俗世間から遠い国

2011-11-07 (月)

主夫生活 家族家事家 読書 食・食材

先日、久々に行った本屋で雑誌を大人買いしてしまった。あまりにもハートを強くノックする特集ものばかりだったので。

 
「Pen /一冊まるごと森本千絵」
「プレジデント別冊/禅的シンプルライフ」
「クロワッサン特別編集/やる気にさせる家事のコツ」
「男のクロワッサン/男の台所術」

 
1冊目以外は、見事に「主夫的視点」のものだな。ますます俗世間から遠いところに来ている。森本千絵特集も、単に彼女の大ファンというだけだし、相当仕事を忘れてきているかも…。連日深夜まで残業しているうちのチームのみんな、すまん。私を探さないでください。

 

パラパラ眺めたところで、気になった記事がふたつ。

 

ひとつは「禅的シンプルライフ」のなかの「断捨離」入門。ベストセラーの著者がヨガの行法哲学からあみ出した片付け術を、著者の自宅の様子も見せつつ(ホントにシンプル!)、その概要が説明されている。面白いのは、この “片付け術” が「禅」の巻頭特集であり、後段のさまざまな「禅」の世界へと見事に誘導してくれることだ。人と同じように、家にも新陳代謝が必要…という一文には膝を打った。

 

今日はたまたま娘2号の慣らし保育日ということもあって、彼女が不在の午前中、さっそく「服の断捨離」をやってみた(若干コンマリ流も交えつつ)。ぼくは元々それほど服持ちではないが、約2時間で、40ℓのビニール袋3つ分を「断捨離」することができた。うーん、スッキリ。ぼくはもう新しい地平に立っている(単純)。

 

 

もうひとつは「やる気にさせる家事のコツ」のなかの辰巳芳子流「合理的家事」。辰巳芳子といえば、いや、辰巳先生といえば、なく子も黙る料理研究家の大御所である。その先生が記者を教え諭すところが実に面白く、また耳に痛い。たとえばこんなやり取り。

 

「ただね、あなたたち、生活だ家事だって簡単に口にするけど、生活の向こうの人生を忘れてはなりませんよ。あなた、生活とはなんだと思いますか」

…自分が生きやすく暮らすこと、でしょうか。

「その程度の言葉の力じゃ人は納得しません」

教えてください。

「またすぐ聞く。私を憎らしいと思ったら、考えて考えて考えて、そのくらい対峙しなければ。家事はね、生活の目標を支えるものだけれど、人生の目的を支えているのも家事なんです…(略)」

 

深いです、先生。

 

とはいえ、先生がおっしゃるように「ゆとりをつくるための工夫をする」「独創的にさぼる」ためには、相当な基礎的技術が必要なわけで、ちんたらワイン飲みながらペラペラと雑誌を眺めている自分には無理っス。ハードル高いっス。まあ、先生が推奨する展開料理ができるようになったら、鬼に金棒、弁慶になぎなた、都農ワインにサニールージュだ。いやこの新作ワイン、旨いよ。飲み過ぎ警報。

↑ページの先頭へ

勝利の時間

2011-11-03 (木)

主夫生活

娘2号の相手に追われる毎日のなかで、「ふと」した瞬間に自分の時間ができることがある。娘2号がたっぷり昼寝をしてくれて家事も一段落ついたとき。娘2号を寝かしつけながら、迫り来る睡魔に負けなかったとき。前者は長くても1時間ぐらいだからメールやfacebookのチェックで終わってしまうけれど、後者の場合、2〜3時間のまとまった時間ができるから、一人静かにガッツポーズをしちゃうぐらい嬉しい。今がまさにそんな時間。

 

