小説読みたい欲

2012-01-09 (月)

読書

年末頃から「小説読みたい欲」がメラメラと沸き上がってきている。

 

ここ数年、読書といえば、仕事絡みのムックや、ビジネス書、新書がほとんどだった。広告、PR、デザイン、アート、写真、ブランド、キャラクター、自治体、コミュニティ、コミュニケーション、ソーシャル、Eコマース、地域づくり、食、農業、グルメ、焼酎、ワイン…。ぼくの本棚には、そんなキーワードの本がズラリと並んでいる。

 

何もないところからアイデアを紡ぎ出せるほどの能力はないので、それらの本を読みながら、何かしらのヒントはないか、少しでもいい見せ方はできないか、何ならモロパクリでもいいから効果的な仕掛けはないか…。まるで自信のないマラソンランナーが、ギアやサプリメントに大枚をはたくように(ぎっくぅ!)、買い漁り、読み漁って、仕事の糧をしてきた。

 

ところが、育休が終わって仕事復帰のことを考えた時、「もうあとはアウトプットするだけ」と気がついたんである。まあ、人事は水モノだから内示があるまではわからないものの、通常3年でローテーションするところが現在4年目。ほぼ次の4月で異動すると考えて間違いない。そして、うちのチームも、ぼくが留守にしていた間も、若干スケジュールがおしていることを除けば、極めて順調に成果を出してきた。となれば、もはやインプットしている時間などない。これまでの蓄積の中から、どんどんアウトプットしていって、残された期間でチームのレベルを最大限に引き上げ、来年度に向けての種をたくさん巻いて、力強くバトンを渡すしかない。だから読書自体も、純粋に楽しみとしての本、つまり小説へと回帰したのだった。

 

…なーんちゃって。

 

むりくりそれらしい理由を書いてみたが、ホントのところはよくわからない(笑)。単に、無性に小説が読みたくなったのだ。理由なんて知るか。その一方で、本を読むペースは格段に落ちている。ちびちび楽しみながら読んでいこう。

 

 

[12.01.06]

・SS企画の企画書・スケジュール作成、監査調書チェック、Tストア打合せ、M小学校打合せ、福岡W打合せ。

・暴言ランチ。レガロホテル。

 

[12.01.07]

・息子を連れて定永耳鼻科。非常にシステマチックな病院でビックリ。検査も多彩で信頼性が高い。長い付き合いになるかも。モスバーガー。金のバーガー。かなり旨いけれど1個490円也。「ブラザー理容」でさっぱり。家人らと交替して娘2号をピックアップ。「TSUTAYA」経由で帰宅。掃除やら洗濯物畳みやら。

・「スーパー!」★★★★。ジェームズ・ガン監督作。面白い!「キック・アス」のブラック版ともいうべき、毒とユーモアに満ちた快作。エレン・ペイジのハイテンションぶりが最高。エンディングもそうだけれど「悪はやっぱり悪である。だからと言って悪を倒すことは必ずしも善ではなく、報いを受けることもある」という視点が渋く深い。ただ、見終わった気分としては「キック・アス」の方が好み。

・娘2号が夜中に嘔吐。さっそく保育園で菌を貰ってきた模様。ただ、それほど辛そうになく、吐くだけ吐いて寝た。

 

[12.01.08]

・家人と子供らが、休みになると走りに出かける。ぼくと娘2号はお留守番。つまらん。

・「劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ」★★★★。入江悠監督作。予想以上に面白かった。ドキュメンタリー的な要素を白けない絶妙なバランスでドラマに入れこみつつ、エンターテイメントとしてキチンと作り上げている。ラストのカタルシスが特に素晴らしい。

・「ブラック・スワン」★★★。ダーレン・アロノフスキー監督作。大好きなナタリー・ポートマンがあんまりかわいくなくて(痩せ過ぎ!)残念だったけれど、その分、ダンスシーンは素晴らしかった(素人目には)。サスペンスドラマだと思い込んで見ていたので、途中でサイコスリラーだと気づいてビックリ。観客を惑わせる演出など細部にこだわりがある作りには好感。でもこのジャンルはそんなに好きじゃないのよね。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像