドイツ屋台が出店したことも意義が大きい。「アジア夜市」でなく「国際夜市」になった。このドイツ屋台が、専門店として店舗展開になったことも今後の可能性へ大きく繋がったと思う。ぜひ、この「てげうま」は、より国際色豊かな「夜市」として発展し、たとえば大陸ごとに「アジアゾーン」「ヨーロッパゾーン」「アメリカゾーン」というぐらいのバリエーションが出てくると、県外からも多くのお客さんを呼べるだろう。隣接の百貨店なども海外物産展をやれば、相乗効果も高まる。宮崎はB級グルメではなく、国際夜市で勝負だッ。

 

…のようなワークショップ的なことを語りながら、木漏れ日のなか、としても幸せな気分でワクワクと楽しく飲んだのだった(KIRIN FREEを)。また来年!

↑ページの先頭へ

キョンキョンとマラソンとケーキ

2011-10-24 (月)

主夫生活 友人知人 家族家事家 身体 音楽 食・食材

水平線の花火と音楽2」に行ってきた。お目当てはもちろん小泉今日子さん。キョンキョンといえば、元夫である永瀬正敏さんが宮崎出身ということもあって、宮崎に対してあまりいい感情をもってないんじゃないか、将来どこかでお会いしたとき「宮崎在住のS41年生まれ」というプロフィールがバレた途端、キョンキョンの顔が激しく曇るのではないか、と勝手に危惧していたけれど(本気で)、映画「毎日かあさん」での元夫婦での競演と、今回のコンサートで不安が払拭されたです。←バカでごめん。

 

冒頭のMCで「昔、都城に本籍があったことがありまして…」と語ったキョンキョン。この過去を達観したオトナ発言に、またまたぼくのハートはズッキンドッキンズッキンドキンですわ。 しかも「…なので、宮崎には親戚みたいな気持ちがあります。」とも。ああ、素敵すぎるなあ。短い時間ながらも「小泉今日子はブギウギ」「あなたに会えてよかった」「月ひとしずく」「学園天国」「虹が消えるまで」という選曲もナイスだった。一生愛し続けます。

 

ほかのアーティストも素晴らしかったな。浜崎貴司の声の良さを再確認し、宮沢和史の「節」も心に沁みた。興味のなかった宇崎竜童も生の迫力は良かった。そしてやはり泉谷しげるのパワーは尋常じゃなかった。

 

 

その翌日は、「綾照葉樹林マラソン」ハーフへの出場だった。10kmに出場するV姐さんと一緒に会場へ。毎年、この大会からマラソンシーズンへ突入するのだけれど、いい思い出がひとつもない大会でもある。まだまだ身体が慣れてないこともあって、タイムは悪いし、坂道がキツいし、何にもいいことがない。まあ、あるとすれば、「この大会を乗り切れたら、あとは楽」ということぐらいか。つか、単に「逃げない」ためだけに参加しているようなもの。ホント嫌い w

 

特に今年はほとんど練習をしないまま走ったので、ハンパなくきつかった。10月とは思えない宮崎の暑さも辛かった。山の中は涼しくて良かったけれど、河川敷になってガクンとペースが落ちた。つか、ゴールして倒れ込んだのは久しぶりだわ。良くも悪くも「練習は嘘をつかない」な。そんな中での「2’11”53」は、タイムとしてはヒドいけれど、まあ頑張った方か。少なくとも最後まで歩かなかった。しかし、このままじゃ、今シーズンは厳しいなあ。練習しなくちゃな。

 

 

夜は、家族に5日遅れの誕生会を開いてもらった。V姐さんも美味しいイタリアワインを抱えて参戦してくれた(それも2本!)。わいわいと楽しい話と、 美味しい料理と、息子がデコレートしたケーキと。もうあとは何もいらないな(あ、プレゼントはちゃんとくれよな。まだ貰ってないぞ何にも)。

 

↑ページの先頭へ

早めのパブロン

2011-10-06 (木)

主夫生活 身体

「効いたよね、早めのパブロン」といえば、竹下景子さんである。忙しいお母さんは、家族に余計な心配などかけず、とっとと「パブロン」飲んで元気に働け、というCMであった(<違うと思う)。

 

そう。ぼくは今風邪をひいている。先週後半からずーっと「目の痒み・くしゃみ・鼻詰まり」という花粉症の三大症状に苦しんでいたのだけれど(ブタクサ花粉の影響)、今週になって喉まで痛くなってきて、熱も出た。ひどい花粉症で免疫力が落ち続け、とうとう風邪を引いてしまったようだ。

 

とはいえ、一家を支える主夫たるもの、CMのように「今日は体調悪いのでお休み!」というわけにはいかないのであって、「早めのパブロン」ならぬ、「早めのEVE A錠」だとか「早めのアリナミンA」とか「早めの葛根湯」とかを次々に投入しているのだけれど、やはり「早め」に効くのは「パブロン」だけなんだろうか。一向によくならない。昨夜はさすがにキツくて、夕食後の片付けを家人に任せて午後8時過ぎには寝たほどだ(そして、鼻詰まりによる呼吸困難で午前2時に目が覚めてしまっているという…)。