寝なきゃいいだけなんだけどな。毎日そう思いつつ、寝付きの悪い娘2号を眠らせるには、ぼくが「寝たフリ」をしなくてはならないのが大きな障害となっている。ぼくの目が開いていると、遊んでもらえると勘違いして、なかなか寝るモードになってくれない。つか全然寝ない。なのにぼくが目を閉じてじっとしていると、徐々に寝るモードになって、ある瞬間に「ことっ」と寝てくれる。

 

でも、この10数分がなかなか待てないのだ。ぼくは元来、寝付きが良くて寝起きが悪い。目を閉じれば1分で眠れてしまうたち。逆に目を閉じたままで寝ないという技術はもってない。むむむ。なので、目を閉め切らないようにそうっと薄目を開けて、2号の様子を静かに観察しつつ、「ぼくは眠くならない眠くならないほーら全然眠くならない」「羊が100匹、羊が99匹、羊が98匹…」といった「眠れない呪文」を唱えて必死で耐える。5回に1回ぐらいは、なんとか睡魔に勝つ。

そんな貴重なフリータイムの今、何をしているのかというと、やっぱりメールのチェックと、facebookと、twitterと…。ははん。

↑ページの先頭へ

車のない生活と、おいしいごはんと

2011-11-02 (水)

主夫生活

昨日は家人が休日出勤の代休を取ったので、この隙?に、免許の更新に行ってきた。次回の更新は5年後なので50歳である。ほー。この5年間も無事故・無違反で無事に過ごせますように。

 

それにしても、免許更新の講習を受けるたびに思うのだが、できれば「車のない生活」を送りたい。交通事故ってホント怖い。講習では安全運転の啓発のため、「毎日どれほど悲惨な交通事故が起きているか」という事例を紹介する。そして自分の身近なところでも交通事故による大きな悲劇が起きていることを思い出す。

 

もちろん事故の被害者にはなりたくないし、加害者にはもっとなりたくない。しかし、まったく悪意がなくても、加害者になる可能性は絶対にゼロにはならない。それが車というものだ。そういうリスクを背負いつつ、ぼくらは、利便性だとか合理性を優先して暮らしているのよね。(もちろんそれだけではなくて、晴れた日に日南海岸をドライブする至福、というものもあるわけだけど)。

 

話は変わるが、我が家の炊飯器がそろそろ買い替え時な感じになってきた。内釜の塗装がかなり剥がれてきて、衛生上やや問題あり。そこで、それまでまったく興味のなかった炊飯器をいろいろと調べたんだけど、…うーん、わけわかんない。メーカーのページを見ると、「釜で炊いたようにふっくらツヤツヤに」「40時間後も炊きたての旨さ」とか書いてあるけど、消費者のコメントを探してみると、「炊きたては確かに旨いけど、すぐにカピカピに渇く」「炊きたてはたいしたことないけど、1日経っても味が変わらない」など、メリットとデメリットは必ずセットかのように語られている。ううむ。

 

そんななかで俄然目を引いたのが、象印「極め羽釜」である。このシリーズの最上位機種は内釜に「南部鉄器」を使っているのだ。そりゃあすごい…と思いながら、某サイトの読者レビューを見ていたら、なんと「熟成炊き」というコースで炊くと、炊きあがりに80分かかっちゃうというのだ。ごはんに80分…。ありえない。育休中の今なら何とかなるかもだけど、共働きタイムに突入したら、30分位で炊きあがってくれないとなあ。はー。

 

ごはんぐらい徹底して美味しいものを食べたいか。そこそこ旨ければ合理的な方がいいのか。車を持つか持たないか。日常生活って、そういう理想と現実の狭間で悶々とすることばかり。その各人の「落としどころ」が生き様ってことかしらん。

↑ページの先頭へ

育休も半ばを過ぎて

2011-10-31 (月)

主夫生活 家族家事家 未分類

今日で10月も終わり。育休も半分終わり。

 

