「みやがる」の定義を変えろ!

2012-03-18 (日)

余談

以前、イタリアンシェフの川越達也さんと打合せをした際、「宮崎の人を信用できないところがある」という話があった。単身、東京へ出て、孤独に戦い、ようやく自分の店を持って、メディア等にも取り上げられた頃に帰省して、地元の仲間と飲んだとき、言われた言葉が「お前は昔から「みやがり」やったからなあ」だったそうだ。

 

※「みやがって」…得意になって。威張って。(新・宮崎市方言辞典より)

 

この方言辞典ではやわらかい表現で書いてあるが、「みやがる」というのは、もっとネガディブな意味がある。「調子にのっている」「いい気になっている」「生意気な」というニュアンスだ。小学校で「あいつ、みやがっちょる!」と言われた日には、即イジメの対象だ。

 

川越シェフのショックと落胆は相当なものであっただろう。ようやく「故郷に錦を飾った」つもりでいたのに、歓迎されるどころか非難の眼差しを浴びるなんて。こういう成功者?の足を引っ張る田舎者気質というか、出る杭を打つ体質というのは、確かに「宮崎人」には顕著な特徴なのかもしれない。

 

そこで川越シェフには「今の宮崎は変わりつつある」という話をした。世間からの厳しい視線を飄々とスルーし、強い信念を持ち、前に向かい、どんどん「みやがっている」人も増えている、と。他者に依存せず、自らができることで社会を動かそうとする人たち、宮崎をよくしていこうという人たちだ。

 

何かというと「文句を言う」ことしかできない人とはレベルが違う。出すぎる杭は「打てない」。とても力強い。しかもそういう「自ら行動できる人」が若い世代から強い支持を受けている。実名で自分の意志を表明するメディア・facebookの登場も、この流れを大きく後押ししているように思う。とてもいい流れだと思っているし、ぼく自身も、「そっちの流れ」に身を置きたいと思う。

 

そう話すと、少しは川越シェフも安堵した様子になり、「だといいですね。」と笑顔になった。そのうち、「みやがる」の定義が、「発想力、行動力が飛び抜けていること」という風に変わると、宮崎はもっと明るくパワフルな土地になると思う。宮崎から「みやがって」外に出ていった人も、地元に居座って「みやがり」続けている人も、みんなその世界のスターになればよい。

 

みんな、もっとみやがれ!

 

 

↓元祖・みやがり的な存在かも(30周年!のこのアルバムが待ち遠しい…)

 

 

[12.03.13]

・常任委員会。午後2時スタートで4時半終了。翌日に持ち越さずよかった。

・TM議員との懇談。「釜焼き鳥 嬉音」。2次会のスナックまで。

・求評会の懇談会へ途中から参加。英輝さん、中原シェフ、理恵ちゃん、高峰ちゃんなどと。「ぐんけい隠蔵」。

[12.03.14]

・資料の整理。

・今週は家人が忙しいので娘2号のお迎えを。夕食に「続・タニタ食堂」レシピ。これも旨いね。

・「チェイサー」★★★★。2回目。やはりエグいなあ。エグい映画いいなあ。

[12.03.15]

・資料の整理。夕食は家人の作りおいたハヤシライスと、ぼくのスペシャルサラダで。

・「最後から二番目の恋」。残りあと1話。

[12.03.16]

・かぁくん3号の色決めなど。「ゆるみやP」の件で総務部長などと。議会資料の整理がようやく終了。

[12.03.17]

・息子の耳鼻科(様子の確認と1月分の薬)、ブラザー理容(染)、「カプリチョーザ」でランチ。

・「はなちゃんの味噌汁(文藝春秋)」。なんというか星をつけるような本ではないね。ひとつの家族の物語。理解できるところも、理解しづらいところもあるけれど、ある家族の物語として深く胸に染み入るものがある。はなちゃん頑張れ。

[12.03.18]

・掃除洗濯、娘2号の相手。

↑ページの先頭へ

弟子であるヨロコビ

2012-02-28 (火)

