育休も半ばを過ぎて

2011-10-31 (月)

主夫生活 家族家事家 未分類

今日で10月も終わり。育休も半分終わり。

 

スタートしてしばらくは、仕事モードの頭のまま不慣れな家事をこなさなくてはならず、とてもギクシャクした毎日だった。思い描いていた育休生活と現実とのギャップに、何度か気持ち的に折れそうにもなった。娘2号の機嫌が悪かったのは、主たる依存先が母→父へ変わった事の「不安感」もあったんだろうが、ぼく自身がしっかりと彼女を全身で受け止める心構えができていなかったことも大きかったのかな、と今になって思う。ごめんよ。

 

まあそんな七転八倒な2ヶ月が経って、ようやく彼女との信頼関係ができ、家事にも慣れ(つか、家事はやっつけるものと悟り w)、精神的に落ち着いた日々になってきた。まあ、なんだかんだとやることがあってバタバタはしているけれど。

 

明日から後半戦だ。これからは息子や娘1号にも目配りをしていきたいな。小学4年の息子は、友達と遊びに出かけることも多くなってきつつあり、親とガッツリ遊べるのって、今ぐらいのタイミングが最後ぐらいかもしれない。サッカーごっこでもやるか。娘1号もね、頑張りどころだ。音声、音、音楽による情操的な刺激が大きく不足している分、強制的に「音」を入れたり、視覚からの学習で補わなくてはならない。一緒に本をいっぱい読んであげたり、いっぱい話を聞いてあげよう。

 

そして娘2号は、早くも自立に向けて「保育園慣れ」をしてもらう。だって11月はいろいろ仕事が入ってくるんだもの。 すまんすまん。

 

 

さて。今、「夜明けのパトロール/ドン・ウィンズロウ」を読んでいる。このサーファーの私立探偵を主人公にした冒険活劇のなかに、サーフィンを ”ライフスタイル” として取り入れようとする連中を非難した、次のような一節があった。

 

ライフスタイル — ”ライフ”と”スタイル”の両方を追い求めては、どちらも手に入らない。人生のスタイルーまるで、まがいものの人生だ。生きるべきものを生きず、そのかたちのみを無様に真似る。日々の中身をないがしろにして、うわべだけに恋い焦がれている。

 

うむ。まさに自分の事を指摘されたかのような痛い言葉だ。日々の中身。最近、よくこの言葉を噛み締めている。

 

↑ページの先頭へ

今日は街に繰り出せない理由

2011-10-29 (土)

未分類

今日の宮崎は「神武様」。そして同時開催の「街市」。さぞかし高千穂通〜橘通界隈は賑わっていることだろう。友人、知人らも多くこのイベントに関わっているので、激励も兼ねてぜひ応援に駆けつけたい…ところなのだが、主夫はそう簡単に動けない。

我が家は(家人の希望により)「食事は必ず家族揃って」という不文律がある。今日は家人が休日出勤(ちなみに明日も)。ゆえに朝は全員が通常通りに起床した(つまり、惰眠が貪れるのは「全員が休み」の日だけなのだ)。そうこうしていると、息子が「耳が痛い」と言い出し、見てみるとミミダレになっている。そういえば、木曜日のスイミングが終わったとき「今日、耳栓が取れた」と言っていた。「すぐにはめ直したのでダイジョウブ」とのことだったが、全然ダイジョウブぢゃないぢゃん。そして土曜日は娘1号のお稽古ごとがある。うーん。忙しくなるぞ。

 

つーことで、朝食食べながらスケジュールを立て直し。

1)お父さんはこれから急いで洗い物+洗濯+娘2号の着替え

2)息子は歩いて耳鼻科へ予約を取りに行く

3)その間に娘1号はピアノの練習(今週はサボりがちで出来てない)

4)耳鼻科で息子と合流。せっかくなので鼻水が出ている娘1号、2号も診てもらう。

5)息子は歩いて帰宅。宿題。シューズ洗い。終わったら遊んでよし。

6)娘1号は、音楽教室 → ピアノ教室

 

朝飯から7時間経過してすっかり機嫌が悪くなった娘2号のために、育休初のファスト!フード、モスバーガーを購入して帰宅。手づかみでワシワシと食べる1号、2号。朝から動きっぱなしでお腹がいっぱいになった娘らは、食事後、次々に撃沈し昼寝タイム…なのであった。ちなみに、息子は昼前にジジから「ママ(ババ)さんコーラスを聴きに行こう」と誘われて出かけて行ったらしい。

 

2号に添い寝をして小1時間ほどウトウトしてしまって、さきほど起床した主夫。そして今、午後4時半。晩ご飯の準備がまだ何もできない。つか、買い出しに行かないと野菜も肉もあまりない。あ。コーヒー豆も切れてた。洗濯物も取り込まなきゃ(その前に乾いているかな)。