スタートしてしばらくは、仕事モードの頭のまま不慣れな家事をこなさなくてはならず、とてもギクシャクした毎日だった。思い描いていた育休生活と現実とのギャップに、何度か気持ち的に折れそうにもなった。娘2号の機嫌が悪かったのは、主たる依存先が母→父へ変わった事の「不安感」もあったんだろうが、ぼく自身がしっかりと彼女を全身で受け止める心構えができていなかったことも大きかったのかな、と今になって思う。ごめんよ。

 

まあそんな七転八倒な2ヶ月が経って、ようやく彼女との信頼関係ができ、家事にも慣れ(つか、家事はやっつけるものと悟り w)、精神的に落ち着いた日々になってきた。まあ、なんだかんだとやることがあってバタバタはしているけれど。

 

明日から後半戦だ。これからは息子や娘1号にも目配りをしていきたいな。小学4年の息子は、友達と遊びに出かけることも多くなってきつつあり、親とガッツリ遊べるのって、今ぐらいのタイミングが最後ぐらいかもしれない。サッカーごっこでもやるか。娘1号もね、頑張りどころだ。音声、音、音楽による情操的な刺激が大きく不足している分、強制的に「音」を入れたり、視覚からの学習で補わなくてはならない。一緒に本をいっぱい読んであげたり、いっぱい話を聞いてあげよう。

 

そして娘2号は、早くも自立に向けて「保育園慣れ」をしてもらう。だって11月はいろいろ仕事が入ってくるんだもの。 すまんすまん。

 

 

さて。今、「夜明けのパトロール/ドン・ウィンズロウ」を読んでいる。このサーファーの私立探偵を主人公にした冒険活劇のなかに、サーフィンを ”ライフスタイル” として取り入れようとする連中を非難した、次のような一節があった。

 

ライフスタイル — ”ライフ”と”スタイル”の両方を追い求めては、どちらも手に入らない。人生のスタイルーまるで、まがいものの人生だ。生きるべきものを生きず、そのかたちのみを無様に真似る。日々の中身をないがしろにして、うわべだけに恋い焦がれている。

 

うむ。まさに自分の事を指摘されたかのような痛い言葉だ。日々の中身。最近、よくこの言葉を噛み締めている。

 

↑ページの先頭へ

ものごとに集中しないこと

2011-10-28 (金)

主夫生活 家族家事家

主夫生活、というか、育児生活に必要なものは「ものごとに集中しないこと」だった。

たとえば、料理。たとえば、メール。そういったものに集中しているとどうなるか。途端に、娘2号の機嫌が悪くなるのである。「ああいまコイツは自分以外のことに気を取られている」と感じると、すぐに大泣きする。それまで「おかあさんといっしょ!」を楽しく見ていたのに、泣く。らくがき帳に何かを書き付けて(叩き付けて?)いたのに、泣く。本棚から本を床にぶちまけて遊んでいた(泣)のに、泣く。えーん。こっちが泣きたい。

 

もちろん、彼女と一緒に何かをしていれば機嫌がいい。でもなあ。一日中、ずーっと絶え間なく1歳児と遊んでばかりいては、家事はおろそかになるし、社会との繋がりも断絶してしまう。

 

こうなると「ものごとに集中すること」をあきらめるしかない。家事は、彼女と一緒にやるのだ。洗濯物を畳んでいる横で、ヤツがそれをまたぶちまけても、一緒にやる。料理している横で、ヤツが野菜をぐりぐりといじっていても、一緒にやる。時間は2倍、3倍かかる。それでも、彼女は機嫌がいいし、3歩進んで2歩さがって、結局1歩は前に進む。ちなみに、ヤツはおんぶ紐は10分で飽きる(泣)。

 

ただ、さすがにPCは一緒にできないので、こればかりは隙をみてやるしかない。ヤツがご機嫌で何かをやっている間隙をぬって、メールや、facebook、twitterなどをチェックし、返信する(といっても、すぐに2号が気づいて邪魔するので、返信文を途中まで書いたところで終わってしまうことが多い…)。

