愛しさと、美しさと、変態と

2012-12-15 (土)

アートなど

久しぶりの東京出張。業務の合間をやりくりして、駆け足で3つの展覧会を見てきた。

 

森本千絵「en°木の実」展@ワタリウム美術館「on Sundays」

 

 

もう長年、森本千絵さんの大々ファン。元々はアートディレクターとしてのファンだったハズなのに、好きになりすぎて今は女子としてもファン。長澤まさみの次ぐらいにらぶ w。「言語」以外の方法で、こんなにも感情を表現できて、それがひとりよがりでない、多くの共感を生む表現になっていて、さらには特別な愛おしさまで感じさせる「森本千絵らしさ」がもう凄かった。2時間たっぷりいても見足りないほど。会場に本人がいたので抱きしめたかった(もちろんしません)。

 

 

篠山紀信展「写真力」@東京オペラシティアートギャラリー。

 

 

なにせ多感な中学生時代を「激写」で過ごしたわけで、世代的にキシンイズムにどっぷり浸かっている。展示のほとんどを「スター」の写真で埋め尽くしたことで、より一層、キシンイズムに満たされて実に心地よい空間だった。山口百恵、宮崎美子、蒼井優、高岡早紀…。美し過ぎて吸い込まれそうだった。ただ、うーん、なんだろう。意外性はなかった。歌舞伎、TDL、相撲、バレエ、刺青といった「意外な被写体」ですらも、いかにもキシン!という様式美を感じたなあ。

 

 

会田誠展「天才でごめんなさい」@森美術館。

 

 

これはもう「意外性」の連続というか、バカというか、イカレてるというか。エッセイは読んだ事があって、そのとき「意外と正しい人かも」と思ったのは大きな誤解であった。やっぱりド変態であった。スクール水着の絵など、まったく真っ当な部類。あまりに問題がある(不快になる)ため、18禁の展示室があるほどだ。なにか特別な思想があるわけでもなさそうで、それでいて、作品のひとつひとつに明確な悪意があって見ている物の居心地を悪くする(でも目が離せない)。…という意味で、間違いなく天才でもある。うーん、しかし女性の陰毛が濃いだの薄いだので絵を描いてるこの天才と同年代か〜。

 

愛しさと、美しさと、変態と。アートはぼくを救う。

 

[12.12.10]

・朝から調子悪い。二日酔いなら運転できないが…と思いつつアルコールチェッカー。0.00。となると風邪か。部下との協議などで追われたため、なんとか1日もったけど、きつかった。昼休みは車で寝た。ヘパリーゼとイブを大量摂取でしのぐ。ちょっと熱出た。

[12.12.11]

・なんとか回復。午前中、経済団体への求人要請。午後の便で東京へ。ソラシド。厚労省にてこまごま打ち合わせ。

・森本千絵展を経由して、銀座「マルディグラ」。じゅんじゅんと。短角牛のハラミが旨過ぎる。これぞ肉。豚肉モツの揚げ物も旨かった。東新宿泊。夜中に軽くビール。

[12.12.12]

・東京事務所との打ち合せ。早稲大学キャリアセンターとの打ち合せ。渋谷「8/」現地調査。

・移動中に「創造力なき日本/村上隆(角川oneテーマ21)」★★★★。いつも全力の著者。格好よすぎる。

・ランチ「キッチンおとぼけ」。懐かし過ぎる。合間に篠山紀信展。会田誠展。

 

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像