余談 友人知人

こんな弱小サイトでも、10年も続けていると温かく見守ってくれる読者もいたりする。そんな希少かつ最古参の読者の一人であるHOSO氏と、大阪出張の合間に「はじめての飲み会」に行ってきた。40歳を越えた”ナイスミドル”同士、どんな飲み会になるかワクワクしていたのだが、これが実に楽しい時間だった。

 

神戸出身であるHOSO氏が段取りしてくれたのは、新長田にあるお好み焼き「ひろちゃん」。関西風お好み焼きと言えば、具だくさん、ソースの上にマヨネーズがたっぷりかかって、かつお節がひらひらと踊っている、というイメージだったが、” 関西風 “も様々なのね。そばめしでも有名な長田地区では、ぼっかけ(すじ肉の煮込み)がメインで、マヨネーズはそもそも机の上に置いてない。とん平焼きというのも初めて食べた。コナモン文化、奥が深いなあ。旨いなあ。←B級好き

 

そのお好み焼きを食べながらHOSO氏「今日は時間あります? よかったら、このあと某BARへ行きませんか。一度行きたかったんです。」と。おお。某BARといえば、二人の共通の師匠であるS氏が長年通っていることでマニアックに有名な店。行こう行こう、ということになり、さっそく師匠へFBで「これから行ってきます」とメッセージを入れる。と、即座に師匠から「日曜日は休み。荒らされなくてよかった。」と返事があった。しかし、緻密な段取りマンであるHOSO氏曰く「いや、定休日は水曜日のハズ。マスターも『おでんを仕込んでいる』とつぶやいてました」。すごいなそのリサーチ力 w

 

電話して開いていることを確認して、某BARへ移動。店を見つけた時には、二人してiPhoneを取り出して、看板の写真を撮りまくり。店の中では、師匠のボトルも撮りまくり。終いにはそのボトルを勝手に飲み始める悪い弟子たち(嘘。優しい師匠が飲めと言ってくれますた)。ここまでいくと、ペ・ヨンジュンの生家を見に、韓国まで出かけていく追っかけおばさんレベル。相当タチの悪いナイスミドルなのである。

 

とはいえ。まったく境遇の違う2人が、師匠を同じくするということで、こうやってリアルに会う。もう神戸とか宮崎とか関係ない。そして、師匠を酒の肴に、師匠の酒を飲む至福といったらない。弟子であるヨロコビを共有できるヨロコビなのだ。…なんてなことをFBに書いたら、師匠から「いいね!」ならぬ「いくないね!」との返事 www

 
それにしても某BAR。さすが敬愛する師匠が愛しているだけあって、その佇まいといい、マスターのお人柄といい、なんとも心地よい空間だった。歩いていける近所に欲しいなあ。HOSO氏はこれから足繁く通うらしいので、次回はHOSO氏のボトルで飲む w

 

 

 

[12.02.25]

・ビズのK嬢をピックアップして都城へ。「広島vsソフトバンク」オープン戦へ。むぅちゃんのアテンド。寒い。

・途中で切り上げて宮崎へ戻り、宮崎空港から伊丹へ。空港で久々に「ガンジスカレー」食った。DNAレベルで旨い。

・空港バスの連絡がうまく行ったので、急遽梅田ガーデンシネマへ。レイトショーで「宇宙人ポール」★★★★★。過去見たバカ映画の中で、最高レベルに面白かった。SFネタが随所に散りばめられている面白さもさることながら(全部拾えてないだろうなあ)、実はとてもオーソドックスというかストレートな面白さもある。死ぬまでにあと10回は見る。

[12.02.26]

・6時起床。応援団交流会。「南海グリル」。司会役。熱い語りやら、飛び入り参加やらで、予定時間を1時間オーバー。

・HOSOさんと新長田。鉄人!を見学したあと「お好み焼き ひろちゃん」。とん平焼、すじ焼+シソ、そばめしなど初体験ばかり。旨し。
・聖地「バーンズ」へ。マスターが素晴らしい。師匠とFBでやり取りしつつ「オールドグランダッド」を無理矢理ゴチになる。

・そんなこんなで楽しい夜を過ごした為に、梅田で終電終了。江坂までタクシー(泣)。しかもホテルの部屋が過去最高に狭過ぎるの巻。

[12.02.27]