 
そんな、 宮崎弁でいうところの「できたほず」の精神で日々が流れていくのであった。

↑ページの先頭へ

はじめてのお弁当

2011-10-25 (火)

主夫生活 家族家事家 食・食材

少し前の話になるが、10月20日は娘1号が遠足だった。当然弁当が必要となるわけで、てっきり従来通り家人がつくるのかと思いきや、冷たく「主夫、よろしく」とか言いやがった。むぅ。そんなこんなで生まれてはじめて弁当をつくる羽目になった。

 

当日は、朝2時半!に起床した。いくらなんでも早すぎなんだけれど、「せっかく」なのでいろいろ試行錯誤してみたいと思ったのだった(こういう時は不思議とちゃんと目が覚める)。

 

たとえばポテトサラダ。スチームケースなどを使えば、野菜を切って、加熱時間6分+混ぜるだけでできる。でも、「せっかく」気分の新米主夫は、「しっかり美味しい」ものをつくりたいとか思ってしまう。飯島奈美さんのレシピ本を見ながら、じっくり煮て、こまめに芋の煮え具合も確認して「ちょうどいい具合」を探りながらつくってみた。ポテサラに添えるブロッコリーやにんじんも、しっかりだし汁で煮て下味をつける。そしてにんじんはグラッセに。さらには下手くそだけど、形状も♥マークに。

 

そんなこんなの実験をやってくうちに、リンゴもついついかわいくカットしてみたくなる。ウインナーも「ひまわり」にしたりして。最後はとうとう「キャラ弁」になってしまった。ああ、最終的に、頑張る方向が違ってしまった気もする。ちなみに、このキャラは宮崎県の「みやざき犬(仮称)」。ホワイト父さんではない。

 

何はともあれ、父の実験の成果もあって、1号は楽しく食べてくれたみたいです。よかったよかった。

 

↑ページの先頭へ

主夫的な病

2011-10-25 (火)

主夫生活 食・食材

先週のある朝、突然、指先がピリピリと痺れる症状が出た。そして徐々に左手の親指、中指、薬指に小さな発疹が出て、翌日には水泡まで出てきた。我慢できなくはない程度に痒みもある。んー、なんなんだ。

 

その後もなかなか症状がおさまらず、むしろ週末になって少し症状が悪化し、手のひらにも水泡がポツポツと出てくるに至って、ようやく皮膚科に行くことにした(※市内にKRという素晴らしい皮膚科があるのだけれど、いつも尋常なく混んでいて、受付〜診察まで最低2時間はかかるので、それなりの「決意」がいるのだった)。

 

んで、医師の診断によると、「野菜かぶれの可能性大」とのこと。野菜かぶれ? …なんだそれは。医師によると、人によって、トマトだったり、キュウリだったり、キャベツだったり、まあいろんな野菜にアレルギー反応を示すことがあるのだそうだ。とはいえ、今のように季節に関係なく野菜が流通しているので、なかなかその原因を突き止めるのは難しいらしい。対処方法は、料理の際に「手袋をすること」だとか。むぅ。

 

ステロイド系の塗り薬を処方されて帰宅したものの、これから料理のたびに手袋をしなきゃいけないと思うと気が重い。もっと原因物を特定できないものか。…と思いながら、ふと思い立って、自分でつくった料理の写真をチェックしてみた。すると、最初の症状が出た前の夜に、里芋料理、そして症状が悪化した前の夜には京芋の料理を作っていた事がわかった。京芋は形状こそ違うけれど、里芋の仲間である。これだ。

 

里芋や長芋は触ると「かゆくなる」ということは知っていたけど、まさか「かぶれる」ほどの毒性があるとは。ネットで調べてみるとどうやらシュウ酸カルシウムの結晶とやらが外部の刺激によって針状結晶に変質して悪さをしているらしい。ぼくは皮を剥いたあとに ”なんとなく”水で洗っていたのだけれど、それがよくなかったみたい。水気を拭き取って乾いた状態で剥いたり、先に茹でて、つるんと皮を剥くようにすれば良かったのかも。

 

それにしても、まさか料理という行為に、そんな危険?が潜んでいるとは知らなかったなあ。でもよりにもよって里芋、京芋かよ。特に京芋なんて、宮崎の特産物としてあちこちでPRしてんのに。飼い犬に手を噛まれるとはこのことだ!わんわん!

