インシテミル

2010-10-25 (月)

読書

本格ものの世界に「淫してみる」という挑戦的なタイトル。
今回は文庫本で読んだけれど、不思議な語感をもつタイトルと、単行本の軽いイラストが気になっていていつか読もうと思っていた作品。まさか映画化されるなんて思ってもなかったけど、これってこのミスかなんかでベスト10入りしていたのね。
んーでも、ぼく的には煮え切らない感。クローズド・サークルものだから苦手とか、全然そういうことないし、今回の舞台設定自体は、わくわくすることができたのに、いざ殺人が始まってしまうと、どうにも緊張感が足りない印象があるのだなあ。せっかく「淫して」いるのに、もっとぶっ飛んでよ!的な。勿体ないス。

[memo]

・睡眠不足、体力消耗…などが重なってすごく不調。どこがどう…というわけじゃなく。
・U社打合せ。パッケージ等確認など。
・そんな場合じゃないのに定時退社。湯船にひたり、メシを食い、本を読み、21時頃就寝…したものの、22時目が覚め、結局仕事を夜半まで。
・「インシテミル/米澤穂信」★★。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像