・朝5時起床。6時ホテル発。7時空港着。8時発。9時着。M「アッパレみやざき」に「ゆるみや」が。議会対応。OJの対応。
・娘1号が風邪で休み。定時退社で久々に家族とゆっくり。

↑ページの先頭へ

慌ただしいまま日々が

2012-02-09 (木)

余談 未分類

日々が過ぎていくのです。何か大きなものが抜け落ちているような気もしつつ、とりあえず2週間もため込んだ日々のメモを。

 

[12.01.26]

・本館前庭にて西日本マラソン用CM撮影。

[12.01.27]

・東京用知事レク。

[12.01.28]

・観光周遊バスの進発式。3匹揃って。ケータツとリンコ連れて。シール貰った。「KFC」。

[12.01.29]

・朝便で東京。「六厘舎」。明治大学。会場設営。「東京交流会」。司会。神田駅前の串家で打ち上げ。

[12.01.30]

・各社訪問。鉄道会館。楽天。東急ストア大森。広尾T氏見舞。T代官山。犬映画関係のみなさまと。

[12.01.31]

・「おくのうどん」。ソフトバンクパレード。秋山監督係。

・「サトリ/ドン・ウインズロウ」★★★★。トレヴェニアンの名作「シブミ」の続編というか前日譚をあのドン・ウィンズロウが。もうそれだけで垂涎。タイトルにあるように日本が重要な舞台のひとつであり、また表層だけでなく、かなり深い部分まで理解した上でのエンターテイメントになっている。ある人物の描き方が好みでない1点を除いて(そこは「シブミ」を踏襲して欲しかったところ)、とても素晴らしく十分に楽しめた。

[12.02.01]

・地頭鶏協議会打合せ。M女史、「スーパーニュース」クルーと。「豚足ライダー」

[12.02.02]

・むぅちゃん用チアガール到着。

・「体制維新−大阪都/橋本徹、堺屋太一(文春新書)」★★★★。面白い。論理が明快。軋轢を生むことを厭わないのが面白い。時代に求められたリーダー像かも。

[12.02.03]

・朝の便で東京。楽天新春カンファレンス。かなりディープな討議。岩手、茨木、山梨、岐阜、宮崎連合で。懇親会。大森泊。

[12.02.04]

・朝の便で宮崎。空港で大杉蓮発見。「豊吉うどん」。イチ君夫婦にばったり。イオンで家族と合流。家人は仕事へ。図書館で上の2人はアニマシオンへ。自宅に戻って片付けとか。1日遅れの節分。

[12.02.05]

・家人朝から仕事。掃除や珈琲の買い出しなど。昼飯に超具だくさん焼きそば。なぜか麺がモチモチに。

[12.02.06]

・「ありきたりじゃない新・外食/米山久(商業界)」★★★★★。いい意味で「のし上がってきた」人の言葉には説得力がある。しかも熱い。感動。

[12.02.07]

・宮崎→福岡。機内に博多華丸発見。FJにて打合せ。イムズ視察。「東京純豆腐」でランチ。会場入りして準備。西鉄グランドH「交流会福岡」。

・「見えてる人になるたった一つの法則/セス・ゴーディン(実業之日本社)」★★。精神論に終始。もう一捻り欲しい。
・「日産 驚異の会議/漆原次郎(東洋経済新報社)」★★★★。 素晴らしい会議ノウハウ。これはうちの県でも即刻導入すべし。かなり強力なツールになる。

[12.02.08]

・朝、福岡→宮崎。みやざきアピル隊のプレゼン。葛飾総合高校のプレゼン。
・「ゆるく考えよう/ちきりん(イースト・プレス)」★★★。普通に楽しく読めた。日本はアジアのイタリアに、という指摘が面白い。

↑ページの先頭へ

書くことはアーカイブすること

2012-01-23 (月)

余談

最近、このブログが書けないでいた。以前は、仕事以外の「自分の気持ちの出しよう」がブログしかなかったので、その日の思いを適当に書いてた。つか、書き捨てていた。Facebookを使い始めてから、近況を投稿したり、他人の投稿にコメントしたりすると、自分の中の何かが吐き出されて満足してしまうようになった。たまにブログを書こうとはするのだけれど、「あらたまって」感が強くて、なんだか書き出せないのだった。