↑ページの先頭へ

キョンキョンとマラソンとケーキ

2011-10-24 (月)

主夫生活 友人知人 家族家事家 身体 音楽 食・食材

水平線の花火と音楽2」に行ってきた。お目当てはもちろん小泉今日子さん。キョンキョンといえば、元夫である永瀬正敏さんが宮崎出身ということもあって、宮崎に対してあまりいい感情をもってないんじゃないか、将来どこかでお会いしたとき「宮崎在住のS41年生まれ」というプロフィールがバレた途端、キョンキョンの顔が激しく曇るのではないか、と勝手に危惧していたけれど(本気で)、映画「毎日かあさん」での元夫婦での競演と、今回のコンサートで不安が払拭されたです。←バカでごめん。

 

冒頭のMCで「昔、都城に本籍があったことがありまして…」と語ったキョンキョン。この過去を達観したオトナ発言に、またまたぼくのハートはズッキンドッキンズッキンドキンですわ。 しかも「…なので、宮崎には親戚みたいな気持ちがあります。」とも。ああ、素敵すぎるなあ。短い時間ながらも「小泉今日子はブギウギ」「あなたに会えてよかった」「月ひとしずく」「学園天国」「虹が消えるまで」という選曲もナイスだった。一生愛し続けます。

 

ほかのアーティストも素晴らしかったな。浜崎貴司の声の良さを再確認し、宮沢和史の「節」も心に沁みた。興味のなかった宇崎竜童も生の迫力は良かった。そしてやはり泉谷しげるのパワーは尋常じゃなかった。

 

 

その翌日は、「綾照葉樹林マラソン」ハーフへの出場だった。10kmに出場するV姐さんと一緒に会場へ。毎年、この大会からマラソンシーズンへ突入するのだけれど、いい思い出がひとつもない大会でもある。まだまだ身体が慣れてないこともあって、タイムは悪いし、坂道がキツいし、何にもいいことがない。まあ、あるとすれば、「この大会を乗り切れたら、あとは楽」ということぐらいか。つか、単に「逃げない」ためだけに参加しているようなもの。ホント嫌い w

 

特に今年はほとんど練習をしないまま走ったので、ハンパなくきつかった。10月とは思えない宮崎の暑さも辛かった。山の中は涼しくて良かったけれど、河川敷になってガクンとペースが落ちた。つか、ゴールして倒れ込んだのは久しぶりだわ。良くも悪くも「練習は嘘をつかない」な。そんな中での「2’11”53」は、タイムとしてはヒドいけれど、まあ頑張った方か。少なくとも最後まで歩かなかった。しかし、このままじゃ、今シーズンは厳しいなあ。練習しなくちゃな。

 

 

夜は、家族に5日遅れの誕生会を開いてもらった。V姐さんも美味しいイタリアワインを抱えて参戦してくれた(それも2本!)。わいわいと楽しい話と、 美味しい料理と、息子がデコレートしたケーキと。もうあとは何もいらないな(あ、プレゼントはちゃんとくれよな。まだ貰ってないぞ何にも)。

 

↑ページの先頭へ

誕生日の夜に

2011-10-18 (火)

WEB 主夫生活 友人知人 家族家事家

今日で45歳になりますた。おめでとう、自分。

 

