(500)日のサマー ★★★★★

2010-08-23 (月)

エンターテイメント

男目線のラブコメとして大傑作。ヒトの「運命」をこれほどセンシティブに、それでいてとてもスマートに描いた映画を他に知らない。
なんと素晴らしい映画なんだろう。演出よし、編集よし、俳優よし、音楽よし。そして何より物語(脚本)が凄い。単にシャッフルしているだけではない、記憶を辿るような構成の素晴らしさ。もう思いっきり感情移入してしまいますた(照)
でも、20代のぼくが見るとしたら、ずいぶんとキツイ映画だ。あの頃、ぼくにとってのサマー “たち” に振り回されまくっていたから。思い当たることだらけで、心臓をえぐられるような気になったのかも。30代でも怪しい(笑)
ある意味、この映画のラストで語られるような「運命」を積み重ねてきた今だからこそ、おおいに笑ったり、過去の心の傷を懐かしんだりできているのかもしれないな。
余談。主人公のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、「インセプションズ」の彼。今後要チェックだな。
500DaysPoster.jpg

[memo]

・ロケ準備、環境・人権・コンプライアンス、T社感謝祭段取。20:30
・「(500)日のサマー」★★★★★。昔の自分を思い出しつつ心で号泣。

↑ページの先頭へ

電話で “話す” こと

2010-08-22 (日)

Mac、iPhone エンターテイメント 家族家事家 聴覚・難聴

今朝、家の固定電話が鳴り、愚息が出た。相手はおじいちゃんだったようで、何やら楽しそうに話しこんでいる。その様子を見た長女が「何? 誰?」と聞いてきた。
「西都のおじいちゃんだよ」と教えてあげる。納得。「ハナも話をしてみる?」と聞いてみる。「いらない。わからんもん。」との答えが返ってくる。そして、「ハナちゃんは、小さいからわからない。大きくなってから(話す)」と…。
そうだな。お父さんは医者が大嫌いだけど、医学や医療工学がものすごーく進化して、ハナの聴力を健常者レベルにできるのなら、そのときは心から尊敬し、感謝しよう。大きくなって、ハナと電話で話せる日がくると信じよう。
アップル社の製品が素晴らしいのは、日々の生活を光り輝かせる「道具」だからだ。そして、アップル社のCMが素晴らしいのは、それをわかりやすく映像化してみせることだ。
彼女には、そう遠くない将来、iPhoneを持たせよう。彼女には素敵な「道具」になるハズだ。

[memo]

・朝7時過ぎからRun。8.5km。
・聴覚障害者の親によるランチ会。縦のラインをどう繋いでいくのか。
・ミルクとかビールとかの買い物。弟家族がシャワーを浴びに。
・「ちりとてちん」116-121 嘘つきは辛抱の始まり
・「龍馬伝」34 侍、長次郎

↑ページの先頭へ

マン・レイと佐藤雅彦

2010-07-22 (木)

アートなど エンターテイメント デザイン

出張の空いた時間(といっても昼飯を抜いただけ)を利用して、「マン・レイ展」と「佐藤雅彦展」をはしご(同じ六本木だったので)。所要時間40分+30分。我ながら邪道だなあ。それでも短時間なりに収穫はあった。

マン・レイ展」。クールで幻想的なセクシー写真家…という断片的なイメージしかなかったマン・レイ。代表作しか知らない…というのは実に危険なことだな。彼は写真という枠に囚われない(むしろそこから超越しようとする)アヴァンギャルドなアーティストだったのだ。
ミロやらピカソやらに感化されて?、まるでそのまんまな絵を描いてみたかと思えば、独自の手法を開発してものすごくエッジの効いた写真を作り出したり、なんだかとても無邪気だ。かと思えば、「自由な手」なる連作などは、シンプルながらとても表情豊かだ。この貪欲さは凄い。映画などもじっくり見てみたかった。
佐藤雅彦ディレクション これも自分と認めざるをえない展」。平日昼間なのに、それなりに混んでいた。この展示は、ひとつひとつを自ら体験して「感じる」ことが大事。なのでひとつひとつが当然の行列。ああ、時間がないのが残念。
それでも「属性」という視点が抜群に面白かった。身長、体重、性別、年齢、表情、指紋、虹彩、神経、経験、癖…などなど、さまざまな「属性」のなかに「自分」がある(ハズである)。その「属性」とは自分にとって「拠るべき」ものなのかどうかを問いかけてくる。
ちなみに、佐野研二郎や軽部真一が来場していた(笑) それ自体が彼らの「属性」を物語っているようで(もちろん笑っている自分も)面白かった。
lasubversiondelasimagenes_jpg.jpg
[memo]
・ANA602便。
・R社。すごく魅力的な提案を複数頂く。ご贔屓頂いてあり難い限り。前向きに検討。はなこぐまさんとも初対面。打合せ後、第2タワーのロビーを視察。ほほー。こちらもぽいなあ。
・GD社。提案第1稿。素晴らしい。シンプルで力強い。ただ、これを認めさせるのは相当な努力が必要(ぼくの)。頑張ろう。
・「カルネ屋」。美味。肉もパスタもデザートも。