 

「そのときの自分」というのは、そのときどきでアーカイブしないと消えていく。写真や動画で「絵としての自分」は残せても、「思い」はうまく残らない(優れた写真はまた別なんだろうけど)。その点、ブログというのはアーカイブ性が高い。「思い」を文章に置き換えることで、ひとつのカタチにして残すことができる。

 

先週は、いろいろ「思う」ことがあったのにも関わらずブログを書かなかったが為に、ぼんやりとした記憶の彼方へ消えていこうとしている。もったいないな。せめて1日1回、ブログを書きながら「青い鳥」を見つけるためのパン屑を置いていかなくちゃ。ということで、1週間分をアーカイブ。

 

ところで、さとなお師匠がMIT石井裕先生と会食中ということで、検索してみたら、こんなことを研究している人だった。いわゆるハイパーメディアクリエーター<違う w

 

そういえば「仕事の流儀」でものすごい早口で喋るのを見た。二倍の努力で三倍の成果を出すらしい。すごい人だ。

 

 

[12.01.23]

・みやざき大使・日高舞さんが知事へ引退の報告。アテンド。「楽天」アンケート回答。「みやざき犬」使用要項(案)作成。「みやビズ」知事レク。

・娘2号迎え。保育園に慣れてきたけど、まだ「喋る」ほどにはリラックスしてないらしい。

・風呂で「イチローの6年生の作文」について息子と語る。

[12.01.22]

・娘2号の相手を終日。その合間に「笑ってはいけない空港」をようやく見終わる。

[12.01.21]

・家の片付けなど。「満所茶屋」でランチ。久々にキッチンへ。タニタ定食。

[12.01.20]

・娘1号が弱っているので午前中年休。午後から仕事。KM佐藤。

[12.01.19]

・防災訓練。河野シェフ、中原シェフら知事表敬。アテンド。娘1号が発熱。学校に行った時点で嘔吐。家庭内感染。2時間ほどでババと交替して仕事へ。trico壮行会。「空」。

[12.01.18]

・娘2号が朝、泣かずに登園。予算知事ヒア。キグルミ案件多々。22:00。

[12.01.17]

・R社来訪。農水省案件について提案を受ける。午後時間休で息子の参観日。音楽。

[12.01.16]

・ 進行状況を確認したくてもみんなバタバタ過ぎ。

 

↑ページの先頭へ

今日からお仲間

2011-09-06 (火)

主夫生活 余談 家族家事家

今日は娘1号の参観日だった。授業参観後のクラス懇談会の場で、担任の先生からこう紹介された「今日からお仲間になるハナちゃんのお父さんです」。これまでも参観日に来たことあるし、学校活動にも協力してきた。担任の先生とも何度もお話している。それなのに、今頃になって「お仲間」って言い方は変じゃないか? 唯一人、父親が参加したからと言って、女性だけで固まって高みからものを言うのはおかしくないか?

 

…とは全然思わなかった。素直に「はい。今日からお仲間に入れてください」と深く頭を垂れる稲穂的心境だったのだ。

 

今日は朝から娘2号の機嫌が悪くて往生していた。授業参観はなんとか騙し騙しでやり過ごしたものの、懇談が始まる直前にはヒンヒンと泣き始めてしまった。すると、先生が「喉が渇いてるのでは?」とお茶持ってきてくださって、とたんに機嫌が直った(水筒を車の中に忘れてきてしまっていたのだ)。懇談が始まってからしばらくすると、再び体をくねらせて愚図り始めた娘2号。すると、隣の席のお母さんがひょいと飴玉を取り出し「袋をクシュクシュしたら楽しいよ」と渡してくれて、それでしばらく気がそれた。いやホント、世のお母さんたちってすごい。これまで保護者面してすまんかった!お父さん大反省の巻!という気分なのである。

 

