ラブでヘイトな泡盛

2009-08-27 (木)

食・食材

アルコールは大好きだ。
ビール、ワイン、焼酎、日本酒、ウィスキー、ウォッカ…なんでも来い。でも、「量」が飲めないのがどうにもこうにも。体調で飲める量が全然違う。調子がいいときは、ワインフルボトル1本は全然いける。が、通常は、生ビール数杯+焼酎ロック2杯ぐらいでやめておく。それを越えると偏頭痛になる確率が高くなるのだ。逆にそのレベルでやめておけば、翌日まで楽しい時間が保証される。
んでも、昨日はその限界内しか飲んでないのに、ひどい二日酔いになった。全身が気怠く、むかむかとした吐き気が止まらない。
よーく考えてみれば、昨夜飲んだ焼酎は、泡盛だった。残波黒と久米仙。ともに30℃だ。普段飲んでいる宮崎の焼酎は、20℃のヤツだ。アルコール度数が全然違う。しかも、昨日のグラスは随分おおぶりで、なみなみとついであった。ダメじゃん。
思い返すと、那覇の古酒バーで、とびきりの古酒(43℃)をロックで2杯飲んだときも、翌日死にそうになった。そのあとに食べたヤギ汁が悪かった…というわけではないハズだ。うーむ。泡盛恐るべし。
みなさん、お酒を飲むときは、アルコール度数に十分注意しましょうね(って、みんな知ってる)。

<memo>

・研修2日目。昨日飲み過ぎで気持ち悪い(残波と久米仙をロックで)。
・課題の抽出とテーマ設定とプロモーション案。チーム九州は、カロリーベースでの自給率が低い(生産額ベースは高い)ところに注目し、野菜や果物の吸収(もちろん九州にかけて)を促す「健康自給率」という概念を提案。さらにそれをわかりやすい形にするため、ビタミンポイント、略して「ビタポ」という単位を買物時に確認できるシステムをメイン企画に。そこから「ビタレンジャー」とか「美多民・九州」とか「美多茶」とかそんな議論に。あははん。
・途中でちょっと発熱したっぽくて焦ったけど、なんとかおさまった模様。軽くメシ食って早々に帰宅。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像