↑ページの先頭へ

リボンブラ

2010-03-06 (土)

エンターテイメント

「そのパカパカがいーんじゃないかッ!」

「 パカパカに手をいれたいんじゃいっ!」
…と、誰かが言っている気がする。
 
[memo] 
・午前中、難聴児をもつ親の会。親同士が繋がること、長いスパンでのビジョンの捕らえ方、そして親の関わりの重要性など。勉強になるなあ。 
・ランチ:サバ寿司、蕎麦。 
・掃除と、ケータツとサッカーと、Run14km。
・全身に発疹が出た(2時間ほど)。サバ? 
・妊娠帯購入。夕食「ガスト」。
・昨日今日で、撮りためていた「コードブルー」3話分を。ドラマ度が増しているのが残念。編集の「タメ」も多過ぎる。役者さんがいい演技するから気持ちはわかるけど。惜しい。

↑ページの先頭へ

オープン戦と、スキップビート(Superfly)

2010-02-28 (日)

エンターテイメント

素晴らしい快晴のもと、子どもを連れて、巨人vs西武のオープン戦を見に行ってきた(家人は仕事)。
まあ、野球の内容はどうでもよいのだ(ほとんど興味ない)。緑の芝を見下ろしながら、子供らと野球と全然関係のない話しをしながら、たいしてうまくもない焼きそばを食べる至福感って何? こういうやる気のない観戦は、外野席に限る。
至福過ぎて、わずかに30分ほどで十分満足し帰宅(つか、ハナが飽きてしまった)。年に1回ぐらいは野球もいいね。
あと、全然関係ないけど、Superflyの歌うスキップビートがめっさかっちょええ(と忘備録)
100228opensen.jpg

[memo]

・家人は仕事。
・O先輩がお宅訪問で来訪(ただいま新築準備中)。朝から大掃除。ひゃー、時間がない。
・頑張った甲斐あって、お土産の「長饅頭」をゲット。久しぶり。
・サンマリンスタジアム。巨人vs西武のオープン戦。美少女&マネージャーさんのアテンド。その後、子供らと楽しく観戦。焼きそば、たこ焼き、アメリカンドッグ、フライドポテト、カレー、豚まんを食って帰宅。夕方、2時間ほど爆睡。
・夕食はめんどくさいのでカレー。「龍馬伝」(先週の分)。

↑ページの先頭へ

敗北宣言

2010-02-09 (火)

エンターテイメント 仕事

遅い時間から友人らの飲みに合流。1軒目では、自分たちはいかに「おっさんか」という自覚トークで盛り上がる(笑)
2軒目で、気がつくとなぜか医療問題について語っている自分。しかも超ネガティブ思考。医療関係の部署を離れて2年もたつのに、相変わらずの医者嫌いな自分にビックリだ(苦笑)。いやあ、基本的には「なんとか解決策を探る」派なんだけどなあ。医療だけは無理。
…とネガティブな思考を癒すために、帰宅後「ハッピーアクアリウム」と「サンシャイン牧場」を少し。やらないやらないと言いつつ、地味ぃ〜に野菜を育て、魚に餌をやっている自分。ちなみにどちらもレベル4。ビギナーもいいところ。全然癒されないよ。

[memo]

・朝、「朝色紅茶パン」「じゃりチョコパン」を買って出社。
・S社から「宮宮弁当」の件。テレビ取材も。FM社からwの件。雑誌Dから焼酎祭の提案。美少女確定。リリース文案確定。共同通信ワイヤー。レク資料。ブログの「耳恋」への登場ならず。21:30
・友人飲みに途中から参加。D、N。「すぎ」「SHOT BAR」。00:30。

↑ページの先頭へ

ファイナルファンタジー…ねえ…

2009-11-28 (土)