 

余談だが、15年くらい前、仕事で竹下景子さんのCM撮影現場に立ち会ったことがある。特に変わった演出もない、ストレートな内容のものだったが、認知度や好感度が極めて高いCMで、長らくシリーズ化されていた。現場では竹下さんともお話させていただいた。テレビで見るままの、「ああこの人は本当にいい人だなあ」と素直にファンになってしまうような素敵な方だった。竹下さん自身の認知度や好感度が、そのままCMの数字に反映されていたのだと思う。家庭で日常的に使う商品というのは、「信頼できる人から、素直にオススメされる」ということが効果的なのだ、ということを学んだな。

 

そういう意味で、最近、「早めのパブロン」CMが、竹下さんから松嶋菜々子さんにバトンタッチしたのは、至極真っ当な戦略だと思う。確か「パブロン」は市販風邪薬(総合感冒薬)のジャンルで、「ルル」「コンタック」「ベンザブロック」などを抑えて、シェア1位だったと思う(違ってたらごめん)。これからも「効いたよね、早めのパブロン」は、盤石、なのかもしれない。

 

 

…なんてなことを書けるぐらいには、峠を越えた気がする。やっぱり呼吸はツライけれども。明日の朝は「効いたよね、早めの新エスタックイブ」と言いながら娘を抱擁しようと思う(パブロン飲めよ)。

↑ページの先頭へ

タニタ社員食堂 in 我が家

2011-10-04 (火)

WEB 主夫生活 家族家事家 身体 食・食材

話題の「タニタの社員食堂」レシピが、iPad、iPhoneのアプリになっている。これがすご〜く便利なのだ。しかも値段は書籍の半額(¥600)。

 

書籍と同じように定食のレシピが載っているのだけれど、アプリならではの検索機能が素晴らしい。単品メニューから、主菜+(副菜☓2)+汁物のセットを自在に組み合わせてオリジナル定食がつくれる。そしてこのオリジナル定食でも、カロリー計算をやり直してくれる上(実はカロリーはあまり気にしてないのだけれど)、材料の分量を1〜4人前ごとに表示してくれる。定食全体の「食材リスト」が表示できるので、買い物の際には「一覧」を見ながら家にないものだけを買い足していけば良い。

 

アプリとしての難点があるとすれば、食材からの検索機能がないこと。冷蔵庫でしなびつつある食材を拾い上げる機能があると申し分ない。早く「続・社員食堂」のアプリも発売されないかしらん。

 

 

もちろん味もキチンと美味しい。低カロリー云々より、味がいいことが重要。息子「美味しいし、食べたことがない料理ばかりで楽しい」家人「食材の種類が多いのがいい」など、家族からも高評価である。まあ、食材の種類が多いということは下ごしらえが大変ということでもあるけれど、それはそれですごく勉強になるしね。

 

ただ、これはぼく自身の問題なのだが、下ごしらえが多い分、どうしても調理に時間がかかる。4人前☓4品を仕上げるのにだいたい1時間半ぐらいかかってしまう。メニューによっては2時間近くになることも。夕方は、娘2号の機嫌が悪い時間帯なので、ずーっと台所に立っているとますます機嫌が悪くなる。どうしようもなくておんぶ紐を買ったけれど、おんぶ自体を嫌がるので結局あまり役に立たず。せめて料理に集中できれば、少しずつ段取りもよくなって時間も短縮できると思うのだが。

 

まあそんなこんなで、このアプリをヘビィに活用中。食材を多少変えたり、副菜を別メニューしたりというアレンジもしつつ、毎日我が家はタニタ社員食堂状態(夕食限定)。育児休暇が終わる頃には多少痩せているか(今のところ体重及び体型に全く変化なし)。

 

[09.28 wed]

・朝食:トースト、人参サラダ、ブロッコリー、ウインナー卵焼き、ヨーグルト、リンゴ。娘1号を学校へ。エコクリーンプラザへ粗大ごみ(三輪車)の廃棄。ついでに2号と「ほがらか湯」へ。勝手に温泉とかスーパー銭湯的なものを期待していたのでガッカリ。隣接する公園で開店を1時間待っただけに余計に。帰宅し、洗濯、掃除。昼飯:野菜たっぷりうどん。よく食う2号。市保健所にてポリオ予防接種(2回目)。12:25に会場に着いて、13:00には出れた(受付開始時間が13:00)。ふふん♪ 思いの外早く終わったのでイオンへ。お値段以上のタオルを購入。晩御飯の食材を買い足し。娘1号を迎えに。1号はとらねこ文庫へ。息子は本日解禁のサッカークラブへ。2号と遊びつつ誤魔化しつつ晩ご飯の準備。夕食:タニタレシピ+α。豆腐ハンバーグ、ウインナー&トマト&セロリの炒め煮、大根とツナのサラダ、椎茸の吸い物。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像