いやもうホントに毎日反省ばかりなのである。たとえば「お出かけバック」。世のお母さんたちは、赤ちゃんを抱っこしつつ、脇に大きな「お出かけバック」を持ち歩いている、のは知っていた。家人もそうだったからね。で、出先でおしっこ漏らして初めて「替えオムツ」の必要性を痛感したり(ほんのちょっとの間だけだから…という考えは甘いのだった)、オムツから染み出して服までびっちょり濡れて初めて「着替え」は常に持ち歩かなきゃと再確認したり、その濡れしぼる布オムツを手にして初めて「ビニール袋」の重要性に気がついたりするのだった。いやビニール袋ないと、どこにも置くことができなくて立ち往生する。

 

だからもう毎日「お出かけバック」の中身が充実化し、巨大化していくのだった。今日の反省を受けて、明日から水筒とオヤツ、手遊び用のオモチャも追加だ。あ、あと参観時には「抱っこ紐」もないと腕が死ぬ。

 

ということで、今日からお仲間にお願いします。

 

 

 

[09.06 tue]

・またもや深夜にギャン泣き。うー。寝かせてくれ。毎朝起きるのがとても辛い。疲れが取れない。ううう。朝食:トースト、小松菜、チーズ玉子焼き、トマト、ヨーグルト、葡萄(ゴルビー)。1号を学校へ。帰り道、文化公園へ寄る。涼しくて気持ちがいい。なのに2号は機嫌がよくない。抱っこしてればよいのだけれど。帰宅して寝かせて、洗濯と本棚の片付け。目覚めたところであやしつつ夕食の献立を考える。昼食:とんこつラーメン(インスタント)。シャワーを浴びたところでS君が来訪。ああ、今日だったのか。ちょっとだけ雑談して次回に延期。保育園で一時保育の手続き。1号の学校へ行き、授業参観、クラス懇談。授業は「国語」。私の考えた発明品、という発表。赤ちゃんが歩けるクツという発想が1号らしい。2号の機嫌が悪く、参観も懇談も中途半端な感じに。Foodalyにて食材を購入し帰宅。夕食:鶏肉ソテーおくらのソースがけ、野菜たっぷりトマトスープ。

・夜に頑張って「Ricky」★★。不思議なテイストの映画。そもそも恋愛ものなのか、ホラーなのか、というジャンルすら理解しないまま見たので、良くも悪くも心の準備もできず。良さがあまりわからないのかも。

↑ページの先頭へ

繋がることを休んでみる

2011-08-29 (月)

WEB 余談

今日の夕方からジャーナリスト・佐々木俊尚さんのTwitterが面白い。普段はスルーするようなネガティブリプライにあえて反論を書かれていて、佐々木さんのちょっとした決意というか覚悟を垣間見た気がする。結局のところ、佐々木さんが一番言いたいのはこれなんだろうな。

 

ここに来て、以前私が言っていた「マスコミvsネット」論は撤回し、今後は「当事者性vsないものねだり論者」の新しい対立軸の論考へと移行することを宣言したいと思っています。

 

「当事者性」の対語が、「ないものねだり論者」なのは意見がわかれる点かもしれないけれど、要は「当事者性がひどく欠如していて、揚げ足取りだったり、極端な原理原則論や理想論を掲げたりする人」のことだ。この「ないものねだり論者」は、一部(大多数?)のバラエティ化が進むマスコミだったり、ネットで他人に対して平気で「クソ」とか「死ね」とか書けるメンタリティを持った人たちが中核をなしている(んだと思う)。

 

この「ないものねだり論者」が困るのは、ちっとも議論にならないことだ。相手の話を聞かない。理解しようとしない。自分の考えだけが正しいと思っているので、建設的な意見交換に至らない。「モンスターペアレンツ」や「クレーマー」と根は同質だ。佐々木さんは「モンスターマスコミ」「モンスターピープル」とも名付けている。この当事者意識のない「ないものねだり論者」は何かと「声が大きい」という印象があるけれど、そんな人々にかまけていては何の問題解決にもならない。だから、今後の政策決定のプロセスは、この「ないものねだり論者」をスルーする方向で、という指摘はとても重要だなあ。衆愚やファッショに陥らないというのが前提だけれども。いや、実はそれが最も困難な道だけれども。

