八日目の蝉とfacebookと

2011-11-05 (土)

家族家事家 映画TVラジオ

やっと映画版「八日目の蝉」を見た。DVDで。★★★★★。

 

角田光代原作のこの物語はもちろんフィクションであって、架空のお話。そうとわかっていても、この主人公(永作の方)には感情移入せずにはおれない。母性というのは実に「後天的」なものであるということだ。自分が今、子育て真っ最中であるから余計に実感する。産んだから母になれるのではない。時間をたくさん共有して、少しずつ母になっていくのだ。もちろん、父も。原作も読むかな。

 

 

今日は夕方の早い時間から「てげうま国際夜市」に出かけた。まだ雨がぱらついている時間帯だったので大して行列に並ぶこともなく、テーブル席を確保して、ゆったりと国際屋台を堪能することができた。特にバウジンガー醸造所のジャーマンスタイルホットドッグは予想以上。ソーセージの風味が素晴らしい。いいイベントだなあ。期間中、もう数回行こう。

 

…と、夜市からの帰りしなiPhoneでfacebookを開いてみると、いろんな人達がこの夜市を楽しんでいた。食べ物を食いまくっている人もいれば、コンサートを楽しでいる人もいるし、ビールとカクテルでへべれけになっている人も…(ぼくです)。ぐるぐると酔っているせいもあってか、このハッピーな気分の人たちを眺めているだけで、よりハッピーな気分になれた。やたらiPhoneの電池消耗が激しいのでちょっとテンションが下がり気味がったfacebookだけれど、これ、やっぱいいね。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像