 

というわけで、今日は街に繰り出せそうもないっス。

↑ページの先頭へ

主夫疲れ…初日から

2011-09-01 (木)

未分類

なんだか1日中、何らかの家事・育児をしていた。

 

ほっと一息つけたのは、娘1号が水泳教室で泳いでいて、娘2号が見学通路のなかをはいはいでウロウロしていた小1時間の間くらいである。詳しくは下記参照(一部の方から関心が高いようなので、初日だけは詳細に記録してる)。あと、つくった食事を写真にとってみた。まあ、少しずつ頑張るしかない。

 

ああそれにしても、まだ22時なのに超眠い。寝る。

 

[09.01 thu]

・3時起床。4時過ぎまでネット徘徊とかブログ更新とか。レシピ本見ながら今日の献立を考える。5時過ぎから朝食の準備。写真以外に珈琲、ヨーグルト、みかん。ハナを学校へ。戻る途中の車でリンコが寝た。洗濯物を干したあと「契約書類の整理」を始める。書類を大テーブルに広げまくったところでリンコお目覚め。機嫌悪し。どうにもならないので外へお出かけ。「コスモス薬品」にてケータツのお尻用ガーゼ等を購入。文化公園へ。40分ほど園内を散歩。暑いせいか人がほとんどいない。鳩を見つけては「わんわん!」と。「Foodaly」にて買い出し。帰宅途中でまたリンコが寝る。この隙に「契約書類の整理」を引き続き。目覚めたところで昼飯。おぼろうどんとリンゴ。1人前をリンコと分けて食べる。掃除(2Fのみ)。再び車でおでかけ。「ソレイユ保育園」へ行き、年内の一時保育と来年1月での入所を依頼。枠がないらしく厳しいかも。ハナをお迎え。同級生や上級生が赤ちゃんを触りたくて囲む。人気者。郵便局から「アサヒ軽金属」製のフライパンを工場へ発送。焦げ付きがひどかったので再加工依頼。数週間後は新品のようになって帰ってくる。今日からハナは「ルネサンス」で水泳教室。まだまだヘタ過ぎるがこれからこれから。リンコはそこいらへんをはいはいしまくり。通行者の邪魔だよ。ケータツの水泳教室を10月から開始に変更手続。帰宅してみると洗濯物はちゃんと畳まれていた。宿題と手伝いを終わらせてから遊びに行ったらしい。さすがケータツ。夕食の準備。大事な材料が欠けていることに気が付き、急遽、ブリの照焼を生姜焼きに変更。あたた。浄水器の出が悪くなったので交換用カートリッジを発注。

↑ページの先頭へ

愚息の成長

2011-08-01 (月)

家族家事家 未分類

先週1週間、長男・ケータツが6泊7日の五ヶ瀬川子ども探検キャンプ(いわゆる野生児合宿 w)に行ってきた。スケジュールはこんな感じ。

 

1日目 開会式 ウエルカムパーティー
2日目 五ヶ瀬川の源流部、白滝をリバートレッキング
3日目 五ヶ瀬川の上流部五ヶ瀬町鞍岡でチュービング&川の安全教室
4日目 五ヶ瀬川の上流部山都町蘇陽峡でレスキュー練習、カヌーツーリング
5日目 北川町小川源流部から2泊3日のカヌーツーリング&キャンプ
6日目 小川カヌーツーリング&キャンプ
7日目 カヌーツーリング。閉会式。

 

参加者は、小学校4〜6年生の子ども13人+大人(スタッフ)10人くらい。マンツーマンに近い人数で、どっぶりとアウトドアライフを満喫してきた。毎日メシの材料を買い出しに行き、火をおこして調理をし、片付けをし、合間に遊び、学び、集団生活を送る。なかなか希有な体験だったろう。

 

ケータツは、たっぷりと日焼けし、体中に擦過傷(子どもの勲章)を負い、ずいぶんたくましくなった。いかにチュービングが楽しかったか、2mぐらいの崖から川に飛び込むのがいかに怖かったか、カヌーを漕ぐのがいかに難しかったかを、得々と語ってくれた。

 

まあ、その話自体は楽しいのだけれど、息子の話がぜんぶ関西弁なのには参った。仲良くなったスタッフさんからうつったみたいなんだけど、我が子の関西弁って、どうにも居心地が悪い。聞いていて気持ち悪い。むー。勘弁してー。

 

[08.01 mon]

・商工会議所F女史から宮宮案件。双方にとてもいい話だと思うけれど相手がどう思うか。委託業務審査。金曜日の収録準備。評価委員会2回目。

↑ページの先頭へ

楽天との怪しい関係(笑)