 

…なんてなことをぼんやりとした頭で考えつつ、いよいよ育休に入るのを契機に、「あちらこちらと繋がる」ことを休んでみようかとも思ったりした。当事者性って、「あちらこちらと繋が」りつつ、いろんな意見を広く深く咀嚼できる能力やら努力やらが必要だけれども、なにせこちとら育休メンであるからして、そもそも自分の中の、仕事とか社会とかの優先順位を大きくダウンさせようと思っているのだ。たった4ヶ月ぐらい社会と断絶したっていいじゃないか。ねえ?(…って誰に言っているのだろう)。

 

[08.29 mon]

・朝一便で大阪へ。OJとの打合せ。weeeek案件、交流会案件、下期スケジュール、来年度予算など。大阪はやらなくちゃいけないこと多いなあ。経済連大阪事務所へ挨拶。

・ランチ「インディアンカレー」。夕食「和楽路屋」でたこ焼き。「神戸屋」のパン各種。

↑ページの先頭へ

そろそろ…

2011-07-26 (火)

余談

ちゃんとしていこう。
[07.20 wed]
・常任委員会。オールみやざき営業チーム報告。キャラクターについてもイオンについても質問多々。原則応援ムード。WAONについてSS課から経過報告。
・暴言例会。新人アクアとベジ入会。ライスドライは体調不良でドタキャン。うーむ。2次会のみ参加の蛍と黒と紫と菜。「TIME」。
[07.21 thu]
・企画コンペ説明会。
[07.22 fri]
・しこしこ資料づくり。旅行準備。

[07.23 sat]

・午前10時出発。漫画をTSUTAYAに返却し、西インター経由高鍋。さらに10号を北上。ランチは門川の「天領うどん」。門川インターから舞野インター。「むかばき少年自然の家」。
・ことばを育てる親の会夏キャンプ。第2の沢まで登山。抱っこ紐では凛子が重い。キャンプファイアー。
[07.24 sun]
・朝食後10時出発。日之影・石垣の村を経由して五ヶ瀬。
・自然学校でウェルカムパーティ。BBQ。不安そうなケイタツ。テンション低め。頑張れ。
・物産館、五ヶ瀬ワイナリー経由で農家民泊「ますがた」。素朴でめっちゃうまいロールケーキとか、煮しめとか。もっと食べたいのに胃袋が。莉乃、和哉、龍哉3兄弟おもろ。
[07.25 mon]
・代休。朝食後出発。
・高千穂「そよ風工房」。凛子の機嫌が悪いので面倒みる役。テレビで映画「ブレーキ・ダウン」をやっていたけど、不機嫌で見終えず。
・パンを焼いてる間、近くの親水公園へ。水が冷たくて気持ちい。凛子は大泣き。
・ピザを食べながら、佐藤さんと雑談。ドライ金柑も購入。
・天の岩戸神社>がまだせ市場(期待ハズレ)>支庁(せっちゃん)>宮部精肉店(特ホル)>五ヶ瀬役場(みたりん)>帰路。16:00五ヶ瀬発。フーデリーでレトルトカレー購入経由で帰宅は19:00。
[07.26 tue]
・自治学院研修。「OJT」。オーノも参加。
・手話講座。

↑ページの先頭へ

だらだらな休日

2011-07-18 (月)

余談

ここのところ、緊張感のある日々が続いたけれど、一山はなんとか越した感。おかげで今日は1日だらっとして過ごせた。あー、なんの予定もない1日って素敵。のんびり朝食食って、シャワー浴びて、リンコと室内散歩(両手を繋ぐと少し歩けるようになった)。

それから上の子らとTSUTAYA行って、マンガとDVDをいっぱい借りてきて、昼飯(そーめん+天ぷら)。「ちはやふる 13」「アイアムアヒーロー 6」「聖☆おにいさん 6」読んで、久しぶりに「プリシラ」見て(世界観が好き)、「らふ/森下くるみ」読みながら昼寝。
リンコとのんびり風呂に入り、晩飯(レバニラ)食べながら、いつもより大目にビール飲んだら、すげー眠くなって8時過ぎには轟沈。
ああ、なんて実りのない1日。そして気分がほぐれる1日。
…それはそれとして、こんな時間に目が覚めて、明日(今日か)の早朝には女子サッカー日本vsアメリカ戦。そして宮崎は台風の1日。生活リズムがボロボロだな。

