頼られてこそ、

2011-11-17 (木)

未分類

「育休中」の身でありつつ、実は結構仕事をしている。いや、すべて無償であるからボランティア活動というべきか。職場からの問い合わせ・相談はもちろんだけど、意外に県庁の他部局、市町村、企業などから持ち込まれるいろいろな相談ごとに手間を取られている。おおっぴらには動けないものの(東京で打合せとかは無理 w)、電話やメールで応えられるものは応えるし、市内なら赤ん坊同席で出かけたりもしている。

 

もちろん、我がチームメイトに依頼できるものは依頼して「組織としての対応」を心がけてはいる。でも、実際には、ぼく個人をあてにして相談してくれている案件がほとんどなのだ。そうなると「育休なんですけどね…」という言い訳はしつつも、一定の対応をしなくてはいけない。

 

たとえば、元上司からは「来年、◯◯学会が開催されるのだが、いい講師を紹介して欲しい」というメールが来た。ええっ?その学会はうちと全然関係ないし、そもそもなぜぼくが講師の斡旋?…とも思いつつ、ぼくに聞いてきたということは「宮崎の魅力を語れる人」がいいのだろうと勝手に解釈し、また、その学会の成り立ちや、過去の講師陣の顔触れ等も参考にしつつ、話がとても上手な「固め〜柔らかめ」の候補者5人をピックアップし、簡単な履歴や連作先をまとめて返信しておいた。

 

また、東京の某企業からは「全国の自治体が参加する大規模なカンファレンスを予定している。テーマは◯◯でいいか」という相談があった。このカンファレンスに実際に参加した経験を踏まえ、ぼくからは「そのような事例報告的なテーマを取り上げる時期は過ぎたのではないか。御社と自治体とのコラボを具体的に考える企画会議にしたらどうか。全員が自分のこととして”参加”するのではないか」と提案した。

 

営業、あるいは広報系の仕事をしているなら、「頼られる」ということはチャンスである。信頼を得ている証拠だ。ならばその期待に応えないわけにはいかない。若干、「これは他部局の仕事かな」とか「休暇中にココまでやるかな」と悩ましいときもあるけど、明らかに「否」でない場合は、「やって後悔」すべき。

 

ああしかし。それでもこのボランティア活動やっちゃうと頭が「主夫モード」に戻りにくいのよね。メールへの返信をしこしこ書いていて娘1号を迎えに行くのを忘れたりとか(先日は1時間待たせてしまった)、相談の電話で話し込んでいるうちに、鍋を焦がしてしまったりとか(火災警報器も鳴った)、娘2号を隣のパイプ椅子に座らせたまま打合せしてたら、バランスを崩してコンクリの床に倒れたりとか(眉間に青タンが…)。ああ全然頭の切り替えができない。

 

それでも「頼られてこそ」、の自分であり、営業マンであり、プロデューサーである。残された期間もできるだけのことはしていかなければ。…って書いてから気がついた。うちの子どもらからも、たぶん、頼られてるんだった。あはー。父ちゃんもがんばれ。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像