エンターテイメント

もう長いことRPGをやってない。

FFに限らず、ドラクエもだ。
要は40〜50数時間のRPGをやり遂げるような効率的な時間管理をする自信がないのだ。昔はあんなに好きだったRPGだけれど、毎度、「寝食を忘れて一気に終わらせる」ような遊び方しかできなかった。子供みたいだ。
社会人であり、家庭人でもある立場では、「寝食」を忘れるなんて言語道断であって、毎日少しずつクリアしていくしかない。…となると、単純に半月〜1ヶ月はカカリっきり、ということだよなあ。うーん、最後までやりきる自信がない。
…とはいえ、ファイナルファンタジー13の映像は凄い。凄過ぎて、台詞と映像の微妙な違和感が浮き彫りになっている程だ(笑) 「こんな傑作をやらないのは人生の損失」という場合は、どなたか教えて欲しい。そんときゃ、やるから(あ。でもPS3か…)
[memo]
・掃除、洗濯、クリスマスの飾り付け。
・ハナの自転車購入(ジジババからのプレゼント)。公園でランチ。
・リコーカップ3日目観戦。上田桃子の組に間に合った。
・ブラザー理容。TSUTAYAで漫画。

↑ページの先頭へ

THIS IS IT ★★★★★

2009-11-10 (火)

エンターテイメント 映画TVラジオ

まわりの評判があまりに凄いので、久々の一家団欒もそこそこに、レイトショーに出かけてきた。そして、生まれて初めて、上映中何度も、自然発生的に拍手の起きる映画を見ることになった。この映画は凄い。絶対に映画館で見るべきだな。ぼくは、DVD(ブルーレイ?)も買うと決めた。ひょっとしたらこの映画のために自宅にサラウンドシステムを入れるかも(どこにそんな予算が)。でも、そんな映画。
中学生で「オブザウォール」、高校生で「スリラー」、大学生で「バッド」を体験した。比喩でなく「テープが擦り切れるほど」聴いたものだった。が、この映画は、そういった懐古趣味に陥るヒマを与えないほど、エンターテイメントの権化のようなマイケルジャクソンの姿を描いていく。
権化といっても、けっして「マイケル様」然としているのではない。レベルの高いダンサー、ミュージシャン、ステージスタッフを完全に自分のコントロール下に置きつつも、謙虚で優しい。そしてチームリーダーとして、全員の能力をより高いレベルに引き上げながら、緻密にステージの完成度を高めていくのだ。プロを本気にさせるプロって凄いのな。ものをつくるって、こういうことなんだな。
曲によって映像資源のばらつきがあるが、演出用の映像(とそのメイキング)が挿入される「Smooth Criminal」などは、それだけでヘタな映画1本よりも深い感動がある。ジャクソン5の曲を歌うマイケルは何より楽しそうだ。ダンサーたちがマイケルのダンスを見て熱狂する「Billy Jean」には鳥肌がたつ。「Beat it」の有名なギターソロを弾く女性ギタリストは、よだれが出るほどかっこいい。
まあとにかく。とことん真剣ながら、なんだかとてもあたたかい気持ちになるドキュメンタリーである。マイケルジャクソンをキチンと再評価する意味で、とても価値のある映画だと思う。ああ、このツアー、見てみたかったなあ。

titleimg-thisisit.jpg

[memo]
・社長レク用資料の作成。
・夕方、レク。ご機嫌は普通。大使案件で指示有。

↑ページの先頭へ

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

2009-10-22 (木)

エンターテイメント 聴覚・難聴

ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。


東京に行くたびに、チャンスを狙いつつ、なかなか行けてなかったこのイベントにようやく参加してきた。暗闇のなかで音を感じるイベント。案内役は視覚障害者。…予備知識はそれだけで、具体的な内容はほとんど知らなかった。

で、知らないで正解。

単に光をなくし、音を感じるだけのイベントではない。極論を言ってしまうと「人の存在って何なのだろう」ということを強烈に突きつけられる。

五感…という言葉があるように、人は見て、聞いて、触って、嗅いで、味わって、情報を入手する。そしてその5つの情報から総合的に物事を認識し、判断する…ハズである。しかし実際はそうではない。五感は平等ではない。

視覚情報は、脳がインプットする情報の8割とも言われる。つまり、人は、「見た目」にものすごく左右されているのだ。「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」では、その主たる情報源を閉ざしてしまう。残された「四感」で、人はどのような情報処理をするのだろうか。そんなことを再発見するイベントなのだ。

