育休に向けて

2011-08-30 (火)

家族家事家

とうとう今年も1営業日を残すのみとなった。明日1日務めて年内いっぱいの育休へ突入。ひょー。

 

今朝、仕事の関係者たちへ「育休による不在のご連絡」をしたところ、男子からは「子どもとの楽しい時間を」「たっぷり充電してきて」といった意見が寄せられた。一方、女子たちからは「イクメンの鏡」「大変だろうけど頑張って」といった声ばかり。つまりは「育休」を「楽しみ」とみるか「苦労」とみるかの違いだろうか。次の異動先は「男女共同参画課」か w

 

いやいや、自分としては、もちろん「育児も家事も楽しむ」ぐらいの気持ちではいたいけれど、今のところ「次女の予防接種や定期健診を忘れないように」とか「長男の下剤は夕方、次女の塗り薬は朝夕2回」とか「長女のお迎えは午後3時。金曜日は4時」とか「水曜日は長男のサッカーと長女のスイミングで、土曜日はピアノ(隔週で音楽療法も)」とか「育休後に長女が自分で家に帰ってこれる練習」とか「育休後の次女の保育先が決まらない」とか「子どもの学校行事やPTA行事のさばき方(長男と長女が別の学校に通っている)」とか「グリーンコープで頼むものと地元スーパーで頼むものの区分」とか「育休中の大幅収入源に伴う家計の見直し」とかとかとか。あーもう考えれば考えるほど頭が痛い。どこからどう手をつけていいのか。むしろ日に日に緊張している自分だ。

 

つか、家事もそうだけれど、そもそも1歳児って結構手がかかるのよね。歩くこともままならず、言葉もまだわからず、規則性なく突然として機嫌が乱高下する。お前は株式市場か。泣いたら常にギャン泣き。お前はたのきん全力投球か(古い)。なので予定は未定。すべてあなたのゴキゲン次第。我が家のマリー・アントワネット様(ただし頭がでかい)。

 

そんなこんなで。1年かけて、関係者のご理解とご協力を得て、ようやくである。感謝。

 

[08.30 tue]

・こまごま雑務引継(とも言えないような伝言的な)。予算打合せ。キャラ選定経緯打合せ。

・「ハリーポッター 秘密の部屋」★★★。安定感あるなあ。さすがベストセラー作。大人には物足りない部分もあるけれど、子どもはわくわくとして読むだろう。このまま全シリーズ読んでおくかなあ。

コメントを残す

海森堂rss

過去ログ一覧

最近の投稿の画像