区切りの日だけあって充実した1日だった。

・朝イチの「めざましテレビ」占いランキングで、てんびん座が堂々の最下位。あとはあがるだけだし。

・午前中、ローソンにチケットを取りに行ったら、「予約番号だけじゃなくて会員番号も入力しろよテメエ」ってロッピー(端末)に言われちゃった。あわてんぼうさん。

・娘2号のうんちがベストなバーグ状態だった。超〜臭くて健康的。

・晩ご飯はもちろん自分でつくった。冷蔵庫の残りものだけで仕上げるあたりが主夫っぽい。

・今日は手話教室の日。帰宅してみたら家人も子供らもすっかり爆睡していた。自分でつくった晩御飯を一人でモソモソと食べた。

・ケーキがない代わりに自分で取り寄せた生クリーム大福(富貴堂)を追加してみた。なんだかショッパい味がしたけど気のせいな。

 

今日の終わりにもう一度言う。おめでとう、自分(涙)

 

それにしても、フェイスブックってすごい。付き合いの長い親友たち、日々苦楽をともにする同僚、あるいはキラキラと輝くような思い出を共有する元カノたち、そして愛する家族…。その誰もが「おめでとう」を言ってくれないのに、ぼくのウォールにはたくさんのお祝いメッセージが並ぶんだもの。FBのおかげで孤独じゃない。深夜に一人でPCに向かっていても全然孤独じゃない。

 

みんなのメッセージを読むことができて、ぼくは今幸せだよ。すご〜く幸せ。でも、パトラッシュ、疲れたろう。ぼくも疲れだんだ。なんだかすごく眠い…。パトラッシュ…。

 

↑ページの先頭へ

風邪はひとに伝染すと治る?

2011-10-10 (月)

主夫生活 家族家事家 映画TVラジオ

気がつけば、「主夫」「育児」のネタが減ってきている今日この頃。更新頻度もガタ減り。いや、理由は単純で、あれからまだ体調が回復してないのだった。

 

ぼくは普段、少しでも体調を壊すと、可能な限り、仕事も家庭もすべて放棄して完全休養に入るようにしている。薬をガッツリ飲んで、とっとと寝る。ふらふらで中途半端に頑張るより、1日でさっと治して復帰した方がトータルの仕事効率は高いと思うから。つか、そもそも体力にそんなに自信ないんだもの。無理して頑張ってもいいこと一つもない。

 

だけど、今回はちょっと頑張っちゃったのよね、最初の方で。主夫たるもの、家庭を放棄できない!…などと思ってしまった。で、結果的に、10日近く体力が落ち続けていて「底を打たない」感じ。寝込む寸前で踏ん張ってはいるけど、ずーっとダメダメな日々。連休+子どもが秋休みということもあって、先週後半からは、家族みんなに家事やって貰いまくり。ああ、ホントに ラクチン 申し訳ない。主夫失格。

 

それだけで済めばまだ良かったのだけれど、今度は、ぼくの風邪が、娘1号に伝染ってしまった。1号は楽しい秋休みに突入した途端2日寝込む羽目に。可哀想に。で、やっと1号が治ったと思っら、今度は娘2号が発熱。嗚呼。いや二人とも、すまんすまん。

 

今日の午後になって、娘2号もようやく復調の兆し。よかった。そしてぼくの方も偏頭痛が治まってきた。ようやく「底」に着いたか。風邪はひとに伝染さないと治らない w そんな連休。

 

ちなみに、この連休、何をする気力も体力もないので、だらだらと映画を見てた。「X-MEN ファーストジェネレーション」「ヒアアフター」「英国王のスピーチ」「SOMEWHERE」。新作DVD4本立。どれもなかなか面白かったけれど、特にソフィア・コッポラが監督した「SOMEWHERE」が良かった。自分とは何の共通点もない世界の話なのに、至極共感できるという。娘役の子が素晴らしい存在感。妙に長〜くて退屈感満載のシーン(これがまた多い)も、絵の面白さで引っ張る。いやよかった。

 

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像