2011-07-30 (土)

仕事 未分類

昨日は「県産牛・豚肉のあり方を考える意見交換会」が開催された。事前に事務局から「eコマースに詳しい方を紹介して欲しい」という話があり、お友達(?)である楽天市場の黒坂執行役員を推薦した。そんな流れもあって、ぼくも会議に同席することになった。(余談:会場に行ってみたら、事務局席ではなく部長とか局長とかと並びの席に座らされた。無茶するなあ w)

さて。宮崎には長年の積み上げで確立してきた「宮崎牛」「宮崎ハマユウポーク」というブランドがある。今回の会議では対象になっていないが、鶏肉にも「みやざき地頭鶏」がある。そしてそれら基幹ブランドを軸として組み立てられているのが本県畜産業だ。
口蹄疫という厄災から復興途上にある宮崎県にとって、この特定ブランドを基軸とする方法論について、今一度立ち止まって根本から見直してみるというのはとても重要なことだと思う。現状をしっかり分析し、自分たちの立ち位置、向かうべき方向性を再確認する。第1回目となった今回の会議は、そのスタートを切ったという意味でとても意義深いものになったんじゃないかな。
意義深いと深いといえば、会議後に設定した楽天・黒坂女史と関係課との意見交換会や、夜の会も、宮崎の将来に繋がるいい会合になった。楽天市場を一企業のビジネスと捉えるのではなく、社会基盤として捉えることで見えてくる「新しい関係性」。幹部も含めた関係者の間で、その認識が共有できた、気がする。
それにしても。黒坂女史ってかなり面白い人だわ。かれこれ3年近くお付き合いしてきているが、毎回、いろんな発見がある。マーケティング分析の鋭い論考を語ったかと思えば、震災対応へ情熱的に取り組み、ときにはドブ板的な営業もこなす。畜産課のKさんは「止まったら死んでしまうサメのような人」とか言ってた。
まあ、上司には持ちたくないけど(だって怖いもの w)、仕事を離れても友人でいたい人。黒坂女史がいる限り、楽天との宮崎県との怪しい関係は続くのかもしれない。ちなみに、かなり古いデータだけれど、黒坂さんてこんな人ビル・ゲイツの友達の友達 w。

↑ページの先頭へ

やりっぱなしにならないように…

2011-05-12 (木)

未分類

仕事柄、いろんなプロジェクトに首を突っ込んでいる。
県庁内の関係部局、県内自治体・団体、そして民間企業のものなど。数えたわけではないが、企画のタネ段階のものまで含めると、ざっくり30〜40ぐらいはあるんじゃないかと思う。いや、もっとか。
自分がプロデューサー的な立場の案件は、当然、進行状況を管理している。これがアドバイザー的な立ち位置の案件だと、ついつい放置してしまいがちだ。担当者から途中経過の報告がないとすっかり忘れてしまったりもする。
今日も飲み会の席で、いつの間にか某案件が3つぐらいに増殖していると知ってビックリした(増えただけで中身が詰まっていないのが困りどころ)。別の案件では担当者から「あれどうなりました?」と聞かれた(お前が知らなきゃぼくが知るわけないやん!)。ぬー。
農・畜・林・水産物、加工食品、酒類、観光・交通、木材などなど、県外プロモーションのジャンルは広いし、関係者も多い。何が企画として成長し、何がボツとなり、どこが課題で、どういう解決をみたか。日々の浮き沈み?を記録し、今後の資料となるようなデータベースをつくらなくてはならないと思っている。思ってはいるんだがなあ…。

[memo]

・日程ビッチリだなあ。I社との打合せ(包括協定、Wカードの件)。県外事務所との打合せ会。福岡。東京。補正予算知事説明。合間にフェイスマスクの件を内部で。
・懇親会。「木綿屋」。2次会へは行かず。

↑ページの先頭へ

再び少女時代にはまる

2011-04-07 (木)

未分類

少女時代って飽きれるほどにステキだなあ。
空耳ビデオ(爆笑)を発見したら、原曲「HOOT!」のPVにはまってしまった。まだyoutubeに出てないけど「Run Devil Run」の日本語版も魅力的。音楽…というよりやはりこれはダンスの勝利だろう。9人の美少女をなんとも効果的に見せている。
NHKの「トップランナー」(最終回)に出ていた児玉裕一監督に撮らせてみたい。

[memo]

・事業組み替え資料、農業大学校案件、宣伝会議コメント作成。

↑ページの先頭へ

インフル1日目〜内示の日に

2011-03-18 (金)