さて、我が娘は聴覚障害者である。主たる情報源である「光」は十分に受け止められる。しかし、彼女はその次の情報源である「音」を十分に感じることができない。脳が受け取る情報としては、わずかに1割程度が不足しているだけだ。しかし、「音」は主にコミュニケーションを司る情報なのである。つまり、わかりやすく言うなら、彼女はこの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に参加することはできない。そんなことを再確認した。

…な-んてかくと、「うわー、なんだかめんどくせえ」と思っちゃうかもしれないけれど、実際には、とても楽しいイベントである。

何度も大笑いしながら、わくわくと過ごす90分だ。そのうえで、中身は深い。このイベントを考えついた人はとても素敵だ。障害を実感しつつ、単に「疑似体験」に留まらずに極めてフラットな意識を芽生えさせる。ぼくらはこんなにも豊かな「四感」を持っていたのか、と驚く。もちろん、イベントが終わって「光の国」に戻ってしまうと、視覚の情報量に圧倒されるのだが、「四感」を実感することはとても素敵だ。

現在は、単発イベントのようだが、なんとか常設に繋げてほしいと思う。今度はケータツをつれて夏バージョンの頃に参加しよう。「ネズミーランド」に5,000円払うよりよほど豊かな体験ができるのだから。

それと。個人的な要望として「サイレント・イン・ザ・ワールド」的なイベントのありようも考えてほしいな。楽しく可笑しく、でも、ちょっと自分の世界が広がるようなイベントを。

本日の案内役はちーちゃん。ありがとう。参加者。ねえさん、えりりん、なおちゃん、あやぱん。

<memo>
・品プリ。ハプナ。
・東京。T社。六本木。K社。池袋。F社。新宿。K。
・THE OUT LINE(21_21 DEGIGN SIGHT)。
・宮本製麺所。麺が美味しくないよ(釜玉)。
・MomaShop。はじめてモールスキンを欲しいと思った。

・ダイアログインザダーク。

↑ページの先頭へ

大宮崎落語祭

2009-10-12 (月)

エンターテイメント

「六人の会」が主催して5年続いた「大銀座落語祭」。そのあとを受けての「大宮崎落語祭」へ行ってきた。
なにせ「笑点」の放映すらない土地柄(かつては放映されてたのだが)。どんだけ人が集まるのだろうと思ったら、さすがのビックネーム勢揃いでどの会場も満員御礼。その熱狂の一部に触れることができたのはラッキーだった。
娘の運動会の日程と重なり、「笑福亭鶴瓶/鶴瓶噺」に行けなくなったのは残念だったけれど、春風亭小朝「親子酒」、笑福亭鶴瓶「らくだ」を聴けたのは嬉しかった。
小朝師匠は、まくらで小ネタを立て続けに振って会場をあたため、そのまますっと「親子酒」に入った。そのリズム感が凄い。とにかく一瞬たりとも油断させない。次々にネタが飛んでくる感じ。また十分あたたまってからは、見せるわ聴かせるわ。だんだんとヘベレケになっていく親の様子が最高におかしい。ラストも派手にどかーんとサゲてスッキリ。なんて心地よい落語なんだろう。いやあ、ホント笑った笑った。
鶴瓶師匠は、まくらで「なぜらくだをやるのか」を説明した。なんだか生真面目な感じでのスタートだ。噺も前半は「ため」の部分で笑いが少ない。ただ、そういう落ち着いたトーンが途中から劇的に変化していく。ショートバージョン(といってもたっぷり1時間)故の、やや「急変」な感はあるが、その変化が実におかしい。いつまでも「ぐふぐふ」と笑いが止まらない感じのネタだ。それを身体全体をつかって大きく表現する。いつもの「ええかげん」さと違う「笑い」があった。「芸」というのはこういうものなのだ、という迫力がハンパなかった。
うーむ。あと、正蔵、志の輔、昇太に花緑も来てたんだよなあ。今更ながら、六人全部聴きたかったぞ。来年も来ないかなあ…。
6ninnokai.jpg

<memo>

家人は仕事。午前中、洗濯と掃除と。秋冬物を整理。
・子供らにインスタントラーメンを食わせつつ、お出かけ。大宮崎落語祭。「春風亭小朝/親子酒」「林家木久扇/世相噺」「桂歌丸/紙入れ」。
・当日券に並び「笑福亭鶴瓶/らくだ」。ショートバージョン。
・帰宅し、子供と風呂。激うまとんかつ。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像