ディスカス映画祭

2012-06-11 (月)

未分類

ここのところ、更新がますます減っているのは、もう全然PCの前に座ってないからで(もちろん職場では別)、FBですらロクに投稿してないですな。

 

まあ、仕事の内容が内部処理的な性格が強くなり、その影響でやや内向的になっているのやもしれぬ。仕事終わって帰宅したら、飯食いながら幼き子らと語り、ふたつの小学校と保育園からの連絡を確認し、風呂に入れ、寝かせる…といった一連の父親業で夜はグッタリ。その後自分が寝るまでのわずかな時間は、もっぱらリラックスして映画(DVD)や本(漫画)に逃げたくなるですよ。

 

しかも、今さらながら「TSUTAYA DISCAS」に入会したので、この傾向はますます加速する可能性大。いや、レンタルDVDってついつい新作ばかり借りてしまうというのがだったけれど、この事前にPCでエントリー>郵送方式は、そういう場当たり的な映画鑑賞を相当改善してくれるわけで(しかもマイナー作品も比較的揃っている)、もうわくわくするのな。

 

なので、当面は次のようなラインナップとなる予定。おお。まるで一人映画祭 w

 

新藤兼人監督・追悼上映会

シネマハスラー年間ランキング上位作品シリーズ

ロバート・アルトマン監督特集

デビッド・クローネンバーグ監督特集

 

とりあえず1本目は2008年シネマハスラーランキング1位「シークレット・サンシャイン」!

 

[12.06.01]

・求人要請の次長レク。出納閉鎖。とうとう閉まらず。K課と打合せ。

・歓迎会とかもろもろ打ち上げとか。「アクアビット」。「hana」。kuraのあとに入ったBAR。

[12.06.02]

・100kmリレーマラソン下見+練習会。2kmならなんとか走れる。定永耳鼻科(息子)。金田礼子皮膚科(娘2号)。

[12.06.03]

・蔵の整理(子どもの絵など)。子供らは地区の運動会へ。夕方買い物など。

[12.06.04]

・求人要請(経済4団体)。

・快気祝い。「桜井酒店」。三、橙、紫、緑、爽、黒、白、蛍。「hana」は休み。

・「卍」★★。30年前!の作品。樋口可南子の美しさが高瀬春奈の鬱陶しさで相殺されている。もっとエロい映画と思っていた(高校生のぼくは)。

[12.06.05]

・K課と打合せ。求人要請(佐土原)。部長宿題レク。求人要請(建設業)。

[12.06.06]

・部長用資料づくり。高千穂町来訪。

[12.06.07]

・求人要請(JA経済連、中央会)。地域産業活性化協議会。みやざき犬会議。娘1号にバスカ。

・「SRサイタマノラッパー2」★★★★。しゅっしゅっしゅ〜と思わず歌ってしまう。いいなーかわいいなーこの子ら。ダメな子らなりに何らかの希望に向かうあたりがね、前作よりメジャーな感じに進歩していて好感。

[12.06.08]

・書類の整理。部長勉強会>室狙い撃ちの宿題 w

・娘2号のお迎え。晩飯づくり(豚肉の春雨なんたらときのこシチュー)。

・「砂の器」★★★。今さらながら初見。なるほど。名作の誉れ高いのも納得。後半の独特の演出・盛り上がりは凄い。加藤嘉の名演も素晴らしい。若い頃に見たら、圧倒されたかも。今見ると、最後の「捜査報告」「コンサート」「回想」のシーンは、もっとうまい編集・演出があったようにも思えるな。

[12.06.09]

・100kmマラソン練習会。6kmでバテバテ。耳鼻科。待ち時間長過ぎるよ。ランチ「カプリチョーザ」。庭の草刈り。だらりんこ。

・「復讐者に憐れみを」★★★★★。このなんとも残酷で悲劇的で救いようのない話。誤解を恐れずに言えばもう大好きなのだこういう映画。リアルな話だとしては耐えられないものでも、フィクションであるからこそ、悲しみに共感し、心からの涙が流せることもある。全然ヒットしなかったそうだが、強く支持するなあ。あと、ペ・ドゥナが超かわいい。

[12.06.10]

・掃除洗濯。午後からピアノ発表会。ぼくはもっぱら娘2号の相手。

・「その街のこども-劇場版-」★★★★。ドキュメンタリータッチ、というのだろうかこの脚本・演出は。ノンフィクションな事件(阪神淡路大震災)にフィクションな登場人物を置き、限りなくリアリティがあって普遍的なメッセージもありつつ、それでも「誰でもない誰か」の物語を紡ぎ出している。佐藤江梨子・森山未來の演技が素晴らしい。

[12.06.11]

・朝イチで委員会資料(追加分)。部次長に説明>了承。本議会は質問が少なく趣旨確認に行ったK議員のも別部局での整理となった。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像