ソーシャルネットワーク(映画)

2011-01-28 (金)

映画TVラジオ

題材がたまたま「Facebook」だった。友情、ビジネス、恋愛…といったさまざまな要素がてんこ盛りでありつつ、ツッコミどころはほとんどなく、非常に完成度の高いドラマである。
導入部からエンディングまでのストーリー展開の見事さ。明確なキャラクター設定と多面的な人物像の表現。膨大な台詞のなかに絶妙なバランスで配置された伏線とか笑いとか。バラエティーに富む映像表現や音楽のスパイス。
とにかく情報量が多いので、全部を消化するには結構な集中力が必要だけれど、途中、ダレることなく、最後まで一気に見せるエンターテイメント性はさすがデヴィット・フィンチャー。「セブン」や「ファイト・クラブ」は好きな映画だったけれど、こんなに緻密な作家だったか。もう一度、作品を見直したくなった。
それにしても、エリートってやっぱ鼻持ちならねーとも思った。ええ、ええ、ヒガミですけども。
20110117230953.jpg

[memo]

・逃亡者?ヘキサゴン?ガイドブックのチェック&チェック。20:00。
・「ソーシャルネットワーク」★★★★★。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像