メガネ男子

2013-01-06 (日)

お買い上げ 身体

4年前にレーシックをした。随分快適だったのだけど、半年経過したあたりから、すこ~しずつ視力が低下し始め、最近は映画館で字幕が読みづらいレベルに…。車の運転も昼はまだよいけど、夜はかなり見えづらい。困ったー。

 

再度レーシックを受けようと思いつつ、前回受けた病院が東京なので、再手術するにも中期的に計画しなくちゃいけない。当面はメガネでしのぐかな〜ということで、「とりあえず」的なメガネを買いに「JIN’s」へ。なんだかんだで店で一番高価格帯のものを買ってしまったけど、それでもレンズ台込で1万円也。全体がすごくシステマチックなので、待ち時間も短くストレスも小さい。あーこれは流行るわ。買った直後に着替え用にもう1個買おうと思ったもの。

 

ところで。買ったときは気が付かなかったのだが、メガネをかけた状態で遠くから手元に視点を移すと、ん? なんか見えづらい? 見えやすいようにするには…ものを手元から少し遠くに… … … って、ええっっっ! こ、これは、老眼?

 

現在、裸眼では遠くが見えにくい(今日の測定で0.4〜0.6程度)だけで、手元が見えにくいということはない。でも、メガネで近眼を矯正すると手元が途端に見えにくくなる。これは老眼の予兆…なんだろうなあ。思い返せば、レーシック受ける時点で「年齢的にいつ老眼が始まってもおかしくない。レーシックでは近視を矯正することしかできない。」と言われたんだった。

 

うーん。めんどくさい。まあ、人が「老い衰える」ということは、何らかの機能が脆弱化し、それを補う必要がでてくるということであるから、年齢を重ねる=こういう「めんどくささ」と上手にお付き合いしていくこと、なんだろうなあ。

 

 

[13.01.04]

・仕事始め。関係機関への挨拶まわり。来年度の雇用方針への意見作成。当初予算について財政協議。

[13.01.05]

・息子の耳鼻科。順調とのこと。防災士宿題。午後からもろもろ買い物。メガネ。職場用スリッパ。漫画。家人と娘1号の靴。図書館(カード更新)。パン屋。フーデリィ。夕食後、フローランテ・イルミネーションへ。激寒。「めちゃイケ」の中居くん特集を見る。尾崎牛登場。やるなあ尾崎さん。

↑ページの先頭へ

OPUS

2012-09-28 (金)

お買い上げ 音楽

公式発表日より1日遅れの今日になって、やっぱり東京マラソンは落選してしまった。残念。それでも、全然ご機嫌な気分で過ごしている。なぜならずうっと「OPUS ALL TIME BEST/山下達郎」を聴いているから。

 

もうね。ぜーんぶ知っている曲である。だって、SUGAR BABEも、ナイアガラも、ビッグウェーブも、オンザストリートコーナー1〜3も、COME ALONGも、そしてCM全集まで、現在、手に入るCDは全部持っているのだもの。(初回限定のボーナスCDの収録曲のみが唯一の初入手)

 

それでも、こうやってパッケージとしてCD3枚に集約されたたっつぁんの歴史を辿ると、なんとも言えない感慨にふけってしまう。アルバムとともに「音」は「進化」はしているけれど、「音楽」は変わっていないということがよくわかる。どの作品も完成度が極められているので、音楽が古くならない。…というか、自分が成長するたびに旧譜にも再発見があって、その都度、新鮮な気分で聴きこんでしまう。もうホントに「飽きる」ということがない。つまりは、ぼく自身がリスナーとして「深化」しているのだな(うまいこと言った)。

 

いろんな音楽を聴いてきた中でも、桑田佳祐と山下達郎は特別な存在である。10代〜20代の激しく熱い時期にともにあったのが桑田佳祐(サザン)であり、30代〜40代になって少しずつ「大人の階段」をのぼりながら、何度も何度も反芻しては新たな魅力を再発見し続けているのが山下達郎である。近年は、たっつぁんのヘビーローテーション化が激しい。もうメロメロだ。

 

そしてそして。今回のパッケージデザインは、「とり・みき」のタツローくん(*ファンにはお馴染みのキャラクター)であるよ。パーフェクトだわ。はぁ〜(単なるファンのため息日記だなこりゃ)。