未分類

午前中、膝関節に痛みを感じて「あれ?風邪ひいたかなー」と思ったのが発端だった。
今日は大事な内示day。徐々に体調が悪くなりつつ、内示を待つ。ようやく11時頃に呼ばれ、内示を受ける(結局、横滑り内示だった。感謝。)。弁当を頼んでいたのでそれを食べてから午後年休を取って帰宅。途中で栄養ドリンクと風邪薬を買って帰り、飲んで寝たのだった。
寝る前の体温は37.4℃。普通はこの程度でなんとかおさまるのだが、夜になって熱が一気に8℃台へ上昇。普段「痛い辛い」を我慢しないことを「最善の予防策」としているぼくにとって、7℃台の後半以上は、あまり経験してないゾーンである。
花粉症が一番ひどい時期で、ただでさえ意識は朦朧としているぐらいなのに、頭痛、喉の痛み、肘や膝の関節痛、腰痛などで、自分をコントロールできない状態(ま、はたでみている分にはベッドで呻いているだけなんだろうけど)。時間の経過が遅く感じ、時計を見ては、「やっと1時間…」とか「まだ30分…」と思いながら、長い長い夜を過ごすことになった。
で、そのツライ最中に意識が混濁しながら考えていたのは不思議と仕事のことだったという(笑)。いつから仕事人間になったのだ。

↑ページの先頭へ

漫画「鋼の錬金術師」

2011-02-11 (金)

未分類

10代〜20代にかけて、あれほど読み散らかしていた漫画も、30代の頃にほとんど読まなくなってしまった。結婚、子育て…という環境の変化が、次第次第に、日々の気持ち的な余裕をなくさせてしまったのだろうか。漫画を読まなくても生きてはいける。No life, No Manga …というほど、絶対的なものではない。ぼくにとっては。それでも、読んでおいた方がよい漫画というものは間違いなく存在する。「鋼の錬金術師」もそんな作品のひとつだった。よかった読めて。
今さらではあるが、この作品の魅力は実に多彩だ。壮大な世界観、哲学的なテーマ、そしてそれらにリアリティを持たせる人物の描き込みと絵柄。小説でいうところの小野不由美的な美しさもある。日本のファンタジーってレベルが高いんだなあ。
作者の荒川弘(あらかわひろむ)は女性だとう。「モテキ」の久保ミツロウでも思ったが、作風で男女の区別がつきにくい時代になったなあ。
51ESqK7ToEL._SL500_AA300_.jpg

[memo]

・ダメダメな日。2日酔がひどい。7時にひどい頭痛で目が覚める。頭痛薬を飲んで寝る。次に目が覚めたら12時過ぎ。昼飯を食って、そのままダウン。次に起きたら17時。時間の無駄遣い。
・夕食後、録画していた「家族に乾杯 宮崎市後編」を見て、漫画読み。「岳」3-5、「北斗の拳」24-27。

↑ページの先頭へ

ほぼ日手帳

2010-11-28 (日)

未分類

何年前だろう。以前、1度だけ「ほぼ日手帳」を使ったことがあった。確か第1弾のヤツだった。当時「ほぼ日」の熱心な読者であったぼくは、すっかり糸井重里の口車に乗って、1冊買い求めた。たいして忙しくもなかったぼくは、でかくて分厚いばかりの手帳をまったくもって使いこなせず、早々にギブアップしたものだった。

その後、卓上カレンダー(手帳が不要なぐらいヒマだった)やら、県民手帳(宮崎県にはそういう手帳がある)やらを経て、ここ数年は高橋の「リシェル」のバーティカルタイプで落ち着いていた。
しかし、ここにきて、どうにも忙しくなってきたのである。仕事のスケジュールに加え、子供らのスケジュール、プライベートでの活動スケジュールなど、毎日、それなりのタスクをこなさなくてはいけない。さらには、ますます信仰する若年性健忘症(若年性?)のせいで、ひとつひとつのことをしっかりメモしていかないと、脳みそが追いつかなくなってきた。
「リシェル」は、スケジュール管理までは十分でも、日常のメモにはスペースが足りない。別ノートやら付箋やらで対処してみたものの、使ってみると、どうにもしっくりこない。できれば常に持ち歩くオールインワンの1冊が欲しい。そんなこんなで悩んでいるうち、ふと「ほぼ日手帳」のことを思い出したのである。
ああ。今のぼくに欲しい機能が入っている。でもなあ。ほほ日手帳か。そういう人になったのか。とりあえず、利便性でも1回使ってみる。
[memo]
・朝寝坊。昨日のrunが身体にこたえたらしい。9:00起床。
・「聴覚障害研修会」へ出席。講師は筑波技術大学・大杉豊准教授。
・買物など。
・「心の糸」★★★。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像