エンディングノート

2012-02-28 (火)

映画TVラジオ

あちらこちらで評判が良いので、時間をつくって見に行った。

 

癌に冒された監督のお父さんを追いかけたドキュメンタリー、というぐらいの予備知識であったけれど、人の死を扱っているにも関わらず、思いがけずとてもキュートな作品だった。父親への愛情は随所に「出てしまう」のだけれど、それでも監督の視点は冷静で、目の前の物事をあるがままに切り取ろうとしている。そして(たぶん)膨大に集まったデータをベースに、見事な編集力でもって、ユーモアと含蓄にあふれたエンターテイメント作品へと仕上げているのだ。エンターテイメント? そう。「お父さんの死」という極めて「私事」なことを、誰もが共感しうる物語へと昇華している。もはやこれは、一級のエンターテイメントだ。あはははと笑い、つーっと温かい涙を流した。

 

それにしても会場は平日昼間ということもあって年配者ばかり。自らの数年後にどんな思いを馳せていたのだろうか。

 

 

[12.02.14]

・1歳半健診、の予定が、突然の発熱で中止。今日からババ宅へ。合同政策研究会。政審会。

[12.02.15]

・朝イチ便で上京。Tストア大森でトップセールス。内容はともかくイベント会場として動線がよくない。つか、K連の担当者、相変わらずの大ポカ。ひどいな。

[12.02.16]

・おかえりリンコ。

[12.02.17]

・朝、リンコを小児科へ。ようやくインフル完治。保育園へ。

[12.02.18]

・朝イチ便で上京。Aスタジオ丸の内。会場設営、本番。歩留まりが悪すぎる件を強くクレーム>D。イベント自体はまあこんな感じ?

・トリコの見舞いへ。随分元気になっていてビックリ。タリーズでお茶しつつ。レインボウも。

・「塚田農場錦糸町店」。カリスマ店員まいちゃんに会いに。TJの面々も。ものすごく「味」のある接客術。決して大技でなく小技の連発でくる。なるほど。

・部屋でひたすら「ミレニアム1」読み。

[12.02.19]

・Aスタジオにて料理教室×2本。汐留にて。出番は少しだけれど、拘束時間は長い。ランチもビル内の「SUBWAY」…。最終便で。

・「ミレニアム1/スティーグ・ラーソン(ハヤカワミステリ文庫)」★★★★★。面白い、という評判通り。ハリウッド版の映画がえらく面白いというので慌てて読んだ。ミステリー的なわくわく感もさることながら、キャラクター造形が素晴らしい。

[12.02.20]

・第6回AMET会議。

・「ミレニアム」前編。TSUTAYAでは通常版が全部貸し出し中で完全版(新作)のみ。キャスティングが趣味と違い過ぎて。

[12.02.21]

・犬申請関係。

・「ミレニアム」後編★★。良かったのはロケーションのみ。キャスティング、原作の変更の仕方、編集、音楽…。どれも原作の魅力を曲解している印象。残念。

[12.02.23]

・知事レク用の資料を各担当から。犬申請関係。

・午後代休を取って、「エンディングノート」★★★★★。

・久々に家メシをつくる。家人から「今年2回目ね」と厳しい言葉が。すまんのぅ。

[12.02.24]

・大整理。知事レク(福岡イベント、大阪交流会)。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像