新しい刺激(インテルのCM)

2011-01-17 (月)

エンターテイメント

先週ぐらいにtwitterで話題になっていた動画がコレ。

 
インテルの凝りに凝ったCM。どれだけ容量を食うタスクが並んでもスピーディーに思いのままに処理できますよ…という製品性能を、エンターテイメントとして見事にプレゼンできている。完成度もすごく高い。ぜひ、フル画面でその迫力を味わって欲しい。
…と誉めてみつつ、実は全然「驚き」がない自分もいる。なんつーか「ああ、そうきたかー」と少し感心しちゃう程度の刺激。1アイデアを膨らませ、最新のトレンドを網羅して、上手にパロディし、そつなくまとめた…、つまり「巧いなあ」という印象だけが残る。
1アイデアといえば、この動画もそう。
「サッカーって戦争だよな」という1アイデアをここまで大げさに、かつ、スタイリッシュに見せる技術は実に素晴らしい。でも、これだって「驚き」というほどのことはない。面白いし、このクオリティで作り上げたことは、素晴らしいけれども、新たな刺激はほとんどない。結局は「1984」や「Hungry?」がやったことの焼き直しになってしまふ。
今の時代、クリエイターってホントに大変な仕事だろうと思う。クリエイティブってやっぱり「過去にないもの」じゃなきゃ「驚き」もなきゃ「刺激」もないってことだから。頑張れクリエイターたち…
って明るく声援送りつつ、目の前の業務であるポスター制作が、デザイナーさんの提案があまりにこちらのリクエストのレベルになく、時間も全然足りなくなっているので、とりあえず森本千絵の基本アイデアをパクる覚悟(こらこら!)
[memo]
・ビーフジャンキーズ打合せ。ページ構成見直し。フェア情報入手。予算見直し。
・N女史からtwitter問い合わせ。よくわからないのでカスタマーセンターへ問い合わせ。
・定時退社で子供らと楽しい時間。
・「音もなく少女は/B・テラン(文春文庫)」★★★★★。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像