 

 

[12.09.26]

・財政と協議。予算配分最終案。

・レガロHでランチ。横山。本を配布。息子は頭が痛いらしい。泣き言電話。ふー。早く帰るか。

・「墨東綺譚」★★★。新藤兼人監督。墨田ゆきがステキ。

[12.09.27]

・人事調書。面談資料。

・韓国エロ映画「欲望」★★★。ラストが好みでないけど、普通に面白い。そしてエロ。女優キム・ソヒョンはヤンキー度がゼロの鈴木紗理奈な感じ。かわいい。そしてエロ。

・ぐるなびさんとケンちゃんと金子くんと。「直樹」。「hana」。海堂尊氏にバッタリ。

↑ページの先頭へ

さらば、FAX

2012-08-31 (金)

お買い上げ

先日、プリンターが壊れた。

 

うちにあるプリンターは「オールインワン」で、カラーコピー、スキャナ、FAXなどもついた超便利家電だった。まあ、インクカートリッジが高すぎる(全色替えると5000円ぐらいする)というのが唯一の難点だけど、頻度がそれほど多くない我が家では、十分満足度の高いものだった。

 

それが「壊れた」。物理的に何かが破損したわけじゃない。いつものようにプリントしようとしたら、突如アラーム音とともに、エラーメッセージが表示されたのだ。マニュアルでエラー番号「#20」を探してみると、「要修理」エラー。対応方法は、メーカーに修理を頼むしかないらしく、代金は一律15,000円とのこと。うーん。なんかこう納得いきがたい結論+値段。

 

参考までに、同一メーカーの「オールインワン」機種を探してみたら、なんと上位機種でも14,000円台。あら安い。となれば「このプリンターは3年ぐらいは使ったことだし、限界かなあ、やむを得ないなあ、」と買い替えを選択するのは自然の流れというものじゃなかろか。

 

 

しばらくして、新製品が届いた。前のプリンターを外し、新しいプリンターをいそいそとセッティングをする。と。その過程になって、ようやく重大なことに気がついた。なんと新プリンターにはFAX機能がついてないのだった。電話線を突っ込むジャックがない、ということで初めて気がついた(涙)。

 

もうね、「オールインワン」というだけで、当然、FAX機能は付いているものと思いこんどったとです。比較的上位機種で、値段が修理代と同じ、というあたりで「これでいいや」と思ったのな。あとでちゃんと確認してみたら、FAX機能付の機種だと、プラス1万円だったわ…。

 

でも、そこでハタと思ったですよ。そういえばFAX機能ってほとんど使ってないな、と。記憶にある限り、この3年間で使ったのは、わずかに2〜3回だった。しかも、その内容は申込書の送付だったりしたので、スキャン+メールに添付して送付、でも十分対応可能なものだった。

 

考えてみると、前のプリンターを買う時には、「オールインワン」と言えばほとんどFAX機能は付いていた、と思う。それが、ニーズが減ってきて有・無が選択できるようになり、さらにニーズが落ちていく中で、FAX付のものは主力機ではなくなってきたのだ。たぶん。

 

家電の上位機種といえば、いろんな機能が全部付いたもの、というのが一般的である。しかし、より便利な代替手段が登場し一般化するなかで「不要な機能」として淘汰されていくのだろう。

 

ということで、仕事でもここ2年ぐらいは使った記憶がないFAX。危機管理的な部署に行って、関係機関に一斉送信!…というような仕事を担当しない限り、もう使わないかもなあ。さらば、FAX。

 

[12.08.28]

・今年度の事業進捗状況+基金の処理について部次長協議。

[12.08.29]

・Amazonで同じ物をふたつ買ってしまう件を処理。

・「マイティ・ソー」★★★。ケネス・ブラナー監督。普通。ナタリー・ポートマンはかわいいけど、いろんな設定とか甘すぎる。突っ込みどころ満載だけど、まあね、マーベルだからね、というつもりで見て、それなりには楽しめる。なので普通。

[12.08.30]

・宮大福ちゃん、中山間の山下さんと厚労省事業について。労働局との定例会議。

・「ガグツチ(漫画)」★★。面白いけど、原作「死都日本」を読んでいるので、あまりにさらっとし過ぎている印象。久々に原作を読み返したいけど、誰に貸したんだっけなあ。

