なんちゃってランナーからの脱却?

2012-11-20 (火)

身体

昨日の「つわぶきハーフマラソン」は、自己新の1時間51分31秒でゴールした。

 

恵まれた天候、比較的フラットなコースという好条件に加え、これまでのトレーニングで2回「30km走」をしていたことが一番大きかったように思う。呼吸が苦しくなっても「足(脚力)はまだいける」という自信があったから、ペースを落とすことなく最後までがんばれたのだ。

 

逆に考えると、普段、呼吸がきつくなるようなスピード練習を全然していないということでもある。いつも、キロ6~7分のゆっくりしたペースで走っている。なにせ、通年の練習などせず、シーズンが迫ってから「しぶしぶ」10km走などを始める自分だ。「徐々に慣らしていこう」と思っているうちに、シーズン終了〜というのが例年のパターンなのだ。

 

今回、たまたま自分の想定外のハイペースで走り始めてしまったことは大きな「きっかけ」になった。ここのところ週末の長距離走だけは続けていたので、オーバーペースであっても、意外とそのスピードをキープしたまま21kmを走りきれた。これはひょっとしたら、万年「なんちゃってランナー」から「サブフォーランナー(フルマラソンを4時間未満で走るランナー)」へのブレイクスルーになるのかもしれない。

 

まあ、とはいえ、練習量が全然足りないぼくなので、今年中のサブフォーはないのだけれど、仮に3週間後の青島太平洋マラソンで4時半切りができたとしたら、来年はいけるかもしれない。そんな可能性の尾っぽが掴めた気がする。うふ。

 

 

改めてカウントしてみたら、これまでハーフマラソンを9回、フルマラソンを7回走っている。そろそろ「なんちゃって」を卒業しても言い頃なのかもしれないです。

 

[12.11.19]

・委員会資料修正。各種照会回答。労働局協議(連携事業案件、ビッグ事業案件)。合間にパレード調整。

・「サンセット大通り」★★★★。ビリー・ワイルダー。映画そのものの面白さもさることながら、配役などの「妙」が効いている(ということを鑑賞後にwikiで知る)。そういう文脈で見ても尚一層深みのある作品だな。凄い。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像