↑ページの先頭へ

一番最初の「海森堂」

2011-07-04 (月)

WEB 余談

一番最初に書いた「海森堂」は、「クールオンライン」という無料サーバー上にデータを載せていた。Microsoft Offieceにおまけ?でついていた「FrontPage」を使ってHTMLのページをつくり、「FFFTP」というソフトを使って、「クールオンライン」のサーバーにデータをアップしていたのだ。懐かしいな。

んで、その「クールオンライン」が突然?6月30日でサービスを停止してしまい、昔の「海森堂」がすっかり消えてしまっていたのである(ということにさっき気がついた!)。NO〜!
まあ、無料のサーバーだし、何年も更新もしてなかったわけだから文句を言う筋合いではない。ただ、UPしたデータはいつまでもWEBの大海原を漂っているものと思い込んでいただけに、データが消えてしまったショックは大きかった。一瞬、血の気が引いた。
慌てて、久しぶりにWindowsPCを起動し、古いデータを探してみたら、最初につくった2001年からブログに移行する2006年までのデータがちゃんと残っていた。自分のPCにデータをつくって、サーバーに投げる…という方法だから助かったのだ。ほっ。
当時は今以上に「ただの日記」で、他人が読んで面白い記事なんてないんだけれど、ちょうど「海森堂」をスタートして2ヶ月後に愚息が生まれたりもして、日々「あたふた」と生きていた感じは残しておきたかった。よかったよかった。
それにしても。このチャンスにあらためて「海森堂」の在り方を考えてみなくちゃ、とも思った。データって簡単に消えるんだってことだよな。クラウドの怖いところは、こちら側でコントロールがまったくできないこと。できれば、手元とクラウドの両方にデータが保管できるとよいのだけれど…。
[07.04 mon]
・課内勉強会、イオンフェア打合せ、知事レク(定例記者会見)、AMET会議、宮日取材、定例会見各課フォローなど。

↑ページの先頭へ

日常のto do

2011-06-15 (水)

余談

友人が、仕事が一段落したのをきっかけに、「やることやりたいことやらなくちゃいけないことのリスト」をつくっていた。そういえば、仕事の「to do」に追われている日々のなかで、プライベートの「to do」はリスト化してないし、ついついやりわすれてしまうことがある。

…と書き出したところで、映画「八日目の蝉」「冷たい熱帯魚」を見逃したことに気がついた。ああ、先週で終ってしまった。ぬー。何かに気を取られると、すぐに1〜2週間過ぎてしまうのなー。オレは年寄りか。
なので、友人をモロに真似て極私的todoメモ。優先順位の高い順。できれば1ヶ月ぐらいで全部終了させたい。…と思っていたら、今週以外、結構週末が詰まっているなあ。むー。どうやって片づけていこう…。
【日常的なやること】シャンプー買替、PC回り整理、契約書や取説整理、芝刈り
【非日常的なやること】名刺の整理、内祝(残り4件)
【映画】ダンシング・チャップリン、100,000年後の安全、パイレーツ・オブ・カリビアン
【映画DVD】武士の一分(再見)、さよなら、クロ、十五才 学校4、釣りバカ日誌16、隠し剣 鬼の爪、たそがれ清兵衛(再見)
【舞台DVD】ひとり紅白歌合戦、ピルグリム、朝日のような夕日をつれて
【本】手紙屋 蛍雪編、ここ、ふがいない僕は空を見た、めくらやなぎと眠る女、なくしたものたちの国、死刑、シェア、フロム・ヘル、八月の犬は二度吠える、西南シルクロードは密林に消える、食卓は学校である …うー。本はキリがないや。
【2011.06.15】
・担当打合せ、局長協議(その後廃案)、エネルギーサミット案件、キグルミ案件。
・久々に定時退社>直帰。子供らとiPadで遊ぶ。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像