[12.08.31]

・部長手持ち資料作成。厚労省事業について中山間とか総合政策とかと打合せ。

・M女史とランチ。黒も参加で。なぜか物流の話に。

↑ページの先頭へ

なんちゃってアウトドア、再び

2012-05-09 (水)

お買い上げ 家族家事家 旅・旅行

GWの前半、仕事に追われまくったことを反省し、後半戦は部下に仕事を押し付けまくって(鬼)、なんとか休む段取をつけた。「せっかくのGWなんだから、どこかへ泊まり行きたい!」という贅沢病の息子のリクエストに応えるべく、ネットで九州中の宿を検索してみたが、ほとんど満室で、超高級ホテルぐらいしか空いていない。そりゃそうだわな。直前過ぎる。…困った。日帰りで遊園地(城島高原とかグリーンランドとか)という手もあるが、リクエストは「泊まり」である。はて。

 

結局、彼の意向を最大限尊重し、テントを買ってきて、ベランダで「泊ま」ってもらうことにした。「どこかで泊まる」ことには違いない。そんな大人の企みに気づかず、本人、大喜び。よかったアホで。

 

早速「スポーツオーソリティ」へ。ちょうどのタイミングで「テントのつくり方・畳み方」という講座をやっていたので、それを見学し、実演されたそのテントを購入した w。大人5人が寝れる大きさで、1張 ¥12,800也。1人当たり¥2,560。ホテルに泊まったと思ったらなんと安いことか! 単価だけ考えると「1泊使い捨て」でもいいぐらいだ(捨てないけど)。調子に乗って、テント内部に敷くマットや、シェラフ、テント内でも使えるLEDランタン等も購入した。それでも3万円ちょっとである。うふ。

 

帰宅後、さっそくベランダでテントを組み立てて、息子と娘1号はベランダに1泊した。それだけなのに、翌日の子どもたちの満足度は高かった。

 

「ならば!」と、調子にのって、そのまま県西部のキャンプ場に出かけ、今度は家族全員で1泊してきた。このGWど真ん中に全然ガラガラだったキャンプ場の経営問題はさておき、高原の上で食べるカレーは格別に旨かったし、夜空は近かったし(スーパームーン!)、朝は野鳥の声で心地よく目覚めたし、いやあ楽しかった。

 

テントを買っただけで、都合3日間も楽しめた。ガソリン代、食事代等、あらゆる出費を積み上げても、1人1万円かかってない。安いなあ~。

 

すっかり忘れていたけれど、独身時代は、ちょこちょこと野外活動に出かけていた。友達同士でキャンプに行ったり、借りてきたカヌーで川下りしたりしてた。愛車パジェロにテントを積んで、みちのく一人旅2週間とかもやったな。とはいえ、全然本格的じゃなかった。料理は毎度BBQかカレーだし、釣りとかトレッキングといった王道的な何かをするわけではない。ただ野外で「だらり〜ん」としてくるだけの「なんちゃってアウトドア」。それはそれで十分に楽しいものである。

 

今回のGWでその「のんびりだらりんこ」な楽しさを思い出した。アウトドア熱、再燃かも。

 

[12.05.01]

・森さんの辞令交付。KITENへ挨拶。会検準備。C課へ催促。宮崎市と小林市の分を説明。特別委員会資料作成。

・思い切って、余計なお世話をひとつ。

[12.05.02]

・会検準備。諸塚、県警、串間、新富、延岡。

・銀を囲む会。紫、三、黒。暴言城。2時まで。

[12.05.03]

・二日酔い。イオンで家族と合流。キャンプ道具購入。

・いとこ会。彰一、ヒロ。「一郎」「hana」「織田薪」。

[12.05.04]

・朝からもろもろ準備してキャンプへGO。小林「豊味うどん」でランチ。

・グリーンパークえびの(コカコーラ工場)見学。子どもら、案の定、コーラファンにw

・矢岳高原ベルトンオートキャンプ場。風がすごい。子どもら元気。新型テントすごい。

[12.05.05]

・鳥の声とともに6時起床。ホットサンドの朝食旨し。

・京町温泉「十兵衛の湯」。「さんまるこ亭」でランチ。

・帰宅後は道具の片付けやら洗濯やら。夜はご飯+味噌汁のシンプル飯で。

[12.05.06]

・午前中出勤。9-12。イオンでGWキャンペーンの応募。「神宮屋勘助」でランチ。

・子どもらとだらだら。早めの夕食はベランダBBQ。

[12.05.07]

・会検準備。23年度決算チェック、人材育成事業1件、基金事業2件。23:30

・夜中に娘2号が何度も大泣き。発熱した模様。

[12.05.08]

・どうにも介護者が見つからずやむなく年休。娘2号と1日。友絵先生。

・「絶対味覚/川越達也(主婦の友社)」★★★★。意外に!面白かった。川越さんとは何度もお会いしているが、彼らしい、ちょっと毒もありつつ優しさにあふれた、経営感覚もありつつ、思いもこもった本になっている。第5章なんて、ホントは書かなくていいのに。そこが彼らしさ。

・夕方から出勤。ミスド持参。23:00。

↑ページの先頭へ

ルクエの魔法

2011-05-07 (土)

お買い上げ 家族家事家

ルクエ。スペイン・バルセロナに本社がある調理器具メーカーである。
先日、某独身女子のお祝いにレシピ本とセットでプレゼントしたところ、とても喜んでくれた。中サイズ(1〜2人用)で、定価が¥5,250ということもあって、「すっごく欲しかったけれど買えなかった」とのこと。
でも、よく考えてみると、ちょっとした鍋(たとえばルクルーゼ)ならかなり小さなものでも1万円は越えるわけで、加熱調理器具としてはむしろコスパは高いとも言える。たぶん、シリコンのペラペラな感じと、ポップなデザインが高級感をなくしてしまい、割高な印象を与えてしまうのだろう。
日本の輸入総代理店であるコラムジャパンの増田社長と話をしたときに、「クリスマスシーズンの注文が凄かった」と仰っていた。プレゼントする立場からは「お財布に優しい価格」であり、貰う立場からは「お財布に厳しい価格」。この需給バランスが絶妙なのだろう。結果的に「欲しいけど買えない(買わない)」→「貰えると超嬉しい」という魔法が働いているのだなあ。
ということで、お袋の古希の祝いはルクエで決定。ふふふ。ただし、先の後輩の場合と違って、ドンキで見つけてきた(税込¥3,480!)ことはナイショだ。床に直で積まれてたけど包装紙でキレイに包めばわからんもんね。差額でこの本もつけたった。
51BTjj3UZHL._SL500_AA300_.jpg

[memo]

・朝寝坊。8時起床。終日リンコの子守り。
・親父の誕生日プレゼント(エプロン)、お袋の母の日(エプロン)と半年送れの古希の祝(ルクエ+ルクエ料理本)。
・イオン(本、エプロン)→冨滋味(尾崎牛つけ麺)→物産館(マルマン)→ダイソー(子どもたちが描く似顔絵を入れるフォトスタンド)→ユニクロ(ワンピースTシャツ+クールビズYシャツ)→ドンキホーテ(ルクエ)→FOODALY(食料品、マグナムが半額)→豆工場。

↑ページの先頭へ

ノマド的な…

2011-04-03 (日)

Mac、iPhone お買い上げ 仕事

以前も書いたが、この数年、良くも悪くも公私が互いに浸食している。公私混同という意味ではない。仕事を通じて知り合った企業人と個人的にすごく親しくなったりだとか、あるいはまったくプライベートで仲良かった友人・知人が仕事の上でのキーパーソンになったりということが日常的に起きるということだ。
こういう公私浸食が可能なのは、お互いの関係が「対等」で、あくまでも「アイデア」をやり取りする関係だからである。純粋に「個」と「個」の信頼関係があるからこそ、思いもよらない展開を見せることがある。そこが面白い。
したがって、どこからが仕事、どこからがプライベートという線引きも難しい。今日はプライベートで飲み会…という時に限って、素晴らしい出会いがあったり、バカ話から大きなヒントが貰えたり…。ある意味、常時臨戦態勢にあると言っても過言ではない。
そこで残留を機に戦略的アイテム「Mac Book Air 11」を購入した。常時携帯を優先し、小さい11インチをチョイス。これで常に情報収集、情報発信できる環境が整った。ノマド的に仕事を進めるぜ!
むふ〜ッ…と鼻息荒く意気込んだのはいいが、半日経過して、未だ iMacとの同期が叶わない状況。ぬー。なんで受け入れないのだiMacよ。つか、せめて「Office」ぐらいはインストールできないとノマドどころではない(泣)。ネット音痴め。

[memo]

・朝寝坊で8時起床。子供らと仮面ライダー1000回記念放送を。戦闘員がいっぱいw。
・午前中は漫画読んだり、リンコと戯れたり。
・お好み焼きランチ後、買い出し。TSUTAYA>Desaki(フレーム)>ヤマダ(mac)。
・どうにもsoftbankの入りが悪いような…。同期ができない。困った…。

↑ページの先頭へ

育児グッズ

2011-01-11 (火)

お買い上げ デザイン 家族家事家

思い起こせば、第1子である愚息が生まれたときは、毎月「トイザらス」に出かけたものだった。チャイルドシートに始まり、ベビーバス、ベビーカー、おまる、メリー、ガラガラ、抱っこヒモなどなど、いろんなグッズを買いそろえたものだった。精神的な不安を払拭する意味でも、ベビーグッズを買うのは楽しかった。
第2子の娘1号は、ケータツと2歳違いなので、ほとんどのグッズは「おさがり」した。チャイルドシートなど両方に必要な物は、ケータツに「幼児用」を買い足して、ハナは「おさがり」のものを活用した。いやあらためて思い出してみても、ハナには、ほとんど育児グッズみたいなものは買わなかったな。
んで、第3子、娘2号である。これがもう「おさがり」がほとんど残ってないのである。それらのベビーグッズは、やたらにかさばるので、頃合いをみて従妹や友人の家へ「おさがり」されていったのだった。その友人たちも、とっくに出産時期を過ぎており、彼らの家にも育児グッズがほとんど残っていない。
やむなく?チャイルドシートは、「中古屋」さんで激安のものを購入した。ベビーバスは、洗面所で代用し、メリーやガラガラは、実はそれほど喜んでもくれないので、最初からいらない。ベビーカーはかろうじて、ケータツの分が従妹んちにいってたので、引き上げた(笑)。つまり、娘2号も、1号同様、極力、金をかけずに育児中なのである。
だけども、ここにきて、どうにも困った事態になってきた。娘2号は、普段はローチェアに座って一人遊びができる。ところが家族がダイニングテーブルで食事を始めると、決まって泣き出すのである。一緒にテーブルについてさえいれば泣かない。ぬー。まさに「食事は家族の団らん」とでも言いたいのか。
しょうがないので、ぼくが左手で抱きかかながら食事をする毎日。んー、でも片手だとどうにも落ち着かない。メシ食ってる気がしない。楽しい筈の夕食がじぇんじぇん楽しめない!
ちゅーことで、彼女も一緒のテーブルにつかせるために、ハイチェアを買うことにした。そして、これまで金をかけなかった分…ってことで、思い切ってベビービョルンのハイチェアを本日購入したった(ついでに同社製のおまるも)。スウェーデン製というか、機能性とデザインがちゃんと共存できているのが素晴らしい。父ちゃんもやるときはやるよ。
ということで、今週末ぐらいからは、こんなオサレな感じで、夕食が楽しめるようになるハズ。
(注)モデルのお父さんと赤ちゃんは商品に含まれていません。
B003U2S5TS.01.PT03.LZZZZZZZ.jpg

[memo]

・相変わらず朝食に1時間かける娘1号。厳しめにしかる。
・B社をたちあげたO氏。逃亡者の話など。
・予算配分がなかなか決まらない。明日決着しよう。

↑ページの先頭へ

デフレな一日

2010-12-18 (土)

お買い上げ

[memo]

・Run再開 10km 6’00。途中までケータツと(ヤツはカードを買いにセブンイレブンへ)。
・イオン。ハナはピアノ。
・「スポーツオーソリティ」ケータツのフィールドコート購入。
・「ユニクロ」マイクロフィース、ネルシャツ、ヒートテック(アンダー数着)。家人もいろいろ購入。ケータツのパジャマ。
・「花門亭」でランチ。お好み焼き、富士宮やきそば。
・「ヤマダ電機」にて暖房器具を検討。
・「ドンキ・ホーテ」でクリスマス会のプレゼント(入浴剤、うまい棒セット)。食材いろいろ購入。
・いらん服を整理。つか、服持ってねーなあオレ。
・「新垣ミート」で肉。
・焼肉夕食。家族4人で4,000円未満♪

↑ページの先頭へ

ブルーレイ or アップルTV or…?

2010-11-22 (月)

お買い上げ 映画TVラジオ

「Playstation2」が壊れた。ま、壊れたといっても、DVDの読み取り以外は、すべて正常に動くのだが、我が家では、ゲーム機というより、DVDプレイヤーとして活躍していたわけで、一番大事な機能が使えないのでは存在の意味がない。このPS2は、予約して発売日に購入した覚えがある。つまりは、2000年3月から10年使ったということ。まあ、よくもった方だろう。ご苦労様。(ときどきケータツがこそこそと古いソフトで遊んでいる様子なので、当面抹消はしない予定)
さてここで選択肢は3つある。
1)ブルーレイ機を買う(約60,000円〜)
2)PlayStation3またはXboxを買う(約2〜30,000円)
3)アップルTVを買う(8,800円)
あまりテレビを見ない我が家としては、ブルーレイを買うのは悩ましいところである。ケーブルテレビのチューナーに40時間ほどの録画機能があって、その範囲で足りている。つか、それ以上溜め込んだら「どうせ見ない」と判断して削除している。
あと、映画は好きだが、同じ映画を繰り返し見たり、コレクションするような時間的・金銭的余裕がないので、高性能ブルーレイは無用の長物という気がする。レンタル店でもまだまだ作品が揃ってないしね。
どさくさ紛れにブルーレイ再生機能付ゲーム機の購入も考えたが、ぼく自身、ほとんどテレビゲームをしなくなった今となっては、メリットが薄い。
では、アップルTVはどうだろう。システム的には「ときどき映画を借りてみたい」という我が家のニーズにピッタリである。テレビの前で映画が選べるなんて最高だ。…ただ、非常に残念なことに、我が家の構造上、PCとテレビの位置が離れていて、いまひとつ無線が繋がりにくいのだ。Air Mac Expressですら音飛びしたりする。ましてやデータ量の多い映像が安定的に飛ばせるかは疑問。
むー。いったいどうしたものか。
(追記)どれも決定的要素に欠けるという消極的な理由で、純粋に代替機としてDVDプレイヤーを購入することで決定(HDMI端子のついたPioneer製)。当面、TSUTAYAの会員証は必要なようだ。

[memo]

・復命作成。アタックプラン作成。Z課要求資料作成。
・「Facebook活用術」「月にランタン」購入。
・PlayStation2が動かないので、もんもんといじる。

↑ページの先頭へ

ローヒーなオレ

2010-11-09 (火)

お買い上げ 食・食材

家庭内の浪費担当、名付けて「ローヒー」。それが私だ。
今日もスーパーに行って、いろいろ浪費したった。
・サイデンバッハのミューズリー
・チモトコーヒーの豆(グッドインサイド)
・ハーゲンダッツ「フレジェ」「ミルク クラシック」
シリアル、珈琲豆、アイスクリーム。どれも嗜好品で、しかもまだ在庫があるとわかっているのに、わざわざ割高なものを買うあたりがローヒーたる所以。堅実な家人にはあり得ない行動だ。
そんなローヒーにとって、ハーゲンダッツは大好物だ。次々に繰り出される新作には激しく購買欲をそそられる。そして、そのうちどれが新作がわからなくなってしまい、同じ商品をぐるぐると2周〜3周するのは当たり前だ。ジャケットで全然気がつかず、食べた瞬間「あ。これ食べた」と気がつく。ちなみに今日のは2種類ともに2週目だった。ちっ。
こういう「小さな後悔」も、ローヒーにとっては、ある意味エクスタシー。そうやって、今日もローヒーは生きてゆく。

[memo]

・受付数整理、出張計画、要望立会、変更契約持ち回り、来年度予算資料調整。
・ケータツのケガの治療で皮膚科へ。

↑ページの先頭へ

海森堂rss

過去ログ一覧

ページ先頭へ

最近の投稿の画像