年賀状

2011-12-21 (水)

デザイン 主夫生活

ここ数年の年賀状は、敬愛するデザイナー森本千絵さんに倣って、必ず何らかの「手作業」を入れるようにしている。写真をそのままプリントするのではなくて、上から手書きの文字を被せたり、逆に一旦プリントしたものをあれこれ工作したりするのだ。そういう「手作業(まさに一手間)」を加えることで、小さな葉書のなかに、少なからずの「ヌクモリ」だとか「イキヅカイ」が表現できる(と思う)。

 

今年の「手作業」は、「色紙」にしてみた。写真の上に、「2012」や「NEW YEAR」の文字を色紙で切って(フリーハンドで切ると味のある文字になる)、色合いや空間のバランスを取りながら乗せていくと、とてもカラフルなテイストの写真に変身するのだ。ただ、バランスを取るのはすごく難しくて、ピンセットで色紙を1mm単位でズラしながら、全体を調整をしていかなくてはならない。なかなかしっくりきてなかった文字の配列もなんとか決まり、昨夜から最終の調整作業に取りかかった。

 

ところがである。今日の夕方、作業途中のその「原画」に、娘2号が「だーーー!(喜)」と飛び込んでくれたのだった(泣)。もちろん、写真に乗せてあるだけの色紙はすべて飛び散った。だあああああ。2時間ぐらいかけた作業が…。娘1号がソバに付いているからと油断したのがいけなかった。

 

そんなわけで、来年の年賀状は、元旦に間に合わないかもしれない。そんときゃごめん。

 

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像