お金の話

2011-11-09 (水)

友人知人

もう随分と長い付き合いになる某から、突然「お金を貸して欲しい」という電話があった。浮き沈みの激しい業界でなんとか頑張っている某なのだが、その声にいつものような張りはなく、ジリジリとした切迫感だけがあった。これまでも厳しい時期は何度もあったやに聞いてはいたが、ロクに金を持っているハズもないぼくに、そんな話をしてきたこと自体、事態は相当深刻で、プライドも何もない状況なんだろう。どうやら体調も壊しているらしく、思わず某の家族の顔も思い浮かんでしまう。

 

言われた金額は、ぼくにとって決して少なくないものだった。ましてや、現在、無給生活で、わずかばかりの貯金を食い潰している身としては痛いどころの騒ぎではない。しかもそれは「返ってこないお金」なのだ。たぶん。

 

でもぼくは「貸すよ」と言ってしまった。情に厚いのか、単なるええカッコしいなのか、自分ではよくわからない。ただそのとき考えていたのは、実は某のことではなかった。ぼくの友人、知人たちすべてのことだった。言葉少なに感謝の言葉を述べる某の声を遠くに聞きながら、ある種の「願掛け費用」を払うような気分になっていた。

 

「どうか神様。もう誰もお金のことでぼくのもとを去っていきませんように。」

 

まあ、かくいう自分も「あればあっただけ使っちゃうタチ」ではあるからな。気を付けないとな。そして、もう貸したくても貸せない状況なので誰も申し込みに来ないように(涙)。いやそもそも貸したかないけどね。さあ、しばらくは